IExtension<T> インターフェイス

定義

オブジェクトが集約を介して別のオブジェクトを拡張できるようにします。Enables an object to extend another object through aggregation.

generic <typename T>
 where T : IExtensibleObject<T>public interface class IExtension
public interface IExtension<T> where T : IExtensibleObject<T>
type IExtension<'T (requires 'T :> IExtensibleObject<'T>)> = interface
Public Interface IExtension(Of T)

型パラメーター

T

カスタム動作を実装するオブジェクト。The object that participates in the custom behavior.

派生

注釈

WCF では、拡張可能なオブジェクトパターンを使用して新しい状態または動作を追加することにより、System.ServiceModel.IExtensibleObject<T> オブジェクト (System.ServiceModel.IContextChannelSystem.ServiceModel.ServiceHostSystem.ServiceModel.InstanceContext、および System.ServiceModel.OperationContext クラス) を拡張できます。WCF allows you to extend System.ServiceModel.IExtensibleObject<T> objects (the System.ServiceModel.IContextChannel, System.ServiceModel.ServiceHost, System.ServiceModel.InstanceContext, and System.ServiceModel.OperationContext classes) by adding a new state or behavior by using its extensible object pattern. 拡張可能オブジェクトパターンは、既存のランタイムクラスを新しい機能で拡張するか、オブジェクトに新しい状態機能を追加するために WCF で使用されます。The extensible object pattern is used in WCF to either extend existing run-time classes with new functionality or to add new state features to an object.

メソッド

Attach(T)

集約されているときに拡張オブジェクトがそれを認識できるようにします。Enables an extension object to find out when it has been aggregated. 拡張が Extensions プロパティに追加されたときに呼び出されます。Called when the extension is added to the Extensions property.

Detach(T)

もう集約されていないことをオブジェクトが認識できるようにします。Enables an object to find out when it is no longer aggregated. 拡張が Extensions プロパティから削除されたときに呼び出されます。Called when an extension is removed from the Extensions property.

適用対象