Control.ViewState プロパティ

定義

同一のページに対する複数の要求にわたって、サーバー コントロールのビューステートを保存し、復元できるようにする状態情報のディクショナリを取得します。

protected:
 virtual property System::Web::UI::StateBag ^ ViewState { System::Web::UI::StateBag ^ get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
protected virtual System.Web.UI.StateBag ViewState { get; }
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.ViewState : System.Web.UI.StateBag
Protected Overridable ReadOnly Property ViewState As StateBag

プロパティ値

StateBag

サーバー コントロールのビューステートの情報を格納している StateBag クラスのインスタンス。

属性

次の例では、 Text コントロールのプロパティから値を格納して取得するプロパティを実装する方法を示し ViewState ます。

// Add property values to view state with set;
// retrieve them from view state with get.
public String Text
{
    get 
    { 
        object o = ViewState["Text"]; 
        return (o == null)? String.Empty : (string)o;
    }

    set
    {
        ViewState["Text"] = value;
    }
}

' Add property values to view state with set; 
' retrieve them from view state with get.
Public Property [Text]() As String
    Get
        Dim o As Object = ViewState("Text")
        If (IsNothing(o)) Then
            Return String.Empty
        Else
            Return CStr(o)
        End If
    End Get
    Set(ByVal value As String)
        ViewState("Text") = value
    End Set
End Property

注釈

サーバーコントロールのビューステートは、すべてのプロパティ値を累積したものです。 これらの値を HTTP 要求間で保持するために、ASP.NET サーバーコントロールは、クラスのインスタンスであるこのプロパティを使用し StateBag て、プロパティ値を格納します。 値は、後続の要求が処理されるときに、HTML 非表示の input 要素に変数として渡されます。 サーバーコントロールのビューステートを保存する方法の詳細については、「 ASP.NET State Management の概要」を参照してください。

既定では、すべてのサーバーコントロールに対してビューステートが有効になっていますが、無効にする必要がある状況もあります。 詳細については、「 ASP.NET Performance の概要」を参照してください。

ディクショナリとその使用方法の詳細については、「 コレクションとデータ構造体」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください