ServiceBehaviorAttribute.UseSynchronizationContext ServiceBehaviorAttribute.UseSynchronizationContext ServiceBehaviorAttribute.UseSynchronizationContext ServiceBehaviorAttribute.UseSynchronizationContext Property

定義

現在の同期コンテキストを使用して実行スレッドを選択するかどうかを指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies whether to use the current synchronization context to choose the thread of execution.

public:
 property bool UseSynchronizationContext { bool get(); void set(bool value); };
public bool UseSynchronizationContext { get; set; }
member this.UseSynchronizationContext : bool with get, set
Public Property UseSynchronizationContext As Boolean

プロパティ値

サービスのすべての呼び出しが、SynchronizationContext で指定されたスレッドで実行される必要がある場合は true、それ以外の場合は falsetrue if all calls to the service must run on the thread specified by the SynchronizationContext; otherwise, false. 既定値は true です。The default value is true.

注釈

このプロパティを使用して、一部のアプリケーションに必要なユーザー インターフェイス スレッド アフィニティを提供します。Use this property to provide the user interface thread affinity that some applications require. たとえば、Windows フォーム アプリケーションは、シングルトン サービス オブジェクトとして登録されている可能性があります。For example, a Windows Forms application may be registered as a singleton service object. この場合、サービスのすべての呼び出しは、Windows フォーム スレッドで実行する必要があります。In this case, all calls into the service must run on the Windows Forms thread. UseSynchronizationContexttrue に設定されている既定のケースでは、System.Threading.SynchronizationContext からキャプチャされたスレッドで実行されるサービスへのすべての呼び出しが同期処理されます。The default case, in which UseSynchronizationContext is set to true, synchronizes all calls to the service to run on the thread captured from the System.Threading.SynchronizationContext.

適用対象