Single.ToString メソッド

定義

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

オーバーロード

ToString(String, IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(String)

指定した書式を使用して、このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString()

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

ToString(String, IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定した書式およびカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(System::String ^ format, IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (string format, IFormatProvider provider);
public string ToString (string? format, IFormatProvider? provider);
override this.ToString : string * IFormatProvider -> string
Public Function ToString (format As String, provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

format
String

数値書式指定文字列。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

String

format および provider で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

次の例では、複数の異なるカルチャでサポートされている各標準数値書式指定子を使用 Single して値を表示します。

float value = 16325.62901F;
string specifier;
CultureInfo culture;

// Use standard numeric format specifiers.
specifier = "G";
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("eu-ES");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    16325,62901
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, CultureInfo.InvariantCulture));
// Displays:    16325.62901

specifier = "C";
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    $16,325.63
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    £16,325.63

specifier = "E04";
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("sv-SE");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays: 1,6326E+004   
 culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-NZ");
 Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    1.6326E+004   

specifier = "F";
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    16325,63
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-CA");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    16325.63

specifier = "N";
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("es-ES");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    16.325,63
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-CA");
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture));
// Displays:    16 325,63

specifier = "P";
culture = CultureInfo.InvariantCulture;
Console.WriteLine((value/10000).ToString(specifier, culture));
// Displays:    163.26 %
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ar-EG");
Console.WriteLine((value/10000).ToString(specifier, culture));
// Displays:    163.256 %
Dim value As Single = 16325.62901
Dim specifier As String
Dim culture As CultureInfo

' Use standard numeric format specifiers.
specifier = "G"
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("eu-ES")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    16325,62901
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, CultureInfo.InvariantCulture))
' Displays:    16325.62901

specifier = "C"
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-US")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    $16,325.63
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    £16,325.63

specifier = "E04"
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("sv-SE")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays: 1,6326E+004   
 culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-NZ")
 Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    1.6326E+004   

specifier = "F"
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-FR")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    16325,63
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-CA")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    16325.63

specifier = "N"
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("es-ES")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    16.325,63
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("fr-CA")
Console.WriteLine(value.ToString(specifier, culture))
' Displays:    16 325,63

specifier = "P"
culture = CultureInfo.InvariantCulture
Console.WriteLine((value/10000).ToString(specifier, culture))
' Displays:    163.26 %
culture = CultureInfo.CreateSpecificCulture("ar-EG")
Console.WriteLine((value/10000).ToString(specifier, culture))
' Displays:    163.256 %

注釈

メソッド ToString(String, IFormatProvider) は、指定した Single カルチャの指定した形式で値を書式設定します。 既定の形式またはカルチャ設定を使用する場合は、次のように、 メソッドの他のオーバーロード ToString を使用します。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定 (現在の) カルチャ ToString()
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 既定 (現在の) カルチャ ToString(String)

戻り値には、 で指定されている、または現在のインスタンスの値の文字列 PositiveInfinitySymbol NegativeInfinitySymbol NaNSymbol 形式を指定できます format

パラメーターには、D と X を除く任意の有効な標準数値書式指定子と、カスタム数値書式指定子の任意の組み合わせを format 指定できます。 が format または空の文字列の場合、このインスタンスの戻り値は、一般的な数値書式指定子 null ("G") で書式設定されます。

.NET には、次の書式設定に関するトピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

パラメーター provider は、 メソッド IFormatProvider が オブジェクトを GetFormat 返す実装 NumberFormatInfo です。 通常、 provider は オブジェクト CultureInfo または NumberFormatInfo オブジェクトです。 パラメーター provider は、書式設定で使用されるカルチャ固有の情報を提供します。 が providernull 場合、戻り値は現在のカルチャの NumberFormatInfo オブジェクトで書式設定されます。

既定では、戻り値に含まれる有効桁数は 7 桁のみですが、最大 9 桁は内部的に保持されます。 このインスタンスの値の桁数が 7 桁を超える場合、 は、予期される数値ではなく ToString PositiveInfinitySymbol または NegativeInfinitySymbol を返します。 より精度が必要な場合は、常に 9 桁の有効桁数を返す "G9" 形式の仕様を指定します。つまり、数値を有効桁数で表す場合は 7 桁を返し、数値を最大有効桁数でのみ表す場合は 9 桁を返します。 format

こちらもご覧ください

適用対象

ToString(String)

指定した書式を使用して、このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 System::String ^ ToString(System::String ^ format);
public string ToString (string format);
public string ToString (string? format);
override this.ToString : string -> string
Public Function ToString (format As String) As String

パラメーター

format
String

数値書式指定文字列。

戻り値

String

format で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

例外

format が無効です。

次の例では、数値を定義し、"C" 標準の数値書式指定文字列を使用して通貨値として書式設定し、"N" 標準数値書式指定文字列を使用して小数点以下 3 桁の数値として書式設定します。 結果文字列は、en-US カルチャの規則を使用して書式設定されます。 数値書式指定文字列の詳細については、「標準数値書式 指定文字列」 および「カスタム数値書式指定 文字列」を参照してください

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Double number = 1764.3789;
      
      // Format as a currency value.
      Console.WriteLine(number.ToString("C"));
      
      // Format as a numeric value with 3 decimal places.
      Console.WriteLine(number.ToString("N3"));
   }
}
// The example displays the following output:
//       $1,764.38
//       1,764.379
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim number As Single = 1764.3789
      
      ' Format as a currency value.
      Console.WriteLine(number.ToString("C"))
      
      ' Format as a numeric value with 3 decimal places.
      Console.WriteLine(number.ToString("N3"))
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       $1,764.38
'       1,764.379

次の例では、サポートされている各標準数値書式指定子と 2 つのカスタム数値書式指定文字列を使用して、複数 Single の値を表示します。 これらのカスタム書式指定文字列の 1 つは、先頭のゼロで値をパット Single する方法を示しています。 数値を文字列に変換する場合、この例では en-US カルチャの書式設定規則を使用します。

float[] numbers= { 1054.32179F, -195489100.8377F, 1.0437E21F, 
                   -1.0573e-05F };
string[] specifiers = { "C", "E", "e", "F", "G", "N", "P", 
                        "R", "#,000.000", "0.###E-000",
                        "000,000,000,000.00###" };

foreach (float number in numbers)
{
   Console.WriteLine("Formatting of {0}:", number);
   foreach (string specifier in specifiers)
      Console.WriteLine("   {0,5}: {1}", 
                        specifier, number.ToString(specifier));

   Console.WriteLine();
}
// The example displays the following output to the console:
//       Formatting of 1054.32179:
//              C: $1,054.32
//              E: 1.054322E+003
//              e: 1.054322e+003
//              F: 1054.32
//              G: 1054.32179
//              N: 1,054.32
//              P: 105,432.18 %
//              R: 1054.32179
//          #,000.000: 1,054.322
//          0.###E-000: 1.054E003
//          000,000,000,000.00###: 000,000,001,054.322
//       
//       Formatting of -195489100.8377:
//              C: ($195,489,100.84)
//              E: -1.954891E+008
//              e: -1.954891e+008
//              F: -195489100.84
//              G: -195489100.8377
//              N: -195,489,100.84
//              P: -19,548,910,083.77 %
//              R: -195489100.8377
//          #,000.000: -195,489,100.838
//          0.###E-000: -1.955E008
//          000,000,000,000.00###: -000,195,489,100.00
//       
//       Formatting of 1.0437E+21:
//              C: $1,043,700,000,000,000,000,000.00
//              E: 1.043700E+021
//              e: 1.043700e+021
//              F: 1043700000000000000000.00
//              G: 1.0437E+21
//              N: 1,043,700,000,000,000,000,000.00
//              P: 104,370,000,000,000,000,000,000.00 %
//              R: 1.0437E+21
//          #,000.000: 1,043,700,000,000,000,000,000.000
//          0.###E-000: 1.044E021
//          000,000,000,000.00###: 1,043,700,000,000,000,000,000.00
//       
//       Formatting of -1.0573E-05:
//              C: $0.00
//              E: -1.057300E-005
//              e: -1.057300e-005
//              F: 0.00
//              G: -1.0573E-05
//              N: 0.00
//              P: 0.00 %
//              R: -1.0573E-05
//          #,000.000: 000.000
//          0.###E-000: -1.057E-005
//          000,000,000,000.00###: -000,000,000,000.00001
Dim numbers() As Single = {1054.32179, -195489100.8377, 1.0437E21, _
                           -1.0573e-05}
Dim specifiers() As String = { "C", "E", "e", "F", "G", "N", "P", _
                               "R", "#,000.000", "0.###E-000", _
                               "000,000,000,000.00###"}
For Each number As Single In numbers
   Console.WriteLine("Formatting of {0}:", number)
   For Each specifier As String In specifiers
      Console.WriteLine("   {0,5}: {1}", _
                        specifier, number.ToString(specifier))
   Next
   Console.WriteLine()
Next
' The example displays the following output to the console:
'       Formatting of 1054.32179:
'              C: $1,054.32
'              E: 1.054322E+003
'              e: 1.054322e+003
'              F: 1054.32
'              G: 1054.32179
'              N: 1,054.32
'              P: 105,432.18 %
'              R: 1054.32179
'          #,000.000: 1,054.322
'          0.###E-000: 1.054E003
'          000,000,000,000.00###: 000,000,001,054.322      
'       
'       Formatting of -195489100.8377:
'              C: ($195,489,100.84)
'              E: -1.954891E+008
'              e: -1.954891e+008
'              F: -195489100.84
'              G: -195489100.8377
'              N: -195,489,100.84
'              P: -19,548,910,083.77 %
'              R: -195489100.8377
'          #,000.000: -195,489,100.838
'          0.###E-000: -1.955E008
'          000,000,000,000.00###: -000,195,489,100.00
'       
'       Formatting of 1.0437E+21:
'              C: $1,043,700,000,000,000,000,000.00
'              E: 1.043700E+021
'              e: 1.043700e+021
'              F: 1043700000000000000000.00
'              G: 1.0437E+21
'              N: 1,043,700,000,000,000,000,000.00
'              P: 104,370,000,000,000,000,000,000.00 %
'              R: 1.0437E+21
'          #,000.000: 1,043,700,000,000,000,000,000.000
'          0.###E-000: 1.044E021
'          000,000,000,000.00###: 1,043,700,000,000,000,000,000.00
'       
'       Formatting of -1.0573E-05:
'              C: $0.00
'              E: -1.057300E-005
'              e: -1.057300e-005
'              F: 0.00
'              G: -1.0573E-05
'              N: 0.00
'              P: 0.00 %
'              R: -1.0573E-05
'          #,000.000: 000.000
'          0.###E-000: -1.057E-005
'          000,000,000,000.00###: -000,000,000,000.00001

注釈

メソッド ToString(String) は、現在の Single カルチャの規則を使用して、指定した形式で値を書式設定します。 既定の ("G"、または一般的な) 形式を使用する場合、または別のカルチャを指定する場合は、次のように メソッドの他のオーバーロード ToString を使用します。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定 (現在の) カルチャ ToString()
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

戻り値には、 で指定されている、または現在のインスタンスの値の文字列 PositiveInfinitySymbol NegativeInfinitySymbol NaNSymbol 形式を指定できます format

パラメーターには、D と X を除く任意の有効な標準数値書式指定子と、カスタム数値書式指定子の任意の組み合わせを format 指定できます。 format が または空の文字列の場合、戻り値は一般的な数値書式指定子 null ("G") で書式設定されます。

.NET には、次の書式設定に関するトピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

既定では、戻り値に含まれる有効桁数は 7 桁のみですが、最大 9 桁は内部的に保持されます。 このインスタンスの値の桁数が 7 桁を超える場合、 は、予期される数値ではなく ToString(String) PositiveInfinitySymbol または NegativeInfinitySymbol を返します。 より精度が必要な場合は、常に 9 桁の有効桁数を返す "G9" 形式の仕様を指定します。つまり、数値を有効桁数で表す場合は 7 桁を返し、数値を最大有効桁数でのみ表す場合は 9 桁を返します。 format

こちらもご覧ください

適用対象

ToString(IFormatProvider)

このインスタンスの数値を、指定したカルチャ固有の書式情報を使用して、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 virtual System::String ^ ToString(IFormatProvider ^ provider);
public:
 System::String ^ ToString(IFormatProvider ^ provider);
public string ToString (IFormatProvider provider);
public string ToString (IFormatProvider? provider);
override this.ToString : IFormatProvider -> string
Public Function ToString (provider As IFormatProvider) As String

