EmulateRecognizeCompletedEventArgs クラス

定義

SpeechRecognizer クラスと SpeechRecognitionEngine クラスの EmulateRecognizeCompleted イベントのデータを提供します。

public ref class EmulateRecognizeCompletedEventArgs : System::ComponentModel::AsyncCompletedEventArgs
public class EmulateRecognizeCompletedEventArgs : System.ComponentModel.AsyncCompletedEventArgs
type EmulateRecognizeCompletedEventArgs = class
    inherit AsyncCompletedEventArgs
Public Class EmulateRecognizeCompletedEventArgs
Inherits AsyncCompletedEventArgs
継承
EmulateRecognizeCompletedEventArgs

次の例では、イベントのイベントハンドラーをに追加し EmulateRecognizeCompleted SpeechRecognitionEngine ます。 ハンドラーは、プロパティから認識されたテキストを取得し Result ます。

private SpeechRecognitionEngine sre;  

// Initialize the speech recognition engine.   
private void Initialize()  
{  
  sre = new SpeechRecognitionEngine();  

  // Add a handler for the EmulateRecognizeCompleted event.  
  sre.EmulateRecognizeCompleted += new EventHandler<EmulateRecognizeCompletedEventArgs>(sre_EmulateRecognizeCompleted);  

  // Add other initialization code here.  
}  

// Handle the EmulateRecognizeCompleted event.   
void sre_EmulateRecognizeCompleted(object sender, EmulateRecognizeCompletedEventArgs e)  
{  
  if (e.Result == null) return;  

  string phrase = e.Result.Text;  

  // Add event handler code here.  
}  

注釈

のインスタンス EmulateRecognizeCompletedEventArgs は、 SpeechRecognitionEngine オブジェクトがイベントを発生させたときに作成され EmulateRecognizeCompleted ます。 認識の結果に関する情報を取得するには、 Result イベントのハンドラーのプロパティにアクセスします。

エミュレーションは、音声認識エンジンへの入力ではなく、音声ではなくテキストを使用するプロセスです。 エミュレーション中にオブジェクトのオーディオ入力をバイパスするには SpeechRecognitionEngine 、メソッドを使用し SetInputToNull ます。

音声認識エンジンが認識操作中に例外を検出した場合、 Error プロパティは例外に設定され、 Result プロパティはに設定され null ます。

EmulateRecognizeCompletedEventArgs は、AsyncCompletedEventArgs から派生します。

プロパティ

Cancelled

非同期操作がキャンセルされたかどうかを示す値を取得します。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)
Error

非同期操作中に発生したエラーを示す値を取得します。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)
Result

エミュレートされた認識の結果を取得します。

UserState

非同期タスクの一意の識別子を取得します。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RaiseExceptionIfNecessary()

非同期操作が失敗した場合は、ユーザー指定の例外を発生させます。

(継承元 AsyncCompletedEventArgs)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください