Encoding クラス

定義

文字エンコーディングを表します。

public ref class Encoding abstract
public ref class Encoding abstract : ICloneable
public abstract class Encoding
public abstract class Encoding : ICloneable
[System.Serializable]
public abstract class Encoding
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class Encoding : ICloneable
type Encoding = class
type Encoding = class
    interface ICloneable
[<System.Serializable>]
type Encoding = class
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type Encoding = class
    interface ICloneable
Public MustInherit Class Encoding
Public MustInherit Class Encoding
Implements ICloneable
継承
Encoding
派生
属性
実装

次の例では、あるエンコードから別のエンコーディングに文字列を変換します。

注意

byte[]この例では、エンコードされたデータを格納する型は配列だけです。 .NET CharString 型はそれ自体が unicode であるため、この呼び出しによって GetChars データが unicode にデコードされます。

using namespace System;
using namespace System::Text;

int main()
{
   String^ unicodeString = "This string contains the unicode character Pi (\u03a0)";
   
   // Create two different encodings.
   Encoding^ ascii = Encoding::ASCII;
   Encoding^ unicode = Encoding::Unicode;
   
   // Convert the string into a byte array.
   array<Byte>^unicodeBytes = unicode->GetBytes( unicodeString );
   
   // Perform the conversion from one encoding to the other.
   array<Byte>^asciiBytes = Encoding::Convert( unicode, ascii, unicodeBytes );
   
   // Convert the new Byte into[] a char and[] then into a string.
   array<Char>^asciiChars = gcnew array<Char>(ascii->GetCharCount( asciiBytes, 0, asciiBytes->Length ));
   ascii->GetChars( asciiBytes, 0, asciiBytes->Length, asciiChars, 0 );
   String^ asciiString = gcnew String( asciiChars );
   
   // Display the strings created before and after the conversion.
   Console::WriteLine( "Original String*: {0}", unicodeString );
   Console::WriteLine( "Ascii converted String*: {0}", asciiString );
}
// The example displays the following output:
//    Original string: This string contains the unicode character Pi (Π)
//    Ascii converted string: This string contains the unicode character Pi (?)
using System;
using System.Text;

class Example
{
   static void Main()
   {
      string unicodeString = "This string contains the unicode character Pi (\u03a0)";

      // Create two different encodings.
      Encoding ascii = Encoding.ASCII;
      Encoding unicode = Encoding.Unicode;

      // Convert the string into a byte array.
      byte[] unicodeBytes = unicode.GetBytes(unicodeString);

      // Perform the conversion from one encoding to the other.
      byte[] asciiBytes = Encoding.Convert(unicode, ascii, unicodeBytes);
         
      // Convert the new byte[] into a char[] and then into a string.
      char[] asciiChars = new char[ascii.GetCharCount(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length)];
      ascii.GetChars(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length, asciiChars, 0);
      string asciiString = new string(asciiChars);

      // Display the strings created before and after the conversion.
      Console.WriteLine("Original string: {0}", unicodeString);
      Console.WriteLine("Ascii converted string: {0}", asciiString);
   }
}
// The example displays the following output:
//    Original string: This string contains the unicode character Pi (Π)
//    Ascii converted string: This string contains the unicode character Pi (?)
Imports System.Text

Class Example
   Shared Sub Main()
      Dim unicodeString As String = "This string contains the unicode character Pi (" & ChrW(&H03A0) & ")"

      ' Create two different encodings.
      Dim ascii As Encoding = Encoding.ASCII
      Dim unicode As Encoding = Encoding.Unicode

      ' Convert the string into a byte array.
      Dim unicodeBytes As Byte() = unicode.GetBytes(unicodeString)

      ' Perform the conversion from one encoding to the other.
      Dim asciiBytes As Byte() = Encoding.Convert(unicode, ascii, unicodeBytes)

      ' Convert the new byte array into a char array and then into a string.
      Dim asciiChars(ascii.GetCharCount(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length)-1) As Char
      ascii.GetChars(asciiBytes, 0, asciiBytes.Length, asciiChars, 0)
      Dim asciiString As New String(asciiChars)

      ' Display the strings created before and after the conversion.
      Console.WriteLine("Original string: {0}", unicodeString)
      Console.WriteLine("Ascii converted string: {0}", asciiString)
   End Sub
End Class
' The example displays the following output:
'    Original string: This string contains the unicode character Pi (Π)
'    Ascii converted string: This string contains the unicode character Pi (?)

