StateManagedCollection.IStateManager.SaveViewState メソッド

定義

ページがサーバーにポストバックされた時間以降に発生した、StateManagedCollection コレクションとその各 IStateManager オブジェクトへの変更を保存します。

 virtual System::Object ^ System.Web.UI.IStateManager.SaveViewState() = System::Web::UI::IStateManager::SaveViewState;
object IStateManager.SaveViewState ();
abstract member System.Web.UI.IStateManager.SaveViewState : unit -> obj
override this.System.Web.UI.IStateManager.SaveViewState : unit -> obj
Function SaveViewState () As Object Implements IStateManager.SaveViewState

戻り値

Object

StateManagedCollection とそれに含まれる項目のビューステートへの変更を格納しているオブジェクト。 ビューステートがコレクションとその要素に関連付けられていない場合、このメソッドは null を返します。

実装

注釈

このメソッドは、主にコントロールの開発者によって使用されます。

ビューステートは、サーバー コントロールのプロパティの値の累積です。 これらの値は、クラスのインスタンスであるサーバー コントロールの ViewState プロパティに自動的に StateBag 配置されます。 このプロパティの値は、サーバー コントロールのライフ サイクルの保存状態ステージの後に文字列オブジェクトに保持されます。 詳細については、「ASP.NET Web サーバー コントロール」を参照してください。

ビュー ステートが保存されると、この文字列オブジェクトは、HTML 非表示要素 (<input type="hidden">) に格納されている変数としてクライアントに返されます。 カスタム サーバー コントロールを作成するときに、このメソッドをオーバーライドし、サーバー コントロールの ViewState プロパティを変更することで、効率を向上させることができます。 詳細については、「ASP.NET Web サーバー コントロールASP.NET 状態管理の概要」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください