Capture.Value プロパティ

定義

入力文字列からキャプチャした部分文字列を取得します。

public:
 property System::String ^ Value { System::String ^ get(); };
public string Value { get; }
member this.Value : string
Public ReadOnly Property Value As String

プロパティ値

String

検索によってキャプチャされた部分文字列。

次の例では、ピリオド (".") 以外の区切り記号を含まない文に一致する正規表現を定義しています。 プロパティは、 Match.Value 一致した各文字列について、一致した文で構成される結果文字列を表示します。 プロパティは、 Group.Value 各キャプチャグループの結果文字列を表示します。これは、そのキャプチャグループによってキャプチャされた最後の文字列で構成されます。 プロパティは、 Capture.Value 各キャプチャの結果文字列を表示します。

using System;
using System.Text.RegularExpressions;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string input = "Yes. This dog is very friendly.";
      string pattern = @"((\w+)[\s.])+";
      foreach (Match match in Regex.Matches(input, pattern))
      {
         Console.WriteLine("Match: {0}", match.Value);
         for (int groupCtr = 0; groupCtr < match.Groups.Count; groupCtr++)
         {
            Group group = match.Groups[groupCtr];
            Console.WriteLine("   Group {0}: {1}", groupCtr, group.Value);
            for (int captureCtr = 0; captureCtr < group.Captures.Count; captureCtr++)
               Console.WriteLine("      Capture {0}: {1}", captureCtr, 
                                 group.Captures[captureCtr].Value);
         }                      
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       Match: Yes.
//          Group 0: Yes.
//             Capture 0: Yes.
//          Group 1: Yes.
//             Capture 0: Yes.
//          Group 2: Yes
//             Capture 0: Yes
//       Match: This dog is very friendly.
//          Group 0: This dog is very friendly.
//             Capture 0: This dog is very friendly.
//          Group 1: friendly.
//             Capture 0: This
//             Capture 1: dog
//             Capture 2: is
//             Capture 3: very
//             Capture 4: friendly.
//          Group 2: friendly
//             Capture 0: This
//             Capture 1: dog
//             Capture 2: is
//             Capture 3: very
//             Capture 4: friendly
Imports System.Text.RegularExpressions

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim input As String = "Yes. This dog is very friendly."
      Dim pattern As String = "((\w+)[\s.])+"
      For Each match As Match In Regex.Matches(input, pattern)
         Console.WriteLine("Match: {0}", match.Value)
         For groupCtr As Integer = 0 To match.Groups.Count - 1
            Dim group As Group = match.Groups(groupCtr)
            Console.WriteLine("   Group {0}: {1}", groupCtr, group.Value)
            For captureCtr As Integer = 0 To group.Captures.Count - 1
               Console.WriteLine("      Capture {0}: {1}", captureCtr, _
                                 group.Captures(captureCtr).Value)
            Next
         Next                      
      Next
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       Match: Yes.
'          Group 0: Yes.
'             Capture 0: Yes.
'          Group 1: Yes.
'             Capture 0: Yes.
'          Group 2: Yes
'             Capture 0: Yes
'       Match: This dog is very friendly.
'          Group 0: This dog is very friendly.
'             Capture 0: This dog is very friendly.
'          Group 1: friendly.
'             Capture 0: This
'             Capture 1: dog
'             Capture 2: is
'             Capture 3: very
'             Capture 4: friendly.
'          Group 2: friendly
'             Capture 0: This
'             Capture 1: dog
'             Capture 2: is
'             Capture 3: very
'             Capture 4: friendly

正規表現パターン ((\w+)[\s.])+ は、次の表に示すように定義されています。 この正規表現では、量指定子 (+) が正規表現全体に適用されることに注意してください。

Pattern 説明
(\w+) 1 つ以上の単語文字に一致します。 これが 2 番目のキャプチャ グループです。
[\s.]) 空白文字またはピリオド (".") と一致します。
((\w+)[\s.]) 1個以上の単語文字の後に空白文字またはピリオド (".") が続くパターンと一致します。 これが最初のキャプチャ グループです。
((\w+)[\s.])+ 1個以上の単語文字の後に空白文字またはピリオド (".") が続くパターンの1回以上の出現と一致します。