注釈

エンコーディングは、Unicode 文字のセットをバイト シーケンスに変換するプロセスです。 これに対して、デコードは、エンコードされたバイトシーケンスを Unicode 文字のセットに変換するプロセスです。 Unicode 変換形式 (UTFs) とでサポートされるその他のエンコーディングの詳細については Encoding 、「 .net での文字エンコード」を参照してください。

Encodingは、バイト配列など、任意のバイナリデータではなく Unicode 文字を操作することを目的としています。 任意のバイナリデータをテキストにエンコードする必要がある場合は、uuencode などのプロトコルを使用する必要があります。これは、などのメソッドによって実装され Convert.ToBase64CharArray ます。

.NET には、 Encoding 現在の Unicode エンコーディングとその他のエンコーディングをサポートするクラスの次の実装が用意されています。

  • ASCIIEncodingUnicode 文字を1つの7ビット ASCII 文字としてエンコードします。 このエンコーディングでは、U + 0000 と U + 007F の間の文字値のみがサポートされます。 コードページ20127。 プロパティからも使用でき ASCII ます。

  • UTF7EncodingUTF-8 エンコーディングを使用して Unicode 文字をエンコードします。 このエンコーディングでは、すべての Unicode 文字値がサポートされます。 コードページ65000。 プロパティからも使用でき UTF7 ます。

  • UTF8EncodingUTF-8 エンコーディングを使用して Unicode 文字をエンコードします。 このエンコーディングでは、すべての Unicode 文字値がサポートされます。 コードページ65001。 プロパティからも使用でき UTF8 ます。

  • UnicodeEncodingUTF-16 エンコーディングを使用して Unicode 文字をエンコードします。 リトルエンディアンとビッグエンディアンの両方のバイト順がサポートされています。 プロパティとプロパティを通じて使用することもでき Unicode BigEndianUnicode ます。

  • UTF32Encoding32 UTF-8 エンコーディングを使用して Unicode 文字をエンコードします。 リトルエンディアン (コードページ 12000) とビッグエンディアン (コードページ 12001) バイトの順序の両方がサポートされています。 プロパティからも使用でき UTF32 ます。

クラスは、 Encoding 主に異なるエンコーディングと Unicode の間で変換を行うことを目的としています。 多くの場合、派生 Unicode クラスの1つは、アプリに適した選択肢です。

メソッドを使用し GetEncoding て他のエンコーディングを取得し、メソッドを呼び出して GetEncodings すべてのエンコーディングの一覧を取得します。

エンコーディングの一覧

次の表に、.NET でサポートされているエンコーディングの一覧を示します。 各エンコーディングのコードページ番号と、エンコードのプロパティとプロパティの値が一覧表示さ EncodingInfo.Name EncodingInfo.DisplayName れます。 [.NET Framework サポート][.net Core サポート]、または [.net 5.0 以降のサポート] 列でチェックマークが付いている場合は、基になるプラットフォームに関係なく、その .net 実装によってコードページがネイティブでサポートされていることを示します。 .NET Framework の場合、表に記載されている他のエンコーディングが使用できるかどうかは、オペレーティングシステムによって異なります。 .NET Core および .NET 5.0 以降では、クラスを使用する System.Text.CodePagesEncodingProvider か、クラスから派生することによって、他のエンコーディングを利用でき System.Text.EncodingProvider ます。

