Share via


Utf8JsonWriter.WriteBase64String メソッド

定義

オーバーロード

WriteBase64String(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>)

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、プロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

WriteBase64String(ReadOnlySpan<Char>, ReadOnlySpan<Byte>)

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、プロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

WriteBase64String(String, ReadOnlySpan<Byte>)

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、プロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

WriteBase64String(JsonEncodedText, ReadOnlySpan<Byte>)

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、事前にエンコードされたプロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

WriteBase64String(ReadOnlySpan<Byte>, ReadOnlySpan<Byte>)

ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、プロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

public:
 void WriteBase64String(ReadOnlySpan<System::Byte> utf8PropertyName, ReadOnlySpan<System::Byte> bytes);
public void WriteBase64String (ReadOnlySpan<byte> utf8PropertyName, ReadOnlySpan<byte> bytes);
member this.WriteBase64String : ReadOnlySpan<byte> * ReadOnlySpan<byte> -> unit
Public Sub WriteBase64String (utf8PropertyName As ReadOnlySpan(Of Byte), bytes As ReadOnlySpan(Of Byte))

パラメーター

utf8PropertyName
ReadOnlySpan<Byte>

書き込むプロパティの UTF-8 でエンコードされた名前。

bytes
ReadOnlySpan<Byte>

Base64 でエンコードされたテキストとして書き込むバイナリ データ。

例外

指定されたプロパティ名または値が大きすぎます。

検証が有効化されると、このメソッドによって無効な JSON の書き込みが行われる場合があります。

注釈

Base64 として書き込むバイナリ データの最大許容サイズは、125,000,000 バイト (または約 125 MB) です。 この制限を超えると、 が ArgumentException スローされます。

プロパティ名はエスケープされ、書き込む前にバイトがエンコードされます。

適用対象

WriteBase64String(ReadOnlySpan<Char>, ReadOnlySpan<Byte>)

ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、プロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

public:
 void WriteBase64String(ReadOnlySpan<char> propertyName, ReadOnlySpan<System::Byte> bytes);
public void WriteBase64String (ReadOnlySpan<char> propertyName, ReadOnlySpan<byte> bytes);
member this.WriteBase64String : ReadOnlySpan<char> * ReadOnlySpan<byte> -> unit
Public Sub WriteBase64String (propertyName As ReadOnlySpan(Of Char), bytes As ReadOnlySpan(Of Byte))

パラメーター

propertyName
ReadOnlySpan<Char>

UTF-8 としてトランスコードおよび書き込み対象の JSON オブジェクトのプロパティ名。

bytes
ReadOnlySpan<Byte>

Base64 でエンコードされたテキストとして書き込むバイナリ データ。

例外

指定されたプロパティ名または値が大きすぎます。

検証が有効化されると、このメソッドによって無効な JSON の書き込みが行われる場合があります。

注釈

Base64 として書き込むバイナリ データの最大許容サイズは、125,000,000 バイト (または約 125 MB) です。 この制限を超えると、 が ArgumentException スローされます。

プロパティ名はエスケープされ、書き込む前にバイトがエンコードされます。

適用対象

WriteBase64String(String, ReadOnlySpan<Byte>)

ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、プロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

public:
 void WriteBase64String(System::String ^ propertyName, ReadOnlySpan<System::Byte> bytes);
public void WriteBase64String (string propertyName, ReadOnlySpan<byte> bytes);
member this.WriteBase64String : string * ReadOnlySpan<byte> -> unit
Public Sub WriteBase64String (propertyName As String, bytes As ReadOnlySpan(Of Byte))

パラメーター

propertyName
String

UTF-8 としてトランスコードおよび書き込み対象の JSON オブジェクトのプロパティ名。

bytes
ReadOnlySpan<Byte>

Base64 でエンコードされたテキストとして書き込むバイナリ データ。

例外

指定されたプロパティ名または値が大きすぎます。

検証が有効化されると、このメソッドによって無効な JSON の書き込みが行われる場合があります。

propertyName パラメーターが null です。

注釈

Base64 として書き込むバイナリ データの最大許容サイズは、125,000,000 バイト (または約 125 MB) です。 この制限を超えると、 が ArgumentException スローされます。

プロパティ名はエスケープされ、書き込む前にバイトがエンコードされます。

適用対象

WriteBase64String(JsonEncodedText, ReadOnlySpan<Byte>)

ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs
ソース:
Utf8JsonWriter.WriteProperties.Bytes.cs

JSON オブジェクトの名前/値ペアの一部として、事前にエンコードされたプロパティ名と生バイト値 (Base64 でエンコードされた JSON 文字列) を書き込みます。

public:
 void WriteBase64String(System::Text::Json::JsonEncodedText propertyName, ReadOnlySpan<System::Byte> bytes);
public void WriteBase64String (System.Text.Json.JsonEncodedText propertyName, ReadOnlySpan<byte> bytes);
member this.WriteBase64String : System.Text.Json.JsonEncodedText * ReadOnlySpan<byte> -> unit
Public Sub WriteBase64String (propertyName As JsonEncodedText, bytes As ReadOnlySpan(Of Byte))

パラメーター

propertyName
JsonEncodedText

書き込むプロパティの JSON でエンコードされた名前。

bytes
ReadOnlySpan<Byte>

Base64 でエンコードされたテキストとして書き込むバイナリ データ。

例外

指定した値が大きすぎます。

検証が有効化されると、このメソッドによって無効な JSON の書き込みが行われる場合があります。

注釈

Base64 として書き込むバイナリ データの最大許容サイズは、125,000,000 バイト (または約 125 MB) です。 この制限を超えると、 が ArgumentException スローされます。

のインスタンス JsonEncodedText が作成されたときに、プロパティ名は既にエスケープされている必要があります。

バイトは書き込み前にエンコードされます。

適用対象