Utf8JsonWriter.WriteRawValue メソッド

定義

オーバーロード

WriteRawValue(String, Boolean)

入力を JSON コンテンツとして書き込みます。 入力コンテンツが1つの完全な JSON 値であることが想定されています。

WriteRawValue(ReadOnlySpan<Char>, Boolean)

入力を JSON コンテンツとして書き込みます。 入力コンテンツが1つの完全な JSON 値であることが想定されています。

WriteRawValue(ReadOnlySpan<Byte>, Boolean)

入力を JSON コンテンツとして書き込みます。 入力コンテンツが1つの完全な JSON 値であることが想定されています。

WriteRawValue(String, Boolean)

入力を JSON コンテンツとして書き込みます。 入力コンテンツが1つの完全な JSON 値であることが想定されています。

public void WriteRawValue (string json, bool skipInputValidation = false);
member this.WriteRawValue : string * bool -> unit
Public Sub WriteRawValue (json As String, Optional skipInputValidation As Boolean = false)

パラメーター

json
String

書き込む生の JSON コンテンツ。

skipInputValidation
Boolean

false 入力が RFC 8259 準拠の JSON ペイロードであるかどうかを検証するには true それ以外の場合は。

例外

jsonnullです。

入力の長さが0であるか、715827882 ( MaxValue /3) を超えています。

skipInputValidationfalse で、入力が json RFCに準拠した有効な完全な1つの json 値ではありません。または、入力された json が、再帰的な深さ64を超えています。

注釈

信頼できない JSON 値を書き込む場合は、をに設定しないでください skipInputValidation true 。これにより、無効な json が書き込まれたり、無効な全体ペイロードがライターインスタンスに書き込まれたりする可能性があります。

このメソッドを使用すると、検証が失敗した場合 (有効になっている場合) を除き、入力コンテンツがそのその状態で書き込み先に書き込まれます。

SkipValidationこのメソッドを使用すると、ライターインスタンスの値が受け入れられます。

Indented Encoder このメソッドを使用する場合、ライターインスタンスのとの値は適用されません。

適用対象

WriteRawValue(ReadOnlySpan<Char>, Boolean)

入力を JSON コンテンツとして書き込みます。 入力コンテンツが1つの完全な JSON 値であることが想定されています。

public void WriteRawValue (ReadOnlySpan<char> json, bool skipInputValidation = false);
member this.WriteRawValue : ReadOnlySpan<char> * bool -> unit
Public Sub WriteRawValue (json As ReadOnlySpan(Of Char), Optional skipInputValidation As Boolean = false)

パラメーター

json
ReadOnlySpan<Char>

書き込む生の JSON コンテンツ。

skipInputValidation
Boolean

false 入力が RFC 8259 準拠の JSON ペイロードであるかどうかを検証するには true それ以外の場合は。

例外

入力の長さが0であるか、715827882 ( MaxValue /3) を超えています。

skipInputValidationfalse で、入力が json RFCに準拠した有効な完全な1つの json 値ではありません。または、入力された json が、再帰的な深さ64を超えています。

注釈

信頼できない JSON 値を書き込む場合は、をに設定しないでください skipInputValidation true 。これにより、無効な json が書き込まれたり、無効な全体ペイロードがライターインスタンスに書き込まれたりする可能性があります。

このメソッドを使用すると、検証が失敗した場合 (有効になっている場合) を除き、入力コンテンツがそのその状態で書き込み先に書き込まれます。

SkipValidationこのメソッドを使用すると、ライターインスタンスの値が受け入れられます。

Indented Encoder このメソッドを使用する場合、ライターインスタンスのとの値は適用されません。

適用対象

WriteRawValue(ReadOnlySpan<Byte>, Boolean)

入力を JSON コンテンツとして書き込みます。 入力コンテンツが1つの完全な JSON 値であることが想定されています。

public void WriteRawValue (ReadOnlySpan<byte> utf8Json, bool skipInputValidation = false);
member this.WriteRawValue : ReadOnlySpan<byte> * bool -> unit
Public Sub WriteRawValue (utf8Json As ReadOnlySpan(Of Byte), Optional skipInputValidation As Boolean = false)

パラメーター

utf8Json
ReadOnlySpan<Byte>

書き込む生の JSON コンテンツ。

skipInputValidation
Boolean

false 入力が RFC 8259 準拠の JSON ペイロードであるかどうかを検証するには true それ以外の場合は。

例外

入力の長さが0以下 MaxValue です。

skipInputValidationfalse で、入力が json RFCに準拠した有効な完全な1つの json 値ではありません。または、入力された json が、再帰的な深さ64を超えています。

注釈

信頼できない JSON 値を書き込む場合は、をに設定しないでください skipInputValidation true 。これにより、無効な json が書き込まれたり、無効な全体ペイロードがライターに書き込まれたりする可能性があります。

このメソッドを使用すると、検証が失敗した場合 (有効になっている場合) を除き、入力コンテンツがそのその状態で書き込み先に書き込まれます。

SkipValidationこのメソッドを使用すると、ライターインスタンスの値が受け入れられます。

Indented Encoder このメソッドを使用する場合、ライターインスタンスのとの値は適用されません。

適用対象