ServiceBehaviorAttribute.ValidateMustUnderstand ServiceBehaviorAttribute.ValidateMustUnderstand ServiceBehaviorAttribute.ValidateMustUnderstand ServiceBehaviorAttribute.ValidateMustUnderstand Property

定義

システムまたはアプリケーションで SOAP MustUnderstand ヘッダー処理を強制的に行うかどうかを指定する値を取得または設定します。Gets or sets a value that specifies whether the system or the application enforces SOAP MustUnderstand header processing.

public:
 property bool ValidateMustUnderstand { bool get(); void set(bool value); };
public bool ValidateMustUnderstand { get; set; }
member this.ValidateMustUnderstand : bool with get, set
Public Property ValidateMustUnderstand As Boolean

プロパティ値

システムが SOAP ヘッダー true 処理を実行する場合は MustUnderstand、それ以外の場合は false、つまり、アプリケーションがこの処理を実行することを示します。true if the system is to perform SOAP header MustUnderstand processing; otherwise false, which indicates that the application performs this processing. 既定値は true です。The default value is true.

注釈

ValidateMustUnderstand プロパティを使用して、到達したメッセージ ヘッダーの検証の実施をオフにします。Use the ValidateMustUnderstand property to turn off the enforced validation of arriving message headers. 通常の実行では、メッセージ ヘッダーを UnderstoodHeaders プロパティと比較し、到着したヘッダーがサービスによって明示的に処理されることを確認します。In normal execution, message headers are compared against the UnderstoodHeaders property to confirm that arriving headers are explicitly handled by the service. この確認を無効にするには、このプロパティを false に設定します。Set this to false to disable this checking. false に設定すると、アプリケーションは、MustUnderstand="true" とマークされたヘッダーがないか確認し、1 つ以上のヘッダーが理解されなかった場合は、エラーを返す必要があります。When set to false, the application must check for headers marked with MustUnderstand="true" and return a fault if one or more of them were not understood. これは、アプリケーションが受信する SOAP メッセージをすべて受け入れ (型指定のあるメッセージとないメッセージを使用する場合など)、カスタム ヘッダー処理を行うことになっている場合に便利です。This is useful when the application is supposed to accept any incoming SOAP messages (for example, when using typed or untyped messages) and perform custom header processing.

適用対象