DataGridColumn クラス

定義

DataGrid コントロールのさまざまな列型の基底クラスとして機能します。

public ref class DataGridColumn abstract : System::Web::UI::IStateManager
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.ExpandableObjectConverter))]
public abstract class DataGridColumn : System.Web.UI.IStateManager
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.ExpandableObjectConverter))>]
type DataGridColumn = class
    interface IStateManager
Public MustInherit Class DataGridColumn
Implements IStateManager
継承
DataGridColumn
派生
属性
実装

注釈

この DataGridColumn クラスは、コントロールのすべての列型の DataGrid 基底クラスです。 すべての列の型に共通するプロパティとメソッドを定義します。 クラスの DataGridColumn インスタンスは直接作成されません。

コンストラクター

DataGridColumn()

DataGridColumn クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

DesignMode

列がデザイン モードかどうかを示す値を取得します。

FooterStyle

列のフッター セクションのスタイル プロパティを取得します。

FooterText

列のフッター セクションに表示されるテキストを取得または設定します。

HeaderImageUrl

列のヘッダー セクションに表示するイメージの位置を取得または設定します。

HeaderStyle

列のヘッダー セクションのスタイル プロパティを取得します。

HeaderText

列のヘッダー セクションに表示されるテキストを取得または設定します。

IsTrackingViewState

DataGridColumn オブジェクトが状態を保存するようにマークされているかどうかを判断する値を取得します。

ItemStyle

列の項目セルのスタイル プロパティを取得します。

Owner

列がメンバーとして含まれている DataGrid コントロールを取得します。

SortExpression

並べ替えのために列が選択された場合に、OnSortCommand(DataGridSortCommandEventArgs) メソッドに渡されるフィールドの名前または式を、取得または設定します。

ViewState

StateBag クラスから派生した列がそのプロパティを格納できるようにする DataGridColumn オブジェクトを取得します。

Visible

DataGrid コントロールに列を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
Initialize()

DataGridColumn クラスから派生した列を初期状態にリセットする基本実装を提供します。

InitializeCell(TableCell, Int32, ListItemType)

DataGridColumn クラスから派生した列の指定したセルをその初期状態にリセットする基本の実装を提供します。

LoadViewState(Object)

DataGridColumn オブジェクトの状態を読み込みます。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnColumnChanged()

OnColumnsChanged() メソッドを呼び出します。

SaveViewState()

DataGridColumn オブジェクトの現在の状態を保存します。

ToString()

列の文字列形式を返します。

TrackViewState()

サーバー コントロールにビューステートの変更を追跡させ、サーバー コントロールの StateBag オブジェクトに変更を格納できるようにします。

明示的なインターフェイスの実装

IStateManager.IsTrackingViewState

列がビューステートの変化を追跡しているかどうかを示す値を取得します。

IStateManager.LoadViewState(Object)

以前に保存した状態を読み込みます。

IStateManager.SaveViewState()

状態の変化を示すオブジェクトを返します。

IStateManager.TrackViewState()

状態変化の追跡を開始します。

適用対象