WaitCallback 代理人

定義

スレッド プール スレッドが実行するコールバック メソッドを表します。Represents a callback method to be executed by a thread pool thread.

public delegate void WaitCallback(System::Object ^ state);
public delegate void WaitCallback(object state);
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public delegate void WaitCallback(object state);
type WaitCallback = delegate of obj -> unit
Public Delegate Sub WaitCallback(state As Object)

パラメーター

state
Object

コールバック メソッドが使用する情報を格納したオブジェクト。An object containing information to be used by the callback method.

継承
WaitCallback
属性

注釈

WaitCallback は、ThreadPool のスレッドで実行するコールバックメソッドを表します。WaitCallback represents a callback method that you want to execute on a ThreadPool thread. コールバックメソッドを WaitCallback コンストラクターに渡すことによって、デリゲートを作成します。Create the delegate by passing your callback method to the WaitCallback constructor. メソッドには、ここに示す署名が必要です。Your method must have the signature shown here.

WaitCallback デリゲートを ThreadPool.QueueUserWorkItemに渡すことによって、実行するメソッドをキューに置いてください。Queue the method for execution by passing the WaitCallback delegate to ThreadPool.QueueUserWorkItem. コールバックメソッドは、スレッドプールスレッドが使用可能になったときに実行されます。The callback method executes when a thread pool thread becomes available.

注意

Visual Basic ユーザーは、WaitCallback コンストラクターを省略できます。また、コールバックメソッドを QueueUserWorkItemに渡すときに AddressOf 演算子を使用するだけです。Visual Basic users can omit the WaitCallback constructor, and simply use the AddressOf operator when passing the callback method to QueueUserWorkItem. Visual Basic は、正しいデリゲートコンストラクターを自動的に呼び出します。Visual Basic automatically calls the correct delegate constructor.

コールバックメソッドに情報を渡す場合は、必要な情報を含むオブジェクトを作成し、2番目の引数として QueueUserWorkItem(WaitCallback, Object) メソッドに渡します。If you want to pass information to the callback method, create an object that contains the necessary information and pass it to the QueueUserWorkItem(WaitCallback, Object) method as the second argument. コールバックメソッドが実行されるたびに、state パラメーターにこのオブジェクトが格納されます。Each time the callback method executes, the state parameter contains this object.

WaitCallback デリゲートを使用する例については、「ThreadPool.QueueUserWorkItem メソッド」を参照してください。For examples that use the WaitCallback delegate, see the ThreadPool.QueueUserWorkItem method.

スレッドプールの詳細については、「マネージスレッドプール」を参照してください。For more information about the thread pool, see The managed thread pool.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象

こちらもご覧ください