HttpRuntime クラス

定義

現在のアプリケーションに ASP.NET ランタイム サービスのセットを提供します。Provides a set of ASP.NET run-time services for the current application.

public ref class HttpRuntime sealed
public sealed class HttpRuntime
type HttpRuntime = class
Public NotInheritable Class HttpRuntime
継承
HttpRuntime

次の例は、現在のアプリケーションドメインをHttpRuntime表すクラスのプロパティを取得し、ブラウザーに表示する方法を示しています。The following example demonstrates how to get properties of the HttpRuntime class representing the current application domain and display them to the browser.

<%@ Page Language="C#" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">

  void Page_Load(Object sender, System.EventArgs e)
  {
    StringBuilder sb = new StringBuilder();
    String nl = "<br />";

    sb.Append("AppDomainAppId = " + 
      HttpRuntime.AppDomainAppId + nl);
    sb.Append("AppDomainAppPath = " + 
      HttpRuntime.AppDomainAppPath + nl);
    sb.Append("AppDomainAppVirtualPath = " + 
      HttpRuntime.AppDomainAppVirtualPath + nl);
    sb.Append("AppDomainId = " + 
      HttpRuntime.AppDomainId + nl);
    sb.Append("AspInstallDirectory = " + 
      HttpRuntime.AspInstallDirectory + nl);
    sb.Append("BinDirectory = " + 
      HttpRuntime.BinDirectory + nl);
    sb.Append("ClrInstallDirectory = " + 
      HttpRuntime.ClrInstallDirectory + nl);
    sb.Append("CodegenDir = " + 
      HttpRuntime.CodegenDir + nl);
    sb.Append("IsOnUNCShare = " + 
      HttpRuntime.IsOnUNCShare.ToString() + nl);
    sb.Append("MachineConfigurationDirectory = " + 
      HttpRuntime.MachineConfigurationDirectory + nl);

    label1.Text = sb.ToString();
  }

</script>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head>
    <title>HttpRuntime Example</title>
  </head>
  <body>    
    <form id="form1" runat="server">
      <asp:label id="label1" runat="server"/>
    </form>
  </body>
</html>
<%@ Page Language="VB" %>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">

  Protected Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs)
    
    Dim sb As New StringBuilder()
    Dim nl As String = "<br />"

    sb.Append("AppDomainAppId = " & _
      HttpRuntime.AppDomainAppId & nl)
    sb.Append("AppDomainAppPath = " & _
      HttpRuntime.AppDomainAppPath & nl)
    sb.Append("AppDomainAppVirtualPath = " & _
      HttpRuntime.AppDomainAppVirtualPath & nl)
    sb.Append("AppDomainId = " & _
      HttpRuntime.AppDomainId & nl)
    sb.Append("AspInstallDirectory = " & _
      HttpRuntime.AspInstallDirectory & nl)
    sb.Append("BinDirectory = " & _
      HttpRuntime.BinDirectory & nl)
    sb.Append("ClrInstallDirectory = " & _
      HttpRuntime.ClrInstallDirectory & nl)
    sb.Append("CodegenDir = " & _
      HttpRuntime.CodegenDir & nl)
    sb.Append("IsOnUNCShare = " & _
      HttpRuntime.IsOnUNCShare.ToString() & nl)
    sb.Append("MachineConfigurationDirectory = " & _
      HttpRuntime.MachineConfigurationDirectory & nl)

    label1.Text = sb.ToString()

  End Sub
</script>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head>
    <title>HttpRuntime Example</title>
  </head>
  <body>    
    <form id="Form1" runat="server">
      <asp:label id="label1" runat="server"/>
    </form>
  </body>
</html>

注釈

HttpRuntimeオブジェクトは、HTTP 要求を処理する ASP.NET パイプラインモデルの先頭で使用されます。The HttpRuntime object is used at the beginning of the ASP.NET pipeline model that processes HTTP requests. メソッドProcessRequestは、後続のすべての ASP.NET Web 処理を実行します。The ProcessRequest method drives all subsequent ASP.NET Web processing.