パラメーター

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

戻り値

String

provider で指定された、このインスタンスの値の文字列形式。

実装

次の例では、複数の異なるカルチャを表す オブジェクトを使用して Single 、2 CultureInfo つの値の文字列表現を表示します。

float value;

value = -16325.62015F;
// Display value using the invariant culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.InvariantCulture));
// Display value using the en-GB culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")));
// Display value using the de-DE culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("de-DE")));

value = 16034.125E21F;
// Display value using the invariant culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.InvariantCulture));
// Display value using the en-GB culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")));
// Display value using the de-DE culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("de-DE")));
// This example displays the following output to the console:
//       -16325.62015
//       -16325.62015
//       -16325,62015
//       1.6034125E+25
//       1.6034125E+25
//       1,6034125E+25
Dim value As Single 

value = -16325.62015
' Display value using the invariant culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.InvariantCulture))
' Display value using the en-GB culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")))
' Display value using the de-DE culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("de-DE")))

value = 16034.125E21
' Display value using the invariant culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.InvariantCulture))
' Display value using the en-GB culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("en-GB")))
' Display value using the de-DE culture.
Console.WriteLine(value.ToString(CultureInfo.CreateSpecificCulture("de-DE")))
' This example displays the following output to the console:
'       -16325.62015
'       -16325.62015
'       -16325,62015
'       1.6034125E+25
'       1.6034125E+25
'       1,6034125E+25

注釈

メソッドは、 ToString(IFormatProvider) Single 指定されたカルチャの既定の ("G" または一般) 形式の値を書式設定します。 別の形式または現在のカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 既定の (現在の) カルチャ ToString()
特定の形式 既定の (現在の) カルチャ ToString(String)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

戻り値には PositiveInfinitySymbol 、、 NegativeInfinitySymbolNaNSymbol 、または形式の文字列を指定できます。

[sign]integral-digits[.[fractional-digits]][e[sign]exponential-digits]

省略可能な要素は角かっこ ([ と ]) で囲まれます。 "digits" という用語を含む要素は、0 から 9 までの一連の数値で構成されます。 次の表に、各要素の一覧を示します。

要素 説明
sign 負の符号または正の符号記号。
整数の数字 数値の整数部分を指定する一連の数字。 小数部の数字がある場合は、整数の数字を指定しない場合があります。
'.' カルチャ固有の小数点記号。
小数部の数字 数値の小数部を指定する一連の数字。
'e' 指数 (指数) 表記を示す小文字の 'e'。
指数桁 指数を指定する一連の数字。

戻り値の例としては、"100"、"-123,456,789"、"123.45e+6"、"500"、"3.1416"、"600"、"-0.123"、"-Infinity" があります。

.NET には、次の書式設定に関するトピックで詳しく説明されている、広範な書式設定のサポートが提供されています。

パラメーター provider は、 メソッド IFormatProvider が オブジェクトを GetFormat 返す実装 NumberFormatInfo です。 通常、 provider は オブジェクト CultureInfo または NumberFormatInfo オブジェクトです。 パラメーター provider は、書式設定で使用されるカルチャ固有の情報を提供します。 が providernull 場合、戻り値は現在のカルチャの NumberFormatInfo データを使用して書式設定されます。

指定したカルチャと特定の書式指定文字列を使用して値を文字列形式に変換するには、 Single メソッドを呼び出 Single.ToString(String, IFormatProvider) します。

こちらもご覧ください

適用対象

ToString()

このインスタンスの数値を、それと等価な文字列形式に変換します。

public:
 override System::String ^ ToString();
public override string ToString ();
override this.ToString : unit -> string
Public Overrides Function ToString () As String

