Control.DataBind Control.DataBind Control.DataBind Control.DataBind Method

定義

呼び出されたサーバー コントロールと、そのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls.

オーバーロード

DataBind() DataBind() DataBind() DataBind()

呼び出されたサーバー コントロールと、そのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls.

DataBind(Boolean) DataBind(Boolean) DataBind(Boolean) DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls with an option to raise the DataBinding event.

DataBind() DataBind() DataBind() DataBind()

呼び出されたサーバー コントロールと、そのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls.

public:
 virtual void DataBind();
public virtual void DataBind ();
abstract member DataBind : unit -> unit
override this.DataBind : unit -> unit
Public Overridable Sub DataBind ()

次の例では、上書き、DataBindカスタム ASP.NET サーバー コントロール。The following example overrides the DataBind method in a custom ASP.NET server control. ベースを呼び出すことによって開始OnDataBindingメソッドおよび、使用、ControlCollection.Clearメソッドは、すべての子コントロールを削除して、ClearChildViewState削除するためのメソッドが、それらの子コントロールのビューステートの設定を保存します。It begins by calling the base OnDataBinding method and then uses the ControlCollection.Clear method to delete all the child controls and the ClearChildViewState method to delete any saved view-state settings for those child controls. 最後に、ChildControlsCreatedプロパティに設定されてtrueコントロールが使用して、新しく作成されたコントロールのビューステートの変化を追跡するように指示し、TrackViewStateメソッド。Finally, the ChildControlsCreated property is set to true and the control is instructed to track any changes to the view state of the newly created controls with the TrackViewState method. これは、新しいデータ コントロールへのデータ バインディングを以前に格納されているデータと競合しない場合の一般的な手法DataBindメソッドの呼び出し。This is a common technique when binding data to a control to ensure that new data does not conflict with data stored from a previous DataBind method call.

public override void DataBind() 
{
   base.OnDataBinding(EventArgs.Empty);
   // Reset the control's state.
   Controls.Clear();
   // Check for HasChildViewState to avoid unnecessary calls to ClearChildViewState.
   if (HasChildViewState)
      ClearChildViewState();
   ChildControlsCreated = true;
   if (!IsTrackingViewState)
      TrackViewState();
}
Public Overrides Sub DataBind()
   MyBase.OnDataBinding(EventArgs.Empty)
   ' Reset the control's state.
   Controls.Clear()
   ' Check for HasChildViewState to avoid unnecessary calls to ClearChildViewState.
   If HasChildViewState Then
      ClearChildViewState()
   End If
   ChildControlsCreated = True
   If Not IsTrackingViewState Then
      TrackViewState()
   End If
End Sub

注釈

ソースからデータをサーバー コントロールをバインドするのにには、このメソッドを使用します。Use this method to bind data from a source to a server control. このメソッドは、データベース クエリでデータセットの取得後に通常使用されます。This method is commonly used after retrieving a dataset through a database query. ほとんどのコントロールは、通常必要はありませんを明示的にこのメソッドを呼び出すことを意味するバインディングを自動的にデータを実行します。Most controls perform data binding automatically, which means that you typically do not need to call this method explicitly.

カスタム テンプレート化されたデータ バインド コントロールを作成するときに、このメソッドはオーバーライド一般的です。This method is commonly overridden when you create a custom templated data-bound control. 詳細については、「方法 :テンプレート化された ASP.NET ユーザー コントロールを作成データ主体のカスタム Web サーバー コントロールの開発します。For more information, see How to: Create Templated ASP.NET User Controls and Developing Custom Data-Bound Web Server Controls. サーバー コントロールで呼び出されると、このメソッドは、サーバー コントロールとその子コントロールのすべてのデータ バインディング式を解決します。When called on a server control, this method resolves all data-binding expressions in the server control and in any of its child controls.

こちらもご覧ください

DataBind(Boolean) DataBind(Boolean) DataBind(Boolean) DataBind(Boolean)

DataBinding イベントを発生させるオプションを指定して、呼び出されたサーバー コントロールとそのすべての子コントロールにデータ ソースをバインドします。Binds a data source to the invoked server control and all its child controls with an option to raise the DataBinding event.

protected:
 virtual void DataBind(bool raiseOnDataBinding);
protected virtual void DataBind (bool raiseOnDataBinding);
abstract member DataBind : bool -> unit
override this.DataBind : bool -> unit
Protected Overridable Sub DataBind (raiseOnDataBinding As Boolean)

パラメーター

raiseOnDataBinding
Boolean Boolean Boolean Boolean

DataBinding イベントが発生する場合は true。それ以外の場合は falsetrue if the DataBinding event is raised; otherwise, false.

注釈

使用して、Control.DataBind(Boolean)メソッド、カスタム コントロールをオーバーライドするときのシナリオでは、DataBindメソッドを実装、IDataItemContainerインターフェイス。Use the Control.DataBind(Boolean) method in a scenario when your custom control overrides the DataBind method and implements the IDataItemContainer interface. カスタム コントロールを呼び出し、このシナリオでは、Control.DataBind(Boolean)メソッドraiseOnDataBindingに設定false、基本クラスのことを確認するDataBindメソッドが呼び出されます。In this scenario, the custom control calls the Control.DataBind(Boolean) method with raiseOnDataBinding set to false to ensure that the base class's DataBind method gets called.

Control.DataBind()メソッドを呼び出す、Control.DataBind(Boolean)メソッドraiseOnDataBindingに設定trueします。The Control.DataBind() method invokes the Control.DataBind(Boolean) method with raiseOnDataBinding set to true.

注意

呼び出す、Control.DataBind(Boolean)メソッドraiseOnDataBindingに設定false任意の子コントロールをデータにバインドするが、Control.DataBind()メソッド。Calling the Control.DataBind(Boolean) method with raiseOnDataBinding set to false causes any child controls to be data bound with the Control.DataBind() method.

こちらもご覧ください

適用対象