ページ開発者は、 HttpRuntimeクラスのプロパティを使用して、診断目的で現在のアプリケーションドメインに関する情報を確認できます。たとえば、のようになります。Page developers can use the HttpRuntime class properties to find out information about the current application domain for diagnostic purposes, for example. カスタムプロセスパイプラインまたはカスタムホスティング環境を作成する開発者ProcessRequestは、クラスHttpWorkerRequestまたはSimpleWorkerRequestクラスから派生したクラスからメソッドを呼び出す必要があります。Developers creating custom process pipeline or a custom hosting environment should call the ProcessRequest method from a class derived from the HttpWorkerRequest or SimpleWorkerRequest class.

コンストラクター

HttpRuntime()

HttpRuntime クラスの新しいインスタンスを初期化します。Initializes a new instance of the HttpRuntime class.

プロパティ

AppDomainAppId

HttpRuntime が存在するアプリケーション ドメインのアプリケーション ID を取得します。Gets the application identification of the application domain where the HttpRuntime exists.

AppDomainAppPath

現在のアプリケーション ドメインでホストされるアプリケーションのアプリケーション ディレクトリの物理ドライブ パスを取得します。Gets the physical drive path of the application directory for the application hosted in the current application domain.

AppDomainAppVirtualPath

現在のアプリケーション ドメインでホストされる、アプリケーションを格納するディレクトリの仮想パスを取得します。Gets the virtual path of the directory that contains the application hosted in the current application domain.

AppDomainId

HttpRuntime インスタンスが存在するアプリケーション ドメインのドメイン ID を取得します。Gets the domain identification of the application domain where the HttpRuntime instance exists.

AspClientScriptPhysicalPath

ASP.NET クライアント スクリプト ファイルのフォルダー パスを取得します。Gets the folder path for the ASP.NET client script files.

AspClientScriptVirtualPath

ASP.NET クライアント スクリプト ファイルの仮想パスを取得します。Gets the virtual path for the ASP.NET client script files.

AspInstallDirectory

ASP.NET 実行可能ファイルがインストールされているディレクトリの物理パスを取得します。Gets the physical path of the directory where the ASP.NET executable files are installed.

BinDirectory

現在のアプリケーションの /bin ディレクトリへの物理パスを取得します。Gets the physical path to the /bin directory for the current application.

Cache

現在のアプリケーションに対する Cache を取得します。Gets the Cache for the current application.

ClrInstallDirectory

共通言語ランタイムの実行可能ファイルをインストールするディレクトリを表す物理パスを取得します。Gets the physical path to the directory where the common language runtime executable files are installed.

CodegenDir

生成されたソース、コンパイルされたアセンブリなどの現在のアプリケーションの一時ファイルを ASP.NET で格納する場合に使用する、ディレクトリを表す物理パスを取得します。Gets the physical path to the directory where ASP.NET stores temporary files (generated sources, compiled assemblies, and so on) for the current application.

IISVersion

このアプリケーションをホストする IIS のバージョンを取得します。Gets the version of IIS that is hosting this application.

IsOnUNCShare

アプリケーションを UNC (universal naming convention) 共有に割り当てるかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the application is mapped to a universal naming convention (UNC) share.

MachineConfigurationDirectory

現在のアプリケーションの Machine.config ファイルを格納するディレクトリを表す物理パスを取得します。Gets the physical path to the directory where the Machine.config file for the current application is located.

TargetFramework

現在の Web アプリケーションが対象とする .NET Framework のバージョンを取得します。Gets the version of the .NET Framework that the current web application targets.

UsingIntegratedPipeline

現在のアプリケーションが IIS 7.0IIS 7.0 の統合パイプライン モードで実行されているかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the current application is running in the integrated-pipeline mode of IIS 7.0IIS 7.0.

WebObjectActivator

依存関係挿入をサポートするための IServiceProvider インスタンスを取得または設定します。Gets or sets the IServiceProvider instance for dependency injection support.

メソッド

Close()

HttpRuntime インスタンスを終了します。Shuts down the HttpRuntime instance.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetNamedPermissionSet()

コード グループに関連付けられているアクセス許可のセットを返します。Returns the set of permissions associated with code groups.

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ProcessRequest(HttpWorkerRequest)

すべての ASP.NET Web 処理の実行を制御します。Drives all ASP.NET Web processing execution.

ToString()

現在のオブジェクトを表す string を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)
UnloadAppDomain()

現在のアプリケーションを終了します。Terminates the current application. アプリケーションに対する要求を次回受信したとき、アプリケーションは再起動されます。The application restarts the next time a request is received for it.

適用対象

こちらもご覧ください