TreeNodeBinding.ValueField プロパティ

定義

データ ソースからフィールドの名前を取得または設定し、Value オブジェクトが適用される TreeNode オブジェクトの TreeNodeBinding プロパティにバインドします。

public:
 property System::String ^ ValueField { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Web.UI.Design.DataSourceViewSchemaConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string ValueField { get; set; }
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Web.UI.Design.DataSourceViewSchemaConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")]
public string ValueField { get; set; }
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Web.UI.Design.DataSourceViewSchemaConverter, System.Design, Version=2.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
member this.ValueField : string with get, set
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Web.UI.Design.DataSourceViewSchemaConverter, System.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a")>]
member this.ValueField : string with get, set
Public Property ValueField As String

プロパティ値

String

Value オブジェクトが適用される TreeNode オブジェクトの TreeNodeBinding プロパティにバインドするフィールドの名前。 既定値は空の文字列 ("") です。ValueField プロパティが設定されていないことを示します。

属性

このセクションには、2 つのコード例が含まれています。 最初のコード例では、プロパティを使用して、オブジェクトが ValueField 適用されるオブジェクトのプロパティにバインドする Value XML 要素の TreeNode 属性を指定する方法を TreeNodeBinding 示します。 2 番目のコード例では、最初のコード例のサンプル XML データを提供します。

次の例では、プロパティを ValueField 使用して、オブジェクトが適用されるオブジェクトのプロパティにバインドする Value XML 要素の TreeNode 属性を指定する方法を TreeNodeBinding 示します。 この例を正しく機能させるには、このコード例の後に提供されるサンプル XML データを、Booklist.xmlという名前のファイルにコピーする必要があります。


<%@ Page Language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>TreeViewBinding Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>TreeViewBinding Example</h3>
    
      <!-- Set the TextField, ImageUrlField, NavigateUrlField, -->
      <!-- ValueField, and ToolTipField properties of a    -->
      <!-- TreeNodeBinding object declaratively.         -->
      <asp:TreeView id="BookTreeView" 
        DataSourceID="BookXmlDataSource"
        Target="_blank" 
        runat="server">
          
        <DataBindings>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Books" 
            Depth="0" 
            TextField="Text"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Book" 
            Depth="1" 
            TextField="Text" 
            ImageUrlField="Image"
            ImageToolTipField="ImageToolTip" 
            NavigateUrlField="Nav" 
            ValueField="Value" 
            ToolTipField="Tip"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Description" 
            Depth="2" 
            TextField="Text"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Price" 
            Depth="2" 
            TextField="Value"/>
        </DataBindings>
         
      </asp:TreeView>
      
      <asp:XmlDataSource id="BookXmlDataSource"  
        DataFile="Booklist.xml"
        runat="server">
      </asp:XmlDataSource>
    
    </form>
  </body>
</html>

<%@ Page Language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
  <head runat="server">
    <title>TreeViewBinding Example</title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    
      <h3>TreeViewBinding Example</h3>
    
      <!-- Set the TextField, ImageUrlField, NavigateUrlField, -->
      <!-- ValueField, and ToolTipField properties of a    -->
      <!-- TreeNodeBinding object declaratively.         -->
      <asp:TreeView id="BookTreeView" 
        DataSourceID="BookXmlDataSource"
        Target="_blank" 
        runat="server">
          
        <DataBindings>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Books" 
            Depth="0" 
            TextField="Text"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Book" 
            Depth="1" 
            TextField="Text" 
            ImageUrlField="Image"
            ImageToolTipField="ImageToolTip" 
            NavigateUrlField="Nav" 
            ValueField="Value" 
            ToolTipField="Tip"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Description" 
            Depth="2" 
            TextField="Text"/>
          <asp:TreeNodeBinding DataMember="Price" 
            Depth="2" 
            TextField="Value"/>
        </DataBindings>
         
      </asp:TreeView>
      
      <asp:XmlDataSource id="BookXmlDataSource"  
        DataFile="Booklist.xml"
        runat="server">
      </asp:XmlDataSource>
    
    </form>
  </body>
</html>

次のコード例では、前のコード例のサンプル XML データを提供します。

<Books Text="Books List">  
    <Book Text="Book Title One"  
        Value="1"   
        Image="Bookimage1.jpg"  
        ImageToolTip="Book 1 Photo"   
        Nav="http://www.microsoft.com"  
        Tip="Book Title 1">  
        <Description Text="Book Description">  
        </Description>  
        <Price Value="$1.99">  
        </Price>  
        <Author Text="Author Name"  
            Value="LastName"   
            Image="Authorimage1.jpg"   
            Nav="http://www.microsoft.com"  
            Tip="Author Name">  
        </Author>  
    </Book>  
    <Book Text="Book Title Two"  
        Value="2"   
        Image="Bookimage2.jpg"  
        ImageToolTip="Book 2 Photo"   
        Nav="http://www.microsoft.com"  
        Tip="Click Me">  
        <Description Text="Book Description">  
        </Description>  
        <Price Value="$2.99">  
        </Price>  
        <Author Text="Author Name"  
            Value="LastName"   
            Image="Authorimage2.jpg"   
            Nav="http://www.microsoft.com"  
            Tip="Author Name">  
        </Author>  
    </Book>  
</Books>  

注釈

コントロールがTreeViewデータ ソースにバインドされている場合は、プロパティをValueField使用して、オブジェクトのプロパティにバインドするフィールド名をValueTreeNode指定します。 このバインディング リレーションシップは、オブジェクトが適用されるすべての TreeNode オブジェクトに TreeNodeBinding 影響します。 この Value プロパティは、オブジェクトが Text 適用されるノードに関連付けられている追加データを格納することによって、プロパティを TreeNodeBinding 補完するために使用されます。 この値はコントロールに表示されず、ポストバック イベントを処理するためのデータを格納するために一般的に使用されます。

注意

各ノードのプロパティを ValueField 直接設定することで、プロパティを Value 選択的にオーバーライドできます。

プロパティをValueField使用してオブジェクトのTreeNodeプロパティをValueフィールドにバインドする代わりに、プロパティをValue設定することで、プロパティを固定値にValue設定できます。

注意

データ ソースに複数のフィールドが含まれている場合は、適切なフィールドにバインドするために、最初に Depth プロパティまたは DataMember プロパティ、または両方のプロパティを設定する必要があります。

このプロパティの値は、ビューステートに格納されます。

適用対象

こちらもご覧ください