StackOverflowException クラス

定義

実行スタックがスタック サイズを超えるとスローされる例外。 このクラスは継承できません。

public ref class StackOverflowException sealed : SystemException
public sealed class StackOverflowException : SystemException
[System.Serializable]
public sealed class StackOverflowException : SystemException
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class StackOverflowException : SystemException
type StackOverflowException = class
    inherit SystemException
[<System.Serializable>]
type StackOverflowException = class
    inherit SystemException
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type StackOverflowException = class
    inherit SystemException
Public NotInheritable Class StackOverflowException
Inherits SystemException
継承
StackOverflowException
属性

次の例では、カウンターを使用して、メソッドに対する Execute 再帰呼び出しの数が、MAX_RECURSIVE_CALLS定数で定義されている最大値を超えないようにします。

using System;

public class Example
{
   private const int MAX_RECURSIVE_CALLS = 1000;
   static int ctr = 0;
   
   public static void Main()
   {
      Example ex = new Example();
      ex.Execute();
      Console.WriteLine("\nThe call counter: {0}", ctr);
   }

   private void Execute()
   {
      ctr++;
      if (ctr % 50 == 0)
         Console.WriteLine("Call number {0} to the Execute method", ctr);
         
      if (ctr <= MAX_RECURSIVE_CALLS)
         Execute();
         
      ctr--;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Call number 50 to the Execute method
//       Call number 100 to the Execute method
//       Call number 150 to the Execute method
//       Call number 200 to the Execute method
//       Call number 250 to the Execute method
//       Call number 300 to the Execute method
//       Call number 350 to the Execute method
//       Call number 400 to the Execute method
//       Call number 450 to the Execute method
//       Call number 500 to the Execute method
//       Call number 550 to the Execute method
//       Call number 600 to the Execute method
//       Call number 650 to the Execute method
//       Call number 700 to the Execute method
//       Call number 750 to the Execute method
//       Call number 800 to the Execute method
//       Call number 850 to the Execute method
//       Call number 900 to the Execute method
//       Call number 950 to the Execute method
//       Call number 1000 to the Execute method
//
//       The call counter: 0
let MAX_RECURSIVE_CALLS = 1000
let mutable ctr = 0
   
let rec execute () =
    ctr <- ctr + 1
    if ctr % 50 = 0 then
        printfn $"Call number {ctr} to the Execute method"
        
    if ctr <= MAX_RECURSIVE_CALLS then
        execute ()
        
    ctr <- ctr - 1
    
execute ()
printfn $"\nThe call counter: {ctr}"
// The example displays the following output:
//       Call number 50 to the Execute method
//       Call number 100 to the Execute method
//       Call number 150 to the Execute method
//       Call number 200 to the Execute method
//       Call number 250 to the Execute method
//       Call number 300 to the Execute method
//       Call number 350 to the Execute method
//       Call number 400 to the Execute method
//       Call number 450 to the Execute method
//       Call number 500 to the Execute method
//       Call number 550 to the Execute method
//       Call number 600 to the Execute method
//       Call number 650 to the Execute method
//       Call number 700 to the Execute method
//       Call number 750 to the Execute method
//       Call number 800 to the Execute method
//       Call number 850 to the Execute method
//       Call number 900 to the Execute method
//       Call number 950 to the Execute method
//       Call number 1000 to the Execute method
//
//       The call counter: 0
Module Example
   Private Const MAX_RECURSIVE_CALLS As Integer = 1000
   Dim ctr As Integer = 0

   Public Sub Main()
      Execute()
      Console.WriteLine()
      Console.WriteLine("The call counter: {0}", ctr)
   End Sub

   Private Sub Execute()
      ctr += 1
      If ctr Mod 50 = 0 Then
         Console.WriteLine("Call number {0} to the Execute method", ctr)
      End If
      
