SynchronizationContext クラス

定義

同期コンテキストをさまざまな同期モデルに反映するための基本機能を提供します。

public ref class SynchronizationContext
public class SynchronizationContext
type SynchronizationContext = class
Public Class SynchronizationContext
継承
SynchronizationContext
派生

注釈

この SynchronizationContext クラスは、同期なしでフリー スレッド コンテキストを提供する基本クラスです。

このクラスによって実装される同期モデルの目的は、共通言語ランタイムの内部非同期/同期操作が異なる同期モデルで適切に動作できるようにすることです。 また、このモデルでは、異なる同期環境で正しく動作するためにマネージド アプリケーションが従う必要がある要件の一部も簡略化されます。

同期モデルのプロバイダーは、このクラスを拡張し、これらのメソッドに独自の実装を提供できます。

同期コンテキストの詳細については、MSDN マガジンの「 It's All About the SynchronizationContext 」の記事を参照してください。

コンストラクター

SynchronizationContext()

SynchronizationContext クラスの新しいインスタンスを作成します。

プロパティ

Current

現在のスレッドの同期コンテキストを取得します。

メソッド

CreateCopy()

派生クラスでオーバーライドされた場合、同期コンテキストのコピーを作成します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsWaitNotificationRequired()

待機通知が必要かどうかを判断します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OperationCompleted()

派生クラスでオーバーライドされた場合、操作の完了を伝える通知に応答します。

OperationStarted()

派生クラスでオーバーライドされた場合、操作の開始を伝える通知に応答します。

Post(SendOrPostCallback, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、非同期メッセージを同期コンテキストにディスパッチします。

Send(SendOrPostCallback, Object)

派生クラスでオーバーライドされた場合、同期メッセージを同期コンテキストにディスパッチします。

SetSynchronizationContext(SynchronizationContext)

現在の同期コンテキストを設定します。

SetThreadStaticContext(SynchronizationContext)
SetWaitNotificationRequired()

待機通知が必要であることを伝える通知を設定し、コールバック メソッドを用意して待機の発生時により確実に呼び出すことができるようにします。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Wait(IntPtr[], Boolean, Int32)

指定した配列内のいずれかの要素またはすべての要素がシグナルを受信するまで待機します。

WaitHelper(IntPtr[], Boolean, Int32)

指定した配列内のすべての要素がシグナルを受信するまで待機するヘルパー関数。

適用対象