この例では、入力文字列は2つの文で構成されています。 出力に示されているように、最初の文は1つの単語で構成されているので、オブジェクトにはオブジェクト CaptureCollection と同じキャプチャを表す1つのオブジェクトがあり Capture Group ます。 2番目の文は複数の単語で構成されるため、オブジェクトには Group 最後に一致した部分式に関する情報のみが含まれます。 最初のキャプチャを表すグループ1は、終了期間がある文の最後の単語を含んでいます。 2番目のキャプチャを表すグループ2は、文の最後の単語を含んでいます。 ただし、 Capture グループのオブジェクト内のオブジェクトは、 CaptureCollection 各部分式の一致をキャプチャします。 Capture最初のキャプチャグループのキャプチャコレクション内のオブジェクトには、キャプチャされた単語と空白文字または期間に関する情報が含まれています。 Capture2 番目のキャプチャグループのキャプチャコレクション内のオブジェクトには、キャプチャされた各単語に関する情報が含まれています。

次の例では、正規表現パターンを使用し ^([a-z]+)(\d+)*\.([a-z]+(\d)*)$ て、2つの部分で構成される製品番号とピリオドで区切られています。 どちらの部分も、アルファベット文字の後に省略可能な数値が続く形式で構成されます。 最初の入力文字列がパターンに一致しないため、返されるオブジェクトの System.Text.RegularExpressions.Match プロパティの値 Value はに String.Empty なります。 同様に、正規表現パターンがキャプチャグループと一致しない場合、対応する Group オブジェクトのプロパティの値 Value はに String.Empty なります。

using System;
using System.Text.RegularExpressions;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      String pattern = @"^([a-z]+)(\d+)?\.([a-z]+(\d)*)$";
      String[] values = { "AC10", "Za203.CYM", "XYZ.CoA", "ABC.x170" };   
      foreach (var value in values) {
         Match m = Regex.Match(value, pattern, RegexOptions.IgnoreCase);
         if (m.Success) {
            Console.WriteLine("Match: '{0}'", m.Value);
            Console.WriteLine("   Number of Capturing Groups: {0}", 
                              m.Groups.Count);
            for (int gCtr = 0; gCtr < m.Groups.Count; gCtr++) {
               Group group = m.Groups[gCtr];
               Console.WriteLine("      Group {0}: {1}", gCtr, 
                                 group.Value == "" ? "<empty>" : "'" + group.Value + "'");   
               Console.WriteLine("         Number of Captures: {0}", 
                                 group.Captures.Count);
           
               for (int cCtr = 0; cCtr < group.Captures.Count; cCtr++) 
                  Console.WriteLine("            Capture {0}: {1}", 
                                    cCtr, group.Captures[cCtr].Value);
            }
         } 
         else {
            Console.WriteLine("No match for {0}: Match.Value is {1}", 
                              value, m.Value == String.Empty ? "<empty>" : m.Value);
         }
      }
   }
}
// The example displays the following output:
//       No match for AC10: Match.Value is <empty>
//       Match: 'Za203.CYM'
//          Number of Capturing Groups: 5
//             Group 0: 'Za203.CYM'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: Za203.CYM
//             Group 1: 'Za'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: Za
//             Group 2: '203'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: 203
//             Group 3: 'CYM'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: CYM
//             Group 4: <empty>
//                Number of Captures: 0
//       Match: 'XYZ.CoA'
//          Number of Capturing Groups: 5
//             Group 0: 'XYZ.CoA'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: XYZ.CoA
//             Group 1: 'XYZ'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: XYZ
//             Group 2: <empty>
//                Number of Captures: 0
//             Group 3: 'CoA'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: CoA
//             Group 4: <empty>
//                Number of Captures: 0
//       Match: 'ABC.x170'
//          Number of Capturing Groups: 5
//             Group 0: 'ABC.x170'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: ABC.x170
//             Group 1: 'ABC'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: ABC
//             Group 2: <empty>
//                Number of Captures: 0
//             Group 3: 'x170'
//                Number of Captures: 1
//                   Capture 0: x170
//             Group 4: '0'
//                Number of Captures: 3
//                   Capture 0: 1
//                   Capture 1: 7
//                   Capture 2: 0
Imports System.Text.RegularExpressions

