TimeZoneInfo.Local プロパティ

定義

ローカル タイム ゾーンを表す TimeZoneInfo オブジェクトを取得します。

public:
 static property TimeZoneInfo ^ Local { TimeZoneInfo ^ get(); };
public static TimeZoneInfo Local { get; }
public static TimeZoneInfo Local { [System.Security.SecurityCritical] get; }
member this.Local : TimeZoneInfo
[<get: System.Security.SecurityCritical>]
member this.Local : TimeZoneInfo
Public Shared ReadOnly Property Local As TimeZoneInfo

プロパティ値

TimeZoneInfo

ローカル タイム ゾーンを表すオブジェクト。

属性

次の例では、ローカル タイム ゾーンを表す オブジェクトを取得し、その表示名、標準時刻名、夏時間名 TimeZoneInfo を出力します。

using System;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      TimeZoneInfo localZone = TimeZoneInfo.Local;
      Console.WriteLine("Local Time Zone ID: {0}", localZone.Id);
      Console.WriteLine("   Display Name is: {0}.", localZone.DisplayName);
      Console.WriteLine("   Standard name is: {0}.", localZone.StandardName);
      Console.WriteLine("   Daylight saving name is: {0}.", localZone.DaylightName); 
   }
}
// The example displays output like the following:
//     Local Time Zone ID: Pacific Standard Time
//        Display Name is: (UTC-08:00) Pacific Time (US & Canada).
//        Standard name is: Pacific Standard Time.
//        Daylight saving name is: Pacific Daylight Time.
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim localZone As TimeZoneInfo = TimeZoneInfo.Local
      Console.WriteLine("Local Time Zone ID: {0}", localZone.Id)
      Console.WriteLine("   Display Name is: {0}.", localZone.DisplayName)
      Console.WriteLine("   Standard name is: {0}.", localZone.StandardName)
      Console.WriteLine("   Daylight saving name is: {0}.", localZone.DaylightName) 
   End Sub
End Module
' The example displays output like the following:
'     Local Time Zone ID: Pacific Standard Time
'        Display Name is: (UTC-08:00) Pacific Time (US & Canada).
'        Standard name is: Pacific Standard Time.
'        Daylight saving name is: Pacific Daylight Time.

注釈

ローカル タイム ゾーンは、コードが実行されているコンピューター上のタイム ゾーンです。

重要

ローカル タイム ゾーンにアクセスする場合は、ローカル タイム ゾーンを TimeZoneInfo オブジェクト変数に割り当てることはせず、常に TimeZoneInfo.Local プロパティをお使いください。 これにより、TimeZoneInfo メソッド呼び出しによって ClearCachedData オブジェクト変数が無効になるのを防ぐことができます。

システムWindows、 プロパティによって返される オブジェクトには、コントロール パネル Date and Time アプリケーションの [夏時間のクロックを自動的に調整する] チェックボックスの設定 TimeZoneInfo TimeZoneInfo.Local が反映 されます。 チェック ボックスがオフの場合、ローカル タイム ゾーンのキャッシュされたコピーに夏時間情報は含めずに表示されます。 これは、次のことを意味します。

  • ローカル タイム ゾーンの メソッドは GetAdjustmentRules 、長さが 0 の配列を返します。

  • ローカル タイム ゾーンの プロパティは SupportsDaylightSavingTime を返します false

  • ローカル タイム ゾーンには、あいまいな時刻や無効な時刻はありません (すべての 呼び出しまたは を IsAmbiguousTimeIsInvalidTime します false )。

  • 個々のローカル時間を IsDaylightSavingTime 持つ へのすべての呼び出しは false を返します。

ただし、 メソッドを使用してローカル タイム ゾーンへの参照を取得した場合、これは当 FindSystemTimeZoneById てはめではありません。

プロパティ Local は、 クラスの CurrentTimeZone プロパティに対応 TimeZone します。

適用対象

こちらもご覧ください