注意

EncodingInfo.Name国際標準に対応するプロパティを持つコードページは、必ずしもその標準に準拠しているとは限りません。

コード ページ 名前 表示名 .NET Framework サポート .NET Core サポート .NET 5.0 以降のサポート
37 IBM037 IBM EBCDIC (米国-カナダ)
437 IBM437 OEM 米国
500 IBM500 IBM EBCDIC (インターナショナル)
708 ASMO-708 アラビア語 (ASMO 708)
720 DOS-720 アラビア語 (DOS)
737 ibm737 ギリシャ語 (DOS)
775 ibm775 バルト語 (DOS)
850 ibm850 西ヨーロッパ言語 (DOS)
852 ibm852 中央ヨーロッパ言語 (DOS)
855 IBM855 OEM キリル文字
857 ibm857 トルコ語 (DOS)
858 IBM00858 OEM 多言語ラテン I
860 IBM860 ポルトガル語 (DOS)
861 ibm861 アイスランド語 (DOS)
862 DOS-862 ヘブライ語 (DOS)
863 IBM863 フランス語 (カナダ) (DOS)
864 IBM864 アラビア語 (864)
865 IBM865 北欧 (DOS)
866 cp866 キリル語 (DOS)
869 ibm869 ギリシャ語、モダン (DOS)
870 IBM870 IBM EBCDIC (多言語ラテン-2)
874 windows-874 タイ語 (Windows)
875 cp875 IBM EBCDIC (ギリシャ語モダン)
932 shift_jis 日本語 (Shift-JIS)
936 gb2312 簡体字中国語 (GB2312)
949 ks_c_5601-1987 韓国語
950 big5 繁体字中国語 (Big5)
1026 IBM1026 IBM EBCDIC (トルコ語ラテン-5)
1047 IBM01047 IBM ラテン-1
1140 IBM01140 IBM EBCDIC (米国-カナダ-ヨーロッパ)
1141 IBM01141 IBM EBCDIC (ドイツ-ヨーロッパ)
1142 IBM01142 IBM EBCDIC (デンマーク-ノルウェー-ヨーロッパ)
1143 IBM01143 IBM EBCDIC (フィンランド-スウェーデン-ヨーロッパ)
1144 IBM01144 IBM EBCDIC (イタリア-ヨーロッパ)
1145 IBM01145 IBM EBCDIC (スペイン-ヨーロッパ)
1146 IBM01146 IBM EBCDIC (UK-ヨーロッパ)
1147 IBM01147 IBM EBCDIC (フランス-ヨーロッパ)
1148 IBM01148 IBM EBCDIC (国際対応-ヨーロッパ)
1149 IBM01149 IBM EBCDIC (アイスランド語-ヨーロッパ)
1200 utf-16 Unicode
1201 unicodeFFFE Unicode (ビッグエンディアン)
1250 windows-1250 中央ヨーロッパ言語 (Windows)
1251 windows-1251 キリル語 (Windows)
1252 utf-8 西ヨーロッパ言語 (Windows)
1253 windows-1253 ギリシャ語 (Windows)
1254 windows-1254 トルコ語 (Windows)
1255 windows-1255 ヘブライ語 (Windows)
1256 windows-1256 アラビア語 (Windows)
1257 windows-1257 バルト語 (Windows)
1258 windows-1258 ベトナム語 (Windows)
1361 Johab 韓国語 (Johab)
10000 西ヨーロッパ言語 (Mac)
10001 x-mac-日本語 日本語 (Mac)
10002 chinesetrad 繁体字中国語 (Mac)
10003 x-mac-韓国語 韓国語 (Mac)
10004 x-mac-アラビア語 アラビア語 (Mac)
10005 x-mac-ヘブライ語 ヘブライ語 (Mac)
10006 x-mac-ギリシャ語 ギリシャ語 (Mac)
10007 x-mac-キリル文字 キリル語 (Mac)
10008 chinesesimp 簡体字中国語 (Mac)
10010 x-mac-ルーマニア語 ルーマニア語 (Mac)
10017 x-mac-ウクライナ語 ウクライナ語 (Mac)
10021 x-mac-タイ語 タイ語 (Mac)
10029 x-mac-ce 中央ヨーロッパ言語 (Mac)
10079 x-mac-アイスランド語 アイスランド語 (Mac)
10081 x-mac-トルコ語 トルコ語 (Mac)
10082 x-mac-クロアチア語 クロアチア語 (Mac)
12000 utf-8-32 Unicode (UTF-32)
12001 utf-32 Unicode (UTF-32 ビッグエンディアン)
