MsmqBindingBase.Scheme プロパティ

定義

このバインドのスキーマを返します。Returns the scheme for this binding.

public:
 virtual property System::String ^ Scheme { System::String ^ get(); };
public override string Scheme { get; }
member this.Scheme : string
Public Overrides ReadOnly Property Scheme As String

プロパティ値

このバインドのスキーマ。The scheme for this binding. 返されるスキームは、MsmqBindingBase の実装によって異なります。The scheme returned depends on the implementation of MsmqBindingBase. NetMsmqBinding の実装では、"net.msmq" が返ります。The NetMsmqBinding implementation returns "net.msmq". MsmqIntegrationBinding の実装では、"msmq.formatname" が返ります。The MsmqIntegrationBinding implementation returns "msmq.formatname".

注釈

メッセージ キュー (MSMQ) では、キュー マネージャー間のメッセージのトランスポートを、ネイティブな MSMQ プロトコルと SRMP プロトコルの両方を使用してサポートします。Message Queuing (MSMQ) supports transporting messages between queue managers using both the native MSMQ protocol and the SRMP protocol. キューに置かれたトランスポート バインドを使用するアプリケーションでは、これらのプロトコルの両方を使用できます。Applications that use the queued transport binding can use both of these protocols. キューに置かれたトランスポート バインドによってサポートされるプロトコル スキーマは、ネイティブ プロトコルでは net.msmq、SRMP プロトコルでは net.srmp、および HTTPS を介した SRMP では net.srmp です。The protocol schemes supported by the queued transport binding are net.msmq for the native protocol, net.srmp for the SRMP protocol, and net.srmps for SRMP over HTTPS.

MsmqIntegrationBinding は、単一のスキーマ msmq.formatname をサポートします。このスキーマでは、ユーザーは、キューの形式名をキュー アドレスの中に直接指定できます。The MsmqIntegrationBinding supports a single scheme, msmq.formatname, with which the user can specify the format name of the queue directly in the queue address.

適用対象