CancellationTokenSource.Dispose メソッド

定義

CancellationTokenSource クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

オーバーロード

Dispose()

CancellationTokenSource クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

Dispose(Boolean)

CancellationTokenSource クラスによって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

Dispose()

CancellationTokenSource クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

public:
 virtual void Dispose();
public void Dispose ();
abstract member Dispose : unit -> unit
override this.Dispose : unit -> unit
Public Sub Dispose ()

実装

注釈

Dispose を使い終わったら CancellationTokenSource を呼び出します。 Disposeメソッドによって、CancellationTokenSource は使用不可の状態になります。 Dispose呼び出し後は、CancellationTokenSourceによって占有されていたメモリをガベージ コレクターがクリアできるよう、CancellationTokenSource へのすべての参照を解放する必要があります。

呼び出し Dispose は、関連付けられている Tokenコンシューマーに取り消しの要求を通信しないことに注意してください。 キャンセルの要求は、次のようなCancelCancelAfterメソッドを呼び出すことによって伝えることができます。

詳細については、アンマネージ リソースのクリーンアップおよびDispose メソッドの実装を参照してください。

注意

CancellationTokenSourceへの最後の参照を解放する前に、必ずDisposeを呼び出してください。 そうしないと、ガベージ コレクターが CancellationTokenSource オブジェクトの Finalize メソッドを呼び出すまで、使用されているリソースは解放されません。

適用対象

Dispose(Boolean)

CancellationTokenSource クラスによって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

protected:
 virtual void Dispose(bool disposing);
protected virtual void Dispose (bool disposing);
abstract member Dispose : bool -> unit
override this.Dispose : bool -> unit
Protected Overridable Sub Dispose (disposing As Boolean)

パラメーター

disposing
Boolean

マネージド リソースとアンマネージド リソースの両方を解放する場合は true。アンマネージド リソースだけを解放する場合は false

適用対象