20000 x-中国語-CN 繁体字中国語 (CNS)
20001 x-cp20001 TCA 台湾
20002 x-Eten 繁体字中国語 (Eten)
20003 x-cp20003 IBM5550 台湾
20004 x-cp20004 文字放送 (台湾)
20005 x-cp20005 Wang 台湾
20105 x-IA5 西ヨーロッパ言語 (IA5)
20106 x-IA5-ドイツ語 ドイツ語 (IA5)
20107 x-IA5-スウェーデン語 スウェーデン語 (IA5)
20108 x-IA5-ノルウェー語 ノルウェー語 (IA5)
20127 us-ascii US-ASCII
20261 x-cp20261 T. 61
20269 x-cp20269 ISO-6937
20273 IBM273 IBM EBCDIC (ドイツ)
20277 IBM277 IBM EBCDIC (デンマーク-ノルウェー)
20278 IBM278 IBM EBCDIC (フィンランド-スウェーデン)
20280 IBM280 IBM EBCDIC (イタリア)
20284 IBM284 IBM EBCDIC (スペイン)
20285 IBM285 IBM EBCDIC (UK)
20290 IBM290 IBM EBCDIC (日本語カタカナ)
20297 IBM297 IBM EBCDIC (フランス)
20420 IBM420 IBM EBCDIC (アラビア語)
20423 IBM423 IBM EBCDIC (ギリシャ語)
20424 IBM424 IBM EBCDIC (ヘブライ語)
20833 x-EBCDIC-KoreanExtended IBM EBCDIC (韓国語拡張)
20838 IBM-タイ語 IBM EBCDIC (タイ語)
20866 koi8-r キリル語 (KOI8-R)
20871 IBM871 IBM EBCDIC (アイスランド語)
20880 IBM880 IBM EBCDIC (キリル文字ロシア語)
20905 IBM905 IBM EBCDIC (トルコ語)
20924 IBM00924 IBM ラテン-1
20932 EUC-JP 日本語 (JIS 0208-1990 および 0212-1990)
20936 x-cp20936 簡体字中国語 (GB2312-80)
20949 x-cp20949 韓国 Korean-wansung-unicode
21025 cp1025 IBM EBCDIC (キリル語セルビア-ブルガリア)
21866 koi8-u キリル語 (KOI8-U)
28591 iso-8859-1 西ヨーロッパ言語 (ISO)
28592 iso-8859-2 中央ヨーロッパ言語 (ISO)
28593 iso-8859-3 ラテン 3 (ISO)
28594 iso-8859-4 バルト語 (ISO)
28595 iso-8859-5 キリル語 (ISO)
28596 iso-8859-6 アラビア語 (ISO)
28597 iso-8859-7 ギリシャ語 (ISO)
28598 iso-8859-8 ヘブライ語 (ISO-Visual)
28599 iso-8859-9 トルコ語 (ISO)
28603 iso-8859-13 エストニア語 (ISO)
28605 iso-8859-15 ラテン 9 (ISO)
29001 x-Europa Europa
38598 iso-8859-8-i ヘブライ語 (ISO-論理)
50220 iso-2022-jp 日本語 (JIS)
50221 csISO2022JP 日本語 (JIS-1 バイトカタカナを許可)
50222 iso-2022-jp 日本語 (JIS-1 バイトカタカナを許可する-SO/SI)
50225 iso-2022-韓国 韓国語 (ISO)
50227 x-cp50227 簡体字中国語 (ISO-2022)
51932 euc-jp 日本語 (EUC)
51936 EUC-CN 簡体字中国語 (EUC)
51949 euc-韓国 韓国語 (EUC)
52936 hz-gb-2312 簡体字中国語 (HZ)
54936 GB18030 簡体字中国語 (GB18030)
57002 x-iscii-de ISCII デバナガリ文字
57003 x-iscii-be ISCII ベンガル語
57004 x-iscii-ta ISCII タミール語
57005 x-iscii-te ISCII テルグ語
57006 x-iscii-as ISCII アッサム語
57007 x-iscii-または ISCII オリヤー語
57008 x-iscii-ka ISCII カンナダ語
57009 x-iscii-ma ISCII マラヤーラム語
57010 x-iscii-gu ISCII グジャラート語
57011 x-iscii-pa ISCII パンジャブ語
65000 utf-7 Unicode (UTF-7)
65001 utf-8 Unicode (UTF-8)

