EntityDataSource.Inserted イベント

定義

データ ソースで新しいオブジェクトが作成された後に発生します。Occurs after a new object is created at the data source.

public:
 event EventHandler<System::Web::UI::WebControls::EntityDataSourceChangedEventArgs ^> ^ Inserted;
public event EventHandler<System.Web.UI.WebControls.EntityDataSourceChangedEventArgs> Inserted;
member this.Inserted : EventHandler<System.Web.UI.WebControls.EntityDataSourceChangedEventArgs> 
Public Custom Event Inserted As EventHandler(Of EntityDataSourceChangedEventArgs) 

イベントの種類

EventHandler<EntityDataSourceChangedEventArgs>

注釈

イベントは、追加された Inserted オブジェクトがデータソースで作成されたとき、またはオブジェクトデータがデータソースに保存されているときにエラーが発生した場合に発生します。The Inserted event is raised when the added object is created in the data source or if an error has occurred when the object data is persisted to the data source. オブジェクトのプロパティは、追加された Entity EntityDataSourceChangedEventArgs オブジェクトにアクセスするために使用されます。The Entity property of the EntityDataSourceChangedEventArgs object is used to access the added object.

このオブジェクトのプロパティには、データソースによって生成された値を含む、データソースから返される値が含まれます。The properties of this object contain values that are returned from the data source, including any data source-generated values.

オブジェクトがデータソースに永続化されているときにエラーが発生した場合は、 Inserted イベントが発生し、 Exception オブジェクトのプロパティは返されたに EntityDataSourceChangedEventArgs 設定され Exception ます。If an error occurs when an object is persisted to the data source, the Inserted event is raised and the Exception property of the EntityDataSourceChangedEventArgs object is set to the returned Exception. イベントハンドラーで例外を処理する場合は、 Inserted ExceptionHandled プロパティをに設定し true ます。If you handle the exception in the Inserted event handler, set the ExceptionHandled property to true. これにより、例外が再度発生するのを防ぐことができます。This prevents the exception from being raised again. プロパティに値を指定すると、 false ExceptionHandled は例外を EntityDataSource 再発生させます。When you specify a value of false for the ExceptionHandled property, the EntityDataSource re-raises the exception.

適用対象