String.Chars[Int32] プロパティ

定義

現在の String オブジェクト内の指定された位置にある Char オブジェクトを取得します。

public:
 property char default[int] { char get(int index); };
public char this[int index] { get; }
member this.Chars(int) : char
Default Public ReadOnly Property Chars(index As Integer) As Char

パラメーター

index
Int32

現在の文字列内の位置。

プロパティ値

Char

index 位置にあるオブジェクト。

例外

index がこのオブジェクトの長さ以上か、0 未満です。

次の例は、ルーチンでこのインデクサーを使用して文字列を検証する方法を示しています。

Console::Write( "Type a string : " );
String^ myString = Console::ReadLine();
for ( int i = 0; i < myString->Length; i++ )
   if ( Uri::IsHexDigit( myString[ i ] ) )
            Console::WriteLine( "{0} is a hexadecimal digit.", myString[ i ] );
   else
            Console::WriteLine( "{0} is not a hexadecimal digit.", myString[ i ] );
// The example produces output like the following:
//    Type a string : 3f5EaZ
//    3 is a hexadecimal digit.
//    f is a hexadecimal digit.
//    5 is a hexadecimal digit.
//    E is a hexadecimal digit.
//    a is a hexadecimal digit.
//    Z is not a hexadecimal digit.
Console.Write("Type a string : ");
string myString = Console.ReadLine();
for (int i = 0; i < myString.Length; i ++)
   if(Uri.IsHexDigit(myString[i]))
      Console.WriteLine("{0} is a hexadecimal digit.", myString[i]);
   else
      Console.WriteLine("{0} is not a hexadecimal digit.", myString[i]);
// The example produces output like the following:
//    Type a string : 3f5EaZ
//    3 is a hexadecimal digit.
//    f is a hexadecimal digit.
//    5 is a hexadecimal digit.
//    E is a hexadecimal digit.
//    a is a hexadecimal digit.
//    Z is not a hexadecimal digit.
Console.Write("Type a string : ")
Dim myString As String = Console.ReadLine()
Dim i As Integer
For i = 0 To myString.Length - 1
   If Uri.IsHexDigit(myString.Chars(i)) Then
      Console.WriteLine("{0} is a hexadecimal digit.", myString.Chars(i))
   Else
      Console.WriteLine("{0} is not a hexadecimal digit.", myString.Chars(i))
   End If 
Next
' The example produces output like the following:
'    Type a string : 3f5EaZ
'    3 is a hexadecimal digit.
'    f is a hexadecimal digit.
'    5 is a hexadecimal digit.
'    E is a hexadecimal digit.
'    a is a hexadecimal digit.
'    Z is not a hexadecimal digit.

注釈

パラメーター index は 0 から始ります。

このプロパティは、 パラメーター Char で指定された位置にある オブジェクトを返 index します。 ただし、Unicode 文字は複数の で表される場合があります Char 。 オブジェクトの System.Globalization.StringInfo 代わりに Unicode 文字を操作するには、 クラスを使用 Char します。 詳細については、 クラスの概要の「Char オブジェクトと Unicode 文字」セクション String を参照してください。

C# では、 Chars[] プロパティはインデクサーです。 このVisual Basicクラスの既定のプロパティ String です。 文字列 Char 内の各オブジェクトには、次のようなコードを使用してアクセスできます。

string str1 = "Test";
for (int ctr = 0; ctr <= str1.Length - 1; ctr++ )
   Console.Write("{0} ", str1[ctr]);
// The example displays the following output:
//      T e s t
Dim str1 As String = "Test"
For ctr As Integer = 0 to str1.Length - 1
   Console.Write("{0} ", str1(ctr))
Next   
' The example displays the following output:
'      T e s t

適用対象

こちらもご覧ください