次の例では、およびメソッドを呼び出して、 GetEncoding(Int32) GetEncoding(String) ギリシャ語 (Windows) のコードページエンコーディングを取得します。 Encodingメソッド呼び出しによって返されたオブジェクトを比較して、それらが等しいことを示します。その後、マップされたオブジェクトは、ギリシャ語アルファベットの各文字について、Unicode コードポイントとそれに対応するコードページ値を表示します。

using System;
using System.Text;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      Encoding enc = Encoding.GetEncoding(1253);
      Encoding altEnc = Encoding.GetEncoding("windows-1253");
      Console.WriteLine("{0} = Code Page {1}: {2}", enc.EncodingName,
                        altEnc.CodePage, enc.Equals(altEnc));
      string greekAlphabet = "Α α Β β Γ γ Δ δ Ε ε Ζ ζ Η η " +
                             "Θ θ Ι ι Κ κ Λ λ Μ μ Ν ν Ξ ξ " +
                             "Ο ο Π π Ρ ρ Σ σ ς Τ τ Υ υ " +
                             "Φ φ Χ χ Ψ ψ Ω ω";
      Console.OutputEncoding = Encoding.UTF8;
      byte[] bytes = enc.GetBytes(greekAlphabet);
      Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", "Character",
                        "Unicode Code Point", "Code Page 1253");
      for (int ctr = 0; ctr < bytes.Length; ctr++) {
         if (greekAlphabet[ctr].Equals(' '))
            continue;

         Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", greekAlphabet[ctr],
                           GetCodePoint(greekAlphabet[ctr]), bytes[ctr]);
      }
   }

   private static string GetCodePoint(char ch)
   {
      string retVal = "u+";
      byte[] bytes = Encoding.Unicode.GetBytes(ch.ToString());
      for (int ctr = bytes.Length - 1; ctr >= 0; ctr--)
         retVal += bytes[ctr].ToString("X2");

      return retVal;
   }
}
// The example displays the following output:
//       Character      Unicode Code Point       Code Page 1253
//       Α                          u+0391                   C1
//       α                          u+03B1                   E1
//       Β                          u+0392                   C2
//       β                          u+03B2                   E2
//       Γ                          u+0393                   C3
//       γ                          u+03B3                   E3
//       Δ                          u+0394                   C4
//       δ                          u+03B4                   E4
//       Ε                          u+0395                   C5
//       ε                          u+03B5                   E5
//       Ζ                          u+0396                   C6
//       ζ                          u+03B6                   E6
//       Η                          u+0397                   C7
//       η                          u+03B7                   E7
//       Θ                          u+0398                   C8
//       θ                          u+03B8                   E8
//       Ι                          u+0399                   C9
//       ι                          u+03B9                   E9
//       Κ                          u+039A                   CA
//       κ                          u+03BA                   EA
//       Λ                          u+039B                   CB
//       λ                          u+03BB                   EB
//       Μ                          u+039C                   CC
//       μ                          u+03BC                   EC
//       Ν                          u+039D                   CD
//       ν                          u+03BD                   ED
//       Ξ                          u+039E                   CE
//       ξ                          u+03BE                   EE
//       Ο                          u+039F                   CF
//       ο                          u+03BF                   EF
//       Π                          u+03A0                   D0
//       π                          u+03C0                   F0
//       Ρ                          u+03A1                   D1
//       ρ                          u+03C1                   F1
//       Σ                          u+03A3                   D3
//       σ                          u+03C3                   F3
//       ς                          u+03C2                   F2
//       Τ                          u+03A4                   D4
//       τ                          u+03C4                   F4
//       Υ                          u+03A5                   D5
//       υ                          u+03C5                   F5
//       Φ                          u+03A6                   D6
//       φ                          u+03C6                   F6
//       Χ                          u+03A7                   D7
//       χ                          u+03C7                   F7
//       Ψ                          u+03A8                   D8
//       ψ                          u+03C8                   F8
//       Ω                          u+03A9                   D9
//       ω                          u+03C9                   F9
Imports System.Text

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim enc As Encoding = Encoding.GetEncoding(1253)
      Dim altEnc As Encoding = Encoding.GetEncoding("windows-1253")
      Console.WriteLine("{0} = Code Page {1}: {2}", enc.EncodingName,
                        altEnc.CodePage, enc.Equals(altEnc))
      Dim greekAlphabet As String = "Α α Β β Γ γ Δ δ Ε ε Ζ ζ Η η " +
                                    "Θ θ Ι ι Κ κ Λ λ Μ μ Ν ν Ξ ξ " +
                                    "Ο ο Π π Ρ ρ Σ σ ς Τ τ Υ υ " +
                                    "Φ φ Χ χ Ψ ψ Ω ω"
      Console.OutputEncoding = Encoding.UTF8
      Dim bytes() As Byte = enc.GetBytes(greekAlphabet)
      Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", "Character",
                        "Unicode Code Point", "Code Page 1253")
      For ctr As Integer = 0 To bytes.Length - 1
         If greekAlphabet(ctr).Equals(" "c) Then Continue For

