ObjectDataSource.Selecting イベント

定義

Select() 操作の前に発生します。Occurs before a Select() operation.

public:
 event System::Web::UI::WebControls::ObjectDataSourceSelectingEventHandler ^ Selecting;
public event System.Web.UI.WebControls.ObjectDataSourceSelectingEventHandler Selecting;
member this.Selecting : System.Web.UI.WebControls.ObjectDataSourceSelectingEventHandler 
Public Custom Event Selecting As ObjectDataSourceSelectingEventHandler 

イベントの種類

ObjectDataSourceSelectingEventHandler

注釈

Selectingアプリケーションに固有の追加の初期化を実行したり、パラメーターの値を検証したり、コントロールがデータ取得操作を実行する前にパラメーター値を変更したりするために、イベントを処理し ObjectDataSource ます。Handle the Selecting event to perform additional initialization that is specific to your application, to validate the values of parameters, or to change the parameter values before the ObjectDataSource control performs the data retrieval operation. パラメーターは、 IDictionary オブジェクトによって公開されるプロパティによってアクセスされるコレクションとして使用でき InputParameters ObjectDataSourceMethodEventArgs ます。The parameters are available as an IDictionary collection that is accessed by the InputParameters property, which is exposed by the ObjectDataSourceMethodEventArgs object.

このイベントは、 Select プロパティが設定されている場合に、メソッドの1回の呼び出しに対して2回発生することがあり SelectCountMethod ます。This event can be fired twice for a single call to the Select method, if the SelectCountMethod property is set. ExecutingSelectCountオブジェクトのプロパティは、 ObjectDataSourceSelectingEventArgs select がデータの取得またはカウントの取得のために呼び出されたかどうかを判断するために使用されます。The ExecutingSelectCount property of the ObjectDataSourceSelectingEventArgs object is used to determine if select was called to retrieve data or retrieve the count.

イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。For more information about how to handle events, see Handling and Raising Events.

適用対象

こちらもご覧ください