Type.IsEquivalentTo(Type) Type.IsEquivalentTo(Type) Type.IsEquivalentTo(Type) Type.IsEquivalentTo(Type) Method

定義

2 つの COM 型が同じ ID を持ち、型の同値の対象になるかどうかを判断します。Determines whether two COM types have the same identity and are eligible for type equivalence.

public:
 virtual bool IsEquivalentTo(Type ^ other);
public virtual bool IsEquivalentTo (Type other);
abstract member IsEquivalentTo : Type -> bool
override this.IsEquivalentTo : Type -> bool
Public Overridable Function IsEquivalentTo (other As Type) As Boolean

パラメーター

other
Type Type Type Type

現在の型と等しいかどうかをテストする COM 型。The COM type that is tested for equivalence with the current type.

戻り値

両方の COM 型が等しい場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the COM types are equivalent; otherwise, false. このメソッドは、一方の型が実行のために読み込まれたアセンブリに存在し、もう一方の型がリフレクションのみのコンテキストに読み込まれたアセンブリに存在する場合にも false を返します。This method also returns false if one type is in an assembly that is loaded for execution, and the other is in an assembly that is loaded into the reflection-only context.

注釈

.NET Framework 4.NET Framework 4以降、共通言語ランタイムでは、com 型の型情報をマネージアセンブリに直接埋め込むことがサポートされています。マネージアセンブリで相互運用機能から com 型の型情報を取得する必要はありません。アセンブリ.Beginning with the .NET Framework 4.NET Framework 4, the common language runtime supports the embedding of type information for COM types directly into managed assemblies, instead of requiring the managed assemblies to obtain type information for COM types from interop assemblies. 埋め込まれる型情報にはマネージド アセンブリに実際に使用される型とメンバーのみが含まれるため、2 つのマネージド アセンブリで同じ COM 型の表示が非常に異なることが考えられます。Because the embedded type information includes only the types and members that are actually used by a managed assembly, two managed assemblies might have very different views of the same COM type. マネージド アセンブリごとに、COM 型の表示を表す異なる Type オブジェクトが与えられます。Each managed assembly has a different Type object to represent its view of the COM type. 共通言語ランタイムでは、インターフェイス、構造、列挙、委任といった異なる表示間で型の等価性が与えられます。The common language runtime supports type equivalence between these different views for interfaces, structures, enumerations, and delegates.

型の等価性とは、マネージド アセンブリ間で渡される COM オブジェクトを受け取り側のアセンブリで適切なマネージド型に変換できることを意味します。Type equivalence means that a COM object that is passed from one managed assembly to another can be cast to the appropriate managed type in the receiving assembly. IsEquivalentToメソッドを使用すると、アセンブリは、別のアセンブリから取得された com オブジェクトが、最初のアセンブリ独自の埋め込み相互運用型の1つと同じ com id を持つことを判別できます。したがって、その型にキャストできます。The IsEquivalentTo method enables an assembly to determine that a COM object obtained from another assembly has the same COM identity as one of the first assembly's own embedded interop types, and thus can be cast to that type.

詳細については、「型の等価性と埋め込み相互運用機能型」を参照してください。For more information, see Type Equivalence and Embedded Interop Types.

適用対象