XPathMessageFilterTable<TFilterData>.NodeQuota プロパティ

定義

Match メソッドの 1 回の呼び出しの間に個別のフィルターが検査できる XML ドキュメント ノードの最大数を取得または設定します。Gets or sets the maximum number of XML document nodes that can be examined by the individual filters during a single call to a Match method. この値はフィルターごとに適用されます。This value applies for each filter.

public:
 property int NodeQuota { int get(); void set(int value); };
[System.Runtime.Serialization.DataMember]
public int NodeQuota { get; set; }
[<System.Runtime.Serialization.DataMember>]
member this.NodeQuota : int with get, set
Public Property NodeQuota As Integer

プロパティ値

Int32

検査できるノードの数。The number of nodes that can be examined.

属性

注釈

このプロパティを使用して、セキュリティの脅威を軽減できます。This property can be used to alleviate a security threat. フィルターによっては、評価を行うことにより、非常に高い負荷がかかる場合や実行時間が非常に長くなる場合があります。Some filters can be extremely expensive to evaluate or are very long-running. XPathMessageFilter は、信頼できないソース (ネットワークからの SOAP メッセージ) のドキュメントに照らし合わせて評価されることがほとんどであり、このドキュメントは悪質なものである可能性があります。XPathMessageFilters are most often evaluated against a document from an untrusted source (SOAP message off the wire), which may be malicious. フィルターは XML ドキュメントを処理します。したがって、フィルター テーブルにコンピューター処理の制限を設ける最善の方法は、そのテーブルのフィルターの評価時に検査されるノードの最大数を指定することです。Because filters operate on XML documents, the best way to set computational limits on filter tables is to specify the maximum number of nodes that are examined while evaluating a filter in this table.

適用対象