         Console.WriteLine("{0,-12} {1,20} {2,20:X2}", greekAlphabet(ctr),
                           GetCodePoint(greekAlphabet(ctr)), bytes(ctr))
      Next

   End Sub
   
   Private Function GetCodePoint(ch As String) As String
      Dim retVal As String = "u+"
      Dim bytes() As Byte = Encoding.Unicode.GetBytes(ch)
      For ctr As Integer = bytes.Length - 1 To 0 Step -1
         retVal += bytes(ctr).ToString("X2")
      Next
      Return retVal
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'    Character      Unicode Code Point       Code Page 1253
'    Α                          u+0391                   C1
'    α                          u+03B1                   E1
'    Β                          u+0392                   C2
'    β                          u+03B2                   E2
'    Γ                          u+0393                   C3
'    γ                          u+03B3                   E3
'    Δ                          u+0394                   C4
'    δ                          u+03B4                   E4
'    Ε                          u+0395                   C5
'    ε                          u+03B5                   E5
'    Ζ                          u+0396                   C6
'    ζ                          u+03B6                   E6
'    Η                          u+0397                   C7
'    η                          u+03B7                   E7
'    Θ                          u+0398                   C8
'    θ                          u+03B8                   E8
'    Ι                          u+0399                   C9
'    ι                          u+03B9                   E9
'    Κ                          u+039A                   CA
'    κ                          u+03BA                   EA
'    Λ                          u+039B                   CB
'    λ                          u+03BB                   EB
'    Μ                          u+039C                   CC
'    μ                          u+03BC                   EC
'    Ν                          u+039D                   CD
'    ν                          u+03BD                   ED
'    Ξ                          u+039E                   CE
'    ξ                          u+03BE                   EE
'    Ο                          u+039F                   CF
'    ο                          u+03BF                   EF
'    Π                          u+03A0                   D0
'    π                          u+03C0                   F0
'    Ρ                          u+03A1                   D1
'    ρ                          u+03C1                   F1
'    Σ                          u+03A3                   D3
'    σ                          u+03C3                   F3
'    ς                          u+03C2                   F2
'    Τ                          u+03A4                   D4
'    τ                          u+03C4                   F4
'    Υ                          u+03A5                   D5
'    υ                          u+03C5                   F5
'    Φ                          u+03A6                   D6
'    φ                          u+03C6                   F6
'    Χ                          u+03A7                   D7
'    χ                          u+03C7                   F7
'    Ψ                          u+03A8                   D8
'    ψ                          u+03C8                   F8
'    Ω                          u+03A9                   D9
'    ω                          u+03C9                   F9

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

UTF-16 および 32 UTF-8 エンコーダーでは、ビッグエンディアンバイト順 (最初に最上位バイト) またはリトルエンディアンバイト順 (最初に最下位バイト) を使用できます。 たとえば、ラテン文字の A (U + 0041 という) は、次のようにシリアル化されます (16 進数)。

  • UTF-16 ビッグエンディアンバイト順:00 41

  • UTF-16 リトルエンディアンバイト順:41 00

  • 32 UTF-8 ビッグエンディアンバイト順:00 00 00 41

  • 32 UTF-8 リトルエンディアンバイト順:41 00 00 00

一般に、ネイティブバイト順序を使用して Unicode 文字を格納する方が効率的です。 たとえば、Intel コンピューターなどのリトルエンディアンプラットフォームでは、リトルエンディアンのバイト順を使用することをお勧めします。

メソッドは、 GetPreamble バイトオーダーマーク (BOM) を含むバイト配列を取得します。 このバイト配列の先頭にエンコード済みストリームがある場合は、デコーダーが使用するエンコード形式を識別するのに役立ちます。

バイト順とバイト順マークの詳細については、unicodeホームページの unicode 標準を参照してください。

エンコーディングクラスでは、次のようなエラーが発生することに注意してください。

  • "?" 文字に自動的に変更されます。

  • "最適" の文字を使用します。

  • EncoderFallbackおよび DecoderFallback クラスを U + Fffd Unicode の置換文字と共に使用することで、アプリケーション固有の動作に変更します。