      If ctr <= MAX_RECURSIVE_CALLS Then
         Execute()
      End If

      ctr -= 1
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Call number 50 to the Execute method
'       Call number 100 to the Execute method
'       Call number 150 to the Execute method
'       Call number 200 to the Execute method
'       Call number 250 to the Execute method
'       Call number 300 to the Execute method
'       Call number 350 to the Execute method
'       Call number 400 to the Execute method
'       Call number 450 to the Execute method
'       Call number 500 to the Execute method
'       Call number 550 to the Execute method
'       Call number 600 to the Execute method
'       Call number 650 to the Execute method
'       Call number 700 to the Execute method
'       Call number 750 to the Execute method
'       Call number 800 to the Execute method
'       Call number 850 to the Execute method
'       Call number 900 to the Execute method
'       Call number 950 to the Execute method
'       Call number 1000 to the Execute method
'
'       The call counter: 0

注釈

StackOverflowException は、実行スタック オーバーフロー エラー (通常、非常に深い再帰または無制限の再帰の場合) にスローされます。 そのため、コードに無限ループまたは無限再帰がないことを確認します。

StackOverflowException は、0x800703E9値を持つ HRESULT COR_E_STACKOVERFLOWを使用します。 中間言語 (IL) 命令が Localloc スローします StackOverflowException。 オブジェクトの初期プロパティ値 StackOverflowException の一覧については、コンストラクターを StackOverflowException 参照してください。

.NET Framework 2.0 以降では、ブロックを持つtry/catchオブジェクトをStackOverflowExceptionキャッチすることはできません。対応するプロセスは既定で終了します。 そのため、スタック オーバーフローを検出して防止するコードを記述する必要があります。 たとえば、アプリが再帰に依存している場合は、カウンターまたは状態条件を使用して再帰ループを終了します。 この手法の図については、「 」セクションを参照してください。

注意

a を HandleProcessCorruptedStateExceptionsAttribute スローするメソッドに属性を StackOverflowException 適用しても効果はありません。 ユーザー コードからの例外は引き続き処理できません。

アプリが共通言語ランタイム (CLR) をホストしている場合は、スタック オーバーフロー例外が発生したアプリケーション ドメインを CLR でアンロードし、対応するプロセスを続行することを指定できます。 詳細については、「 ICLRPolicyManager インターフェイス」を参照してください。

コンストラクター

StackOverflowException()

StackOverflowException クラスの新しいインスタンスの Message プロパティに、"要求された操作によってスタック オーバーフローが発生しました。" などのエラーを説明するシステムから提供されるメッセージを設定して、その新しいインスタンスを初期化します。 このメッセージには、システムの現在のカルチャが考慮されます。

StackOverflowException(String)

指定したエラー メッセージを使用して、StackOverflowException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

StackOverflowException(String, Exception)

指定したエラー メッセージおよびこの例外の原因となった内部例外への参照を使用して、StackOverflowException クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Data

例外に関する追加のユーザー定義情報を提供する、キーと値のペアのコレクションを取得します。

(継承元 Exception)
HelpLink

この例外に関連付けられているヘルプ ファイルへのリンクを取得または設定します。

(継承元 Exception)
HResult

特定の例外に割り当てられているコード化数値である HRESULT を取得または設定します。

(継承元 Exception)
InnerException

現在の例外の原因となる Exception インスタンスを取得します。

(継承元 Exception)
Message

現在の例外を説明するメッセージを取得します。

(継承元 Exception)
Source

エラーの原因となるアプリケーションまたはオブジェクトの名前を取得または設定します。

(継承元 Exception)
StackTrace

呼び出し履歴で直前のフレームの文字列形式を取得します。

(継承元 Exception)
TargetSite

現在の例外がスローされたメソッドを取得します。

(継承元 Exception)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetBaseException()

派生クラスでオーバーライドされた場合、それ以後に発生する 1 つ以上の例外の根本原因である Exception を返します。

(継承元 Exception)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

派生クラスでオーバーライドされた場合は、その例外に関する情報を使用して SerializationInfo を設定します。

(継承元 Exception)
GetType()

現在のインスタンスのランタイム型を取得します。

(継承元 Exception)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在の例外の文字列形式を作成して返します。

(継承元 Exception)

イベント

SerializeObjectState
互換性のために残されています。

例外がシリアル化され、例外に関するシリアル化されたデータを含む例外状態オブジェクトが作成されたときに発生します。

(継承元 Exception)

適用対象

こちらもご覧ください