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim pattern As String = "^([a-z]+)(\d+)?\.([a-z]+(\d)*)$"
      Dim values() As String = { "AC10", "Za203.CYM", "XYZ.CoA", "ABC.x170" }   
      For Each value In values
         Dim m As Match = Regex.Match(value, pattern, RegexOptions.IgnoreCase)
         If m.Success Then
            Console.WriteLine("Match: '{0}'", m.Value)
            Console.WriteLine("   Number of Capturing Groups: {0}", 
                              m.Groups.Count)
            For gCtr As Integer = 0 To m.Groups.Count - 1
               Dim group As Group = m.Groups(gCtr)
               Console.WriteLine("      Group {0}: {1}", gCtr, 
                                 If(group.Value = "", "<empty>", "'" + group.Value + "'"))   
               Console.WriteLine("         Number of Captures: {0}", 
                                 group.Captures.Count)
           
               For cCtr As Integer = 0 To group.Captures.Count - 1
                  Console.WriteLine("            Capture {0}: {1}", 
                                    cCtr, group.Captures(cCtr).Value)
               Next
            Next
         Else
            Console.WriteLine("No match for {0}: Match.Value is {1}", 
                              value, If(m.Value = String.Empty, "<empty>", m.Value))
         End If
      Next    
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'       No match for AC10: Match.Value is <empty>
'       Match: 'Za203.CYM'
'          Number of Capturing Groups: 5
'             Group 0: 'Za203.CYM'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: Za203.CYM
'             Group 1: 'Za'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: Za
'             Group 2: '203'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: 203
'             Group 3: 'CYM'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: CYM
'             Group 4: <empty>
'                Number of Captures: 0
'       Match: 'XYZ.CoA'
'          Number of Capturing Groups: 5
'             Group 0: 'XYZ.CoA'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: XYZ.CoA
'             Group 1: 'XYZ'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: XYZ
'             Group 2: <empty>
'                Number of Captures: 0
'             Group 3: 'CoA'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: CoA
'             Group 4: <empty>
'                Number of Captures: 0
'       Match: 'ABC.x170'
'          Number of Capturing Groups: 5
'             Group 0: 'ABC.x170'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: ABC.x170
'             Group 1: 'ABC'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: ABC
'             Group 2: <empty>
'                Number of Captures: 0
'             Group 3: 'x170'
'                Number of Captures: 1
'                   Capture 0: x170
'             Group 4: '0'
'                Number of Captures: 3
'                   Capture 0: 1
'                   Capture 1: 7
'                   Capture 2: 0

正規表現パターンは、次の表に示すように定義されています。

Pattern 説明
^ 文字列の先頭から照合を開始します。
([a-z]+) A ~ z の任意の文字の1回以上の出現に一致します。 正規表現エンジンにはオプションが渡されるため RegexOptions.IgnoreCase 、この比較では大文字と小文字が区別されません。 これが最初のキャプチャ グループです。
(\d+)? 1個以上の10進数字の0回または1回の出現と一致します。 これが 2 番目のキャプチャ グループです。
\. リテラルのピリオド文字と一致します。
([a-z]+ A ~ z の任意の文字の1回以上の出現に一致します。 比較では大文字と小文字は区別されません。
(\d)* 0 個以上の 10 進数と一致します。 1つの一致する数字が4番目のキャプチャグループです。
([a-z]+(\d)*) A から z の後に0個、1個、または複数の10進数字が続く1つ以上のアルファベット文字と一致します。 これが 4 番目のキャプチャ グループです。
$ 文字列の末尾から照合を終了します。

注釈

メソッドまたはメソッドの呼び出しが一致を見つけられなかった場合 Regex.Match Match.NextMatch 、返される Match.Value プロパティの値はに String.Empty なります。 正規表現エンジンがキャプチャグループと一致しない場合は。 返されたプロパティの値 Group.ValueString.Empty です。 図については、2番目の例を参照してください。

適用対象