WindowsAuthenticationModule クラス

定義

Windows 認証が有効な場合、ASP.NET アプリケーションに対してユーザーの ID を設定します。Sets the identity of the user for an ASP.NET application when Windows authentication is enabled. このクラスは継承できません。This class cannot be inherited.

public ref class WindowsAuthenticationModule sealed : System::Web::IHttpModule
public sealed class WindowsAuthenticationModule : System.Web.IHttpModule
type WindowsAuthenticationModule = class
    interface IHttpModule
Public NotInheritable Class WindowsAuthenticationModule
Implements IHttpModule
継承
WindowsAuthenticationModule
実装

次のコード例では、 WindowsAuthentication_OnAuthenticate イベントを使用して User 、現在ののプロパティを HttpContext カスタムオブジェクトに設定し IPrincipal ます。The following code example uses the WindowsAuthentication_OnAuthenticate event to set the User property of the current HttpContext to a custom IPrincipal object.

public void WindowsAuthentication_OnAuthenticate(object sender, WindowsAuthenticationEventArgs args)
{
  if (!args.Identity.IsAnonymous)
  {
    args.User = new Samples.AspNet.Security.MyPrincipal(args.Identity);
  }
}
Public Sub WindowsAuthentication_OnAuthenticate(sender As Object, args As WindowsAuthenticationEventArgs)
  If Not args.Identity.IsAnonymous Then
    args.User = New Samples.AspNet.Security.MyPrincipal(args.Identity)
  End If
End Sub

注釈

認証がに設定されている場合、では、現在の Mode Windows WindowsAuthenticationModule User のプロパティが、現在の HttpContext IPrincipal 要求に対して IIS によって提供される Windows id を表すオブジェクトに設定されます。When the authentication Mode is set to Windows, the WindowsAuthenticationModule sets the User property of the current HttpContext to an IPrincipal object that represents the Windows identity supplied by IIS for the current request. IIS が匿名認証を使用する場合、は WindowsAuthenticationModule メソッドによって返された id を使用し GetAnonymous ます。If IIS uses anonymous authentication, then the WindowsAuthenticationModule uses the identity returned by the GetAnonymous method.

は、 WindowsAuthenticationModule Authenticate IPrincipal User 現在ののプロパティにカスタムオブジェクトを提供できるようにするイベントを公開し HttpContext ます。The WindowsAuthenticationModule exposes an Authenticate event that enables you to provide a custom IPrincipal object for the User property of the current HttpContext. この Authenticate イベントにアクセスするには、ASP.NET アプリケーションの global.asax ファイルに WindowsAuthentication_OnAuthenticate という名前のサブルーチンを指定します。The Authenticate event is accessed by specifying a subroutine named WindowsAuthentication_OnAuthenticate in the Global.asax file for your ASP.NET application.

注意

IIS 7.0 では、クラスを WindowsAuthenticationModule クラスと共に使用する FormsAuthenticationModule ことはサポートされていません。In IIS 7.0, using the WindowsAuthenticationModule class with the FormsAuthenticationModule class is not supported. 統合モードでの互換性の問題の詳細については、「 ASP.NET アプリケーションを iis 6.0 から iis 7.0 に移動する」を参照してください。For more information about compatibility issues in Integrated mode, see Moving an ASP.NET Application from IIS 6.0 to IIS 7.0.

コンストラクター

WindowsAuthenticationModule()

WindowsAuthenticationModule クラスのインスタンスを作成します。Creates an instance of the WindowsAuthenticationModule class.

メソッド

Dispose()

WindowsAuthenticationModule で使用されていたすべてのリソース (メモリを除く) を解放します。Releases all resources, other than memory, used by the WindowsAuthenticationModule.

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。Determines whether the specified object is equal to the current object.

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。Serves as the default hash function.

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。Gets the Type of the current instance.

(継承元 Object)
Init(HttpApplication)

WindowsAuthenticationModule オブジェクトを初期化します。Initializes the WindowsAuthenticationModule object.

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。Creates a shallow copy of the current Object.

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。Returns a string that represents the current object.

(継承元 Object)

イベント

Authenticate

アプリケーションが現在の要求を認証するときに発生します。Occurs when the application authenticates the current request.

適用対象

こちらもご覧ください