データストリームエラーが発生した場合は、例外をスローする必要があります。 アプリでは、必要に応じて "throwonerror" フラグを使用するか、 EncoderExceptionFallback クラスとクラスを使用 DecoderExceptionFallback します。 ベストフィットフォールバックは、データの損失や混乱を招く可能性があり、単純な文字交換よりも低速になる可能性があるため、推奨されません。 ANSI エンコーディングの場合、最適な動作は既定値です。

コンストラクター

Encoding()

Encoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Encoding(Int32)

指定したコード ページに対応する Encoding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Encoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback)

指定したコード ページに対応する Encoding クラスの新しいインスタンスを、指定したエンコーダーとデコーダーのフォールバック方法を使用して初期化します。

プロパティ

ASCII

ASCII (7 ビット) 文字セットのエンコーディングを取得します。

BigEndianUnicode

ビッグ エンディアンのバイト順を使用する UTF-16 形式のエンコーディングを取得します。

BodyName

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール エージェントの Body タグと共に使用できる現在のエンコーディングの名前を取得します。

CodePage

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の Encoding のコード ページ ID を取得します。

DecoderFallback

現在の DecoderFallback オブジェクトの Encoding オブジェクトを取得または設定します。

Default

この .NET 実装の既定のエンコードを取得します。

EncoderFallback

現在の EncoderFallback オブジェクトの Encoding オブジェクトを取得または設定します。

EncodingName

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングについての記述を、ユーザーが判読できる形式で取得します。

HeaderName

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール エージェント ヘッダー タグと共に使用できる現在のエンコーディングの名前を取得します。

IsBrowserDisplay

派生クラスでオーバーライドされた場合、ブラウザー クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを表示できるかどうかを示す値を取得します。

IsBrowserSave

派生クラスでオーバーライドされた場合、ブラウザー クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを保存できるかどうかを示す値を取得します。

IsMailNewsDisplay

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール クライアントおよびニュース クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを表示できるかどうかを示す値を取得します。

IsMailNewsSave

派生クラスでオーバーライドされた場合、メール クライアントおよびニュース クライアントが現在のエンコーディングを使用してコンテンツを保存できるかどうかを示す値を取得します。

IsReadOnly

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

IsSingleByte

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが 1 バイトのコード ポイントを使用するかどうかを示す値を取得します。

Latin1

Latin1 文字セット (ISO-8859-1) のエンコードを取得します。

Preamble

派生クラスでオーバーライドされた場合、使用するエンコードを指定するバイト シーケンスを含むスパンが返されます。

Unicode

リトル エンディアン バイト順を使用する UTF-16 形式のエンコーディングを取得します。

UTF32

リトル エンディアン バイト順を使用する UTF-32 形式のエンコーディングを取得します。

UTF7
互換性のために残されています。

UTF-7 形式のエンコーディングを取得します。

UTF8

UTF-8 形式のエンコーディングを取得します。

WebName

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングの IANA (Internet Assigned Numbers Authority) に登録されている名前を取得します。

WindowsCodePage

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングに最も厳密に対応する Windows オペレーティング システムのコード ページを取得します。

メソッド

Clone()

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在の Encoding オブジェクトの簡易コピーを作成します。

Convert(Encoding, Encoding, Byte[])

バイト配列全体を、あるエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。

Convert(Encoding, Encoding, Byte[], Int32, Int32)

バイト配列内のバイトの範囲を、あるエンコーディングから別のエンコーディングに変換します。

CreateTranscodingStream(Stream, Encoding, Encoding, Boolean)

Convert(Encoding, Encoding, Byte[]) と同様に、内部 Encoding と外部 Encoding の間でのデータのトランスコードを提供する Stream を作成します。

Equals(Object)

指定した Object が、現在のインスタンスと等しいかどうかを判断します。

GetByteCount(Char*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターから始まる文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(ReadOnlySpan<Char>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字スパンに格納されている文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれる文字をエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetByteCount(String, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列の文字のセットをエンコードすることによって生成されるバイト数を計算します。

GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターで始まる文字のセットを、指定したバイト ポインターを開始位置として格納されるバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用スパンに格納されている文字のセットをバイトのスパンにエンコードします。

