StringComparer.GetHashCode メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の StringComparer オブジェクトのハッシュ コードを取得します。

オーバーロード

GetHashCode(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列のハッシュ コードを取得します。

GetHashCode(Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したオブジェクトのハッシュ コードを取得します。

GetHashCode(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列のハッシュ コードを取得します。

public:
 abstract int GetHashCode(System::String ^ obj);
public abstract int GetHashCode (string obj);
override this.GetHashCode : string -> int
Public MustOverride Function GetHashCode (obj As String) As Integer

パラメーター

obj
String

文字列。

戻り値

Int32

obj パラメーターの値から計算された 32 ビットの符号付きハッシュ コード。

実装

例外

ハッシュ コードを計算するために必要なバッファーに十分なメモリを割り当てることができません。

objnullです。

注釈

メソッドは、操作を実行するためにパラメーターをボックス化解除する必要がないので、 メソッドよりも GetHashCode(String) GetHashCode(Object) obj 効率的です。

メソッドは、 のサイズに比例するメモリ量を割り当て、 のハッシュ GetHashCode(String) obj コードを計算します obj 。 大きな文字列の場合、ハッシュ コードを取得しようとすると、 がスローされる可能性があります ArgumentException 。 代わりに、ハッシュ コードを計算するときに固定量のメモリを割り当てる代替アルゴリズムを使用できます。 このアルゴリズムを使用するには、<NetFx45_CultureAwareComparerGetHashCode_LongStrings> の構成 ファイルの セクションに要素 <runtime> を追加します。

適用対象

GetHashCode(Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したオブジェクトのハッシュ コードを取得します。

public:
 virtual int GetHashCode(System::Object ^ obj);
public:
 int GetHashCode(System::Object ^ obj);
public int GetHashCode (object obj);
override this.GetHashCode : obj -> int
Public Function GetHashCode (obj As Object) As Integer

パラメーター

obj
Object

オブジェクト。

戻り値

Int32

obj パラメーターの値から計算された 32 ビットの符号付きハッシュ コード。

実装

例外

ハッシュ コードを計算するために必要なバッファーに十分なメモリを割り当てることができません。

objnullです。

注釈

メソッドは、操作を実行するためにパラメーターをボックス化解除する必要がないので、 メソッドよりも GetHashCode(String) GetHashCode obj 効率的です。

メソッドは、 のサイズに比例するメモリ量を割り当て、 のハッシュ GetHashCode(Object) obj コードを計算します obj 。 大きな文字列の場合、ハッシュ コードを取得しようとすると、 がスローされる可能性があります ArgumentException 。 代わりに、ハッシュ コードを計算するときに固定量のメモリを割り当てる代替アルゴリズムを使用できます。 このアルゴリズムを使用するには、<NetFx45_CultureAwareComparerGetHashCode_LongStrings> の構成 ファイルの セクションに要素 <runtime> を追加します。

適用対象