戻り値

String

このインスタンスの値の文字列形式。

次の例では、既定のメソッドを使用して、 Single.ToString 複数の値の文字列形式を表示し Single ます。

float number;

number = 1.6E20F;
// Displays 1.6E+20.
Console.WriteLine(number.ToString());

number = 1.6E2F;
// Displays 160.
Console.WriteLine(number.ToString());

number = -3.541F;
// Displays -3.541.
Console.WriteLine(number.ToString());

number = -1502345222199E-07F;
// Displays -150234.5222199.
Console.WriteLine(number.ToString());

number = -15023452221990199574E-09F;
// Displays -15023452221.9902.
Console.WriteLine(number.ToString());

number = .60344F;
// Displays 0.60344.
Console.WriteLine(number.ToString());

number = .000000001F;
// Displays 1E-09.
Console.WriteLine(number.ToString());
Dim number As Single

number = 1.6E20
' Displays 1.6E+20.      
Console.WriteLine(number.ToString())

number = 1.6E2
' Displays 160.
Console.WriteLine(number.ToString())

number = -3.541
' Displays -3.541.
Console.WriteLine(number.ToString())

number = -1502345222199E-07
' Displays -150234.5222199.
Console.WriteLine(number.ToString())

number = -15023452221990199574E-09
' Displays -15023452221.9902.
Console.WriteLine(number.ToString())

number = .60344
' Displays 0.60344.
Console.WriteLine(number.ToString())

number = .000000001
' Displays 1E-09.
Console.WriteLine(number.ToString())

メソッドをメソッドと共に使用する方法を次のコード例に示し Parse(String) ToString() ます。

bool done = false;
String^ inp;
do
{
   Console::Write( "Enter a real number: " );
   inp = Console::ReadLine();
   try
   {
      s = Single::Parse( inp );
      Console::WriteLine( "You entered {0}.", s );
      done = true;
   }
   catch ( FormatException^ ) 
   {
      Console::WriteLine( "You did not enter a number." );
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "An exception occurred while parsing your response: {0}", e );
   }
}
while (  !done );
bool done = false;
string inp;
do
{
    Console.Write("Enter a real number: ");
    inp = Console.ReadLine();
    try
    {
        s = Single.Parse(inp);
        Console.WriteLine("You entered {0}.", s.ToString());
        done = true;
    }
    catch (FormatException)
    {
        Console.WriteLine("You did not enter a number.");
    }
    catch (Exception e)
    {
        Console.WriteLine("An exception occurred while parsing your response: {0}", e.ToString());
    }
} while (!done);
Dim Done As Boolean = False
Dim Inp As String
Do

    Console.Write("Enter a real number: ")
    Inp = Console.ReadLine()
    Try
        S = Single.Parse(Inp)
        Console.WriteLine("You entered " + S.ToString() + ".")
        Done = True
    Catch E As FormatException
        Console.WriteLine("You did not enter a number.")
    Catch E As Exception
        Console.WriteLine("An exception occurred while parsing your response: " + E.ToString())
    End Try
Loop While Not Done

注釈

メソッドは、 ToString() Single 現在のカルチャの既定の ("G" または一般) 形式の値を書式設定します。 別の形式またはカルチャを指定する場合は、次のようにメソッドの他のオーバーロードを使用し ToString ます。

形式を使用するには カルチャの場合 オーバーロードを使用する
既定 ("G") 形式 特定のカルチャ ToString(IFormatProvider)
特定の形式 既定の (現在の) カルチャ ToString(String)
特定の形式 特定のカルチャ ToString(String, IFormatProvider)

戻り値には PositiveInfinitySymbol 、、 NegativeInfinitySymbolNaNSymbol 、または形式の文字列を指定できます。

[sign] 整数桁 [. [小数点以下の桁数]] [e [sign] 指数数字]

省略可能な要素は、角かっこ ([および]) で囲まれています。 "Digits" という用語を含む要素は、0から9までの一連の数字で構成されます。 次の表に、各要素の一覧を示します。

要素 説明
sign 負の符号または正の記号。
整数 数値の整数部を指定する一連の数字。 小数部がある場合は、整数の数字を省略できます。
'.' カルチャ固有の小数点の記号。
小数点以下桁数 数値の小数部を指定する一連の数字。
'e' 指数 (科学的) 表記を示す小文字の "e"。
指数 指数を指定する一連の数字。

戻り値の例としては、"100"、"-123456789"、"123.45 e + 6"、"500"、"3.1416"、"600"、"-0.123"、"-無限大" などがあります。

.NET ではさまざまな書式設定がサポートされています。詳細については、次の書式設定に関するトピックを参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象