GetBytes(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれるすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(String, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列内の count で指定した数の文字を、指定した index からバイト配列にエンコードします。

GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれる文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

GetCharCount(Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト ポインターから始まるバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

GetCharCount(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

GetCharCount(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

GetCharCount(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用バイト スパンをデコードすることによって生成される文字数を計算します。

GetChars(Byte*, Int32, Char*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト ポインターで始まるバイト シーケンスを、指定した文字ポインターを開始位置として格納される文字のセットにデコードします。

GetChars(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトを文字のセットにデコードします。

GetChars(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを文字のセットにデコードします。

GetChars(Byte[], Int32, Int32, Char[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを、指定した文字配列にデコードします。

GetChars(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Char>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用バイト スパンに格納されているすべてのバイトを、文字スパンにデコードします。

GetDecoder()

派生クラスでオーバーライドされた場合、エンコード済みバイト シーケンスを文字シーケンスに変換するデコーダーを取得します。

GetEncoder()

派生クラスでオーバーライドされた場合、Unicode 文字のシーケンスをエンコード済みバイト シーケンスに変換するエンコーダーを取得します。

GetEncoding(Int32)

指定したコード ページ ID に関連付けられたエンコーディングを返します。

GetEncoding(Int32, EncoderFallback, DecoderFallback)

指定したコード ページ ID に関連付けられたエンコーディングを返します。 パラメーターには、エンコードできない文字とデコードできないバイト シーケンスのためのエラー ハンドラーを指定します。

GetEncoding(String)

指定したコード ページ名に関連付けられたエンコーディングを返します。

GetEncoding(String, EncoderFallback, DecoderFallback)

指定したコード ページ名に関連付けられたエンコーディングを返します。 パラメーターには、エンコードできない文字とデコードできないバイト シーケンスのためのエラー ハンドラーを指定します。

GetEncodings()

すべてのエンコーディングを格納した配列を返します。

GetHashCode()

現在のインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetMaxByteCount(Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字数をエンコードすることによって生成される最大バイト数を計算します。

GetMaxCharCount(Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト数をデコードすることによって生成される最大文字数を計算します。

GetPreamble()

派生クラスでオーバーライドされた場合、使用するエンコーディングを指定するバイト シーケンスを返します。

GetString(Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したアドレスで始まる指定したバイト数を文字列にデコードします。

GetString(Byte[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているすべてのバイトを文字列にデコードします。

GetString(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト配列に格納されているバイト シーケンスを文字列にデコードします。

GetString(ReadOnlySpan<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定したバイト スパンに格納されているすべてのバイトを文字列にデコードします。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsAlwaysNormalized()

現在のエンコーディングが、既定の正規形を使用して常に正規化されるかどうかを示す値。

IsAlwaysNormalized(NormalizationForm)

派生クラスでオーバーライドされた場合、現在のエンコーディングが、指定した正規形を使用して常に正規化されるかどうかを示す値を取得します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RegisterProvider(EncodingProvider)

エンコーディング プロバイダーを登録します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

拡張メソッド

GetBytes(Encoding, ReadOnlySequence<Char>)

指定された Encoding を使用して、指定された ReadOnlySequence<T>Byte 配列にエンコードします。

GetBytes(Encoding, ReadOnlySequence<Char>, IBufferWriter<Byte>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>byte にデコードし、結果を writer に書き込みます。

GetBytes(Encoding, ReadOnlySequence<Char>, Span<Byte>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>byte にエンコードし、結果を bytes に出力します。

GetBytes(Encoding, ReadOnlySpan<Char>, IBufferWriter<Byte>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySpan<T>byte にエンコードし、結果を writer に書き込みます。

GetChars(Encoding, ReadOnlySequence<Byte>, IBufferWriter<Char>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>char にデコードし、結果を writer に書き込みます。

GetChars(Encoding, ReadOnlySequence<Byte>, Span<Char>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySequence<T>char にデコードし、結果を chars に出力します。

GetChars(Encoding, ReadOnlySpan<Byte>, IBufferWriter<Char>)

指定された Encoding を使用して指定された ReadOnlySpan<T>char にデコードし、結果を writer に書き込みます。

GetString(Encoding, ReadOnlySequence<Byte>)

指定された Encoding を使用して、指定された ReadOnlySequence<T>String にデコードします。

適用対象

こちらもご覧ください