TaskCreationOptions 列挙型

定義

タスクの作成および実行に関するオプションの動作を制御するフラグを指定します。

この列挙体は、メンバー値のビットごとの組み合わせをサポートしています。

public enum class TaskCreationOptions
[System.Flags]
public enum TaskCreationOptions
[System.Flags]
[System.Serializable]
public enum TaskCreationOptions
[<System.Flags>]
type TaskCreationOptions = 
[<System.Flags>]
[<System.Serializable>]
type TaskCreationOptions = 
Public Enum TaskCreationOptions
継承
TaskCreationOptions
属性

フィールド

AttachedToParent 4

タスクがタスク階層の親にアタッチされることを指定します。 既定では、子タスク (外側のタスクによって作成される内側のタスク) は、親と独立して実行されます。 AttachedToParent オプションを使用して、親タスクと子タスクを同期させることもできます。

親タスクが DenyChildAttach オプションを指定して構成されている場合、子タスクの AttachedToParent オプションは無効で、その子タスクはデタッチされた子タスクとして実行されることに注意してください。

詳細については、「アタッチされた子タスクとデタッチされた子タスク」を参照してください。

DenyChildAttach 8

アタッチされた子タスクとして実行を試みる (AttachedToParent オプションを使用して作成される) すべての子タスクが、親タスクにアタッチされるのではなく、デタッチされた子タスクとして実行されるように指定します。 詳細については、「アタッチされた子タスクとデタッチされた子タスク」を参照してください。

HideScheduler 16

アンビエント スケジューラが作成されたタスクの現在のスケジューラと見なされることを防止します。 これは、作成されたタスクで実行される StartNew や ContinueWith のような操作で、Default が現在のスケジューラと見なされることを意味します。

LongRunning 2

粒度の細かいシステムではなく、タスクが長時間実行され、少量の大きなコンポーネントを含む粒度の粗い操作とすることを指定します。 これは、TaskScheduler に対し、オーバーサブスクリプションを許可してもよいことを示します。 オーバーサブスクリプションを使用すると、使用可能なハードウェア スレッドよりも多くのスレッドを作成できます。 これは、タスクの処理に追加のスレッドが必要になる可能性があるというヒントをタスク スケジューラに提供し、他のスレッドまたはローカル スレッド プール キューの作業項目の進行をスケジューラがブロックするのを防ぎます。

None 0

既定の動作を適用する必要があることを示します。

PreferFairness 1

TaskScheduler に対し、できる限り公平にタスクをスケジュールするように指示します。つまり、先にスケジュールされたタスクが先に実行され、後からスケジュールされたタスクは後から実行されるようにします。

RunContinuationsAsynchronously 64

現在のタスクに追加される継続処理を強制的に非同期実行します。

RunContinuationsAsynchronouslyメンバーは、.NET Framework 4.6 以降の列挙で使用できますTaskCreationOptions

注釈

列挙型は TaskCreationOptions 、次のメソッドで使用されます。

  • TaskFactory TaskFactory<TResult>タスク ファクトリによって作成されるタスクの既定のオプションを指定するパラメーターを持つcreationOptionsコンストラクター。

  • Task<TResult>タスクのTask動作をcreationOptionsカスタマイズするために使用するオプションを指定するパラメーターを持つコンストラクター。

  • StartNewタスクのStartNew動作をcreationOptionsカスタマイズするために使用するオプションを指定するパラメーターを持つメソッド。

  • FromAsyncパラメーターをcreationOptions持つメソッドとFromAsync、指定した完了時に終了メソッドを実行するタスクの動作をカスタマイズするために使用するオプションを指定IAsyncResultします。

  • TaskCompletionSource<TResult>基になるタスクの動作をcreationOptionsカスタマイズするために使用するオプションを指定するパラメーターを持つコンストラクター。

適用対象

こちらもご覧ください