WebControl.SupportsDisabledAttribute プロパティ

定義

コントロールの disabled プロパティが IsEnabled の場合、レンダリングされた HTML 要素の false 属性を "無効" に設定するかどうかを示す値を取得します。Gets a value that indicates whether the control should set the disabled attribute of the rendered HTML element to "disabled" when the control's IsEnabled property is false.

public:
 virtual property bool SupportsDisabledAttribute { bool get(); };
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public virtual bool SupportsDisabledAttribute { get; }
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.SupportsDisabledAttribute : bool
Public Overridable ReadOnly Property SupportsDisabledAttribute As Boolean

プロパティ値

Boolean

常に trueAlways true.

属性

次の例は、無効なコントロールのマークアップを示してい Label ます。The following example shows markup for a disabled Label control:

<asp:Label id="Label1" runat="server" Text="Test" Enabled="false"/>

ASP.NET 3.5 以前のバージョンでは、このマークアップは次の HTML をレンダリングします。In ASP.NET 3.5 and earlier versions, this markup renders the following HTML:

<span id="Label1" disabled="disabled">Test</span>

ASP.NET 4 では、プロパティの値 RenderingCompatibility が4.0 以上で、 DisabledCssClass プロパティが既定値に設定されている場合、同じマークアップによって次の HTML がレンダリングされます。In ASP.NET 4, if the value of the RenderingCompatibility property is 4.0 or greater, and if the DisabledCssClass property is set to its default value, the same markup renders the following HTML:

<span id="Label1" class="aspNetDisabled">Test</span>

注釈

派生クラスでは、このプロパティは、コントロールが無効になっている場合に、ASP.NET がコントロールの HTML を表示する方法を示します。In derived classes, this property indicates how ASP.NET should render HTML for a control when the control is disabled.

ASP.NET Web コントロールの無効化Disabling ASP.NET Web Controls

EnabledASP.NET コントロールのプロパティがに設定されている場合 false (つまり、コントロールが無効になっている場合)、ASP.NET はページ内にコントロールをレンダリングしますが、無効の状態 (通常は淡色表示) で表示します。When the Enabled property of an ASP.NET control is set to false (that is, when the control is disabled), the intent is that ASP.NET should render the control in the page, but display it in a disabled state (typically dimmed). 親コントロールが無効になっている場合は、そのコントロールの子も無効として表示されます。If a parent control is disabled, children of that control are also displayed as disabled. その場合、子コントロールのプロパティ IsEnabled は、 false プロパティがに設定されている場合でも、に設定され Enabled true ます。In that case, the child control's IsEnabled property is set to false, even though its Enabled property might be set to true.

ASP.NET 3.5 以前のバージョンでは、コントロールのプロパティがの場合、 IsEnabled false ASP.NET は、 disabled コントロール用に表示される HTML 要素で属性を "disabled" に設定します。In ASP.NET 3.5 and earlier versions, when a control's IsEnabled property is false, ASP.NET sets the disabled attribute to "disabled" in the HTML element that it renders for the control. ただし、HTML 4.01 標準では、 disabled ユーザー入力に使用される特定の要素に対してのみ属性が許可されます。However, the HTML 4.01 standard allows the disabled attribute only on certain elements that are used for user input. たとえば、属性は要素に対して許可され disabled input ますが、要素には使用できません spanFor example, the disabled attribute is allowed for input elements, but not for span elements.

ほとんどのブラウザーでは、属性を持つ表示のみの要素に対して既定で無効になっている外観がサポートされてい disabled ます。Most browsers support a default disabled appearance for display-only elements that have disabled attributes. ただし、HTML 標準に準拠するために、ASP.NET 4 では既定で無効な属性が省略されています。However, in order to comply with HTML standards, by default ASP.NET 4 omits invalid attributes.

SupportsDisabledAttribute プロパティの使用方法How the SupportsDisabledAttribute Property is Used

SupportsDisabledAttributeプロパティがの場合 true 、ASP.NET は、 disabled コントロールが無効になったときに属性をレンダリングします。If the SupportsDisabledAttribute property is true, ASP.NET renders a disabled attribute when the control is disabled. このプロパティがの場合 false 、ASP.NET class は、コントロールが無効になったときに属性を表示します。If this property is false, ASP.NET renders a class attribute when the control is disabled.

派生クラスは false 、次の条件がすべて満たされた場合にを返すように、このプロパティをオーバーライドします。Derived classes override this property to return false if all the following conditions are true:

  • コントロールは、属性をサポートしていない HTML 要素をレンダリングし disabled ます。The control renders an HTML element that does not support the disabled attribute.

  • プロパティは、 RenderingCompatibility ASP.NET のバージョン番号が4.0 未満であることを示します。The RenderingCompatibility property indicates an ASP.NET version number lower than 4.0.

プロパティは、 SupportsDisabledAttribute コントロールに対して表示される HTML 要素が属性をサポートしている (許可されている) かどうかを示すとは限りません disabledThe SupportsDisabledAttribute property does not necessarily indicate whether the HTML element that is rendered for a control supports (allows) the disabled attribute. コントロールのプロパティが RenderingCompatibility 4.0 より低い ASP.NET のバージョン番号を示している場合、 SupportsDisabledAttribute レンダリングされた HTML が true 属性をサポートしていない場合でも、コントロールのプロパティの値はを返す可能性があり disabled ます。If a control's RenderingCompatibility property indicates an ASP.NET version number lower than 4.0, the value of the control's SupportsDisabledAttribute property might return true even if the rendered HTML does not support the disabled attribute.

無効なコントロールの旧バージョンとの互換性Backward Compatibility for Disabled Controls

Visual Studio を使用して、以前のバージョンの Web プロジェクトを ASP.NET 4 にアップグレードすると、Visual Studio によって、 controlRenderingCompatibilityVersion (プロパティを設定する) Web.config ファイルの属性が、 RenderingCompatibility 以前のバージョン番号に自動的に設定されます。When you use Visual Studio to upgrade a Web project to ASP.NET 4 from an earlier version, Visual Studio automatically sets the controlRenderingCompatibilityVersion attribute in the Web.config file (which sets the RenderingCompatibility property) to the earlier version number. SupportsDisabledAttributeこのプロパティは、プロパティが4.0 未満の場合は常にを返し true ます。そのため RenderingCompatibility 、Web コントロールでは、以前のバージョンの場合と同じように、無効なコントロールに対して HTML がレンダリングされます。Because the SupportsDisabledAttribute property always returns true when the RenderingCompatibility property is lower than 4.0, this causes Web controls to render HTML for disabled controls as they did in the earlier version. アップグレードした Web サイトで、ASP.NET 4 で導入されたアルゴリズムを使用して HTML を表示する場合は、属性を変更または削除でき controlRenderingCompatibilityVersion ます。If you want an upgraded Web site to render HTML using the algorithm introduced in ASP.NET 4, you can change or remove the controlRenderingCompatibilityVersion attribute. 詳細については、RenderingCompatibility プロパティを参照してください。For more information, see the RenderingCompatibility property.

CSS を使用した無効な外観の設定Setting a Disabled Appearance By Using CSS

SupportsDisabledAttributeコントロールのプロパティがで、コントロールが無効になっている場合 false 、ASP.NET は、レンダリングされた class HTML 要素の属性をプロパティの値に設定し WebControl.DisabledCssClass ます。If the SupportsDisabledAttribute property of a control is false and the control is disabled, ASP.NET sets the class attribute of the rendered HTML element to the value of the WebControl.DisabledCssClass property. プロパティの既定値 WebControl.DisabledCssClass は "aspNetDisabled" です。The default value of the WebControl.DisabledCssClass property is "aspNetDisabled".

無効になっているコントロールに対して無効な外観を提供するには、プロパティの値で表されるクラスの CSS 規則を定義する必要があり WebControl.DisabledCssClass ます。To provide a disabled appearance for disabled controls, you must define a CSS rule for the class that is represented by the value of the WebControl.DisabledCssClass property.

プロパティに値がある場合、コントロールに対して表示される HTML 要素の属性には複数の値が含まれることがあり class CssClass ます。The HTML element that is rendered for a control might have more than one value in its class attribute if there is a value in its CssClass property. 詳細については、DisabledCssClass プロパティを参照してください。For more information, see the DisabledCssClass property.

適用対象

こちらもご覧ください