Application.Resources プロパティ

定義

スタイルやブラシなど、アプリケーション スコープ リソースのコレクションを取得または設定します。Gets or sets a collection of application-scope resources, such as styles and brushes.

public:
 property System::Windows::ResourceDictionary ^ Resources { System::Windows::ResourceDictionary ^ get(); void set(System::Windows::ResourceDictionary ^ value); };
[System.Windows.Markup.Ambient]
public System.Windows.ResourceDictionary Resources { get; set; }
public System.Windows.ResourceDictionary Resources { get; set; }
member this.Resources : System.Windows.ResourceDictionary with get, set
Public Property Resources As ResourceDictionary

プロパティ値

0 個以上のアプリケーション スコープ リソースが格納された ResourceDictionary オブジェクト。A ResourceDictionary object that contains zero or more application-scope resources.

属性

この例では、XAML をアプリケーションスコープのリソースと共に使用して、一貫した外観を作成する方法を示します。This example illustrates how to use XAML together with application-scope resources to create a consistent visual appearance. 最初の例は、 app.xamlからのものです。2番目の。 mainwindow.xamlからです。The first example is from App.xaml; the second, from MainWindow.xaml.

<Application
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    StartupUri="MainWindow.xaml"
    >

  <Application.Resources>
    <SolidColorBrush x:Key="BackgroundColor" Color="Yellow"></SolidColorBrush>
  </Application.Resources>

</Application>
<Window
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    Title="ApplicationResourcesSnippetSample_XAML" 
    Height="300" 
    Width="300" 
    Background="{StaticResource BackgroundColor}"
    >
  <Grid>
    <!-- Additional XAML. -->
  </Grid>
</Window>

次の例は、コードおよび XAML でアプリケーションリソースを設定する方法を示しています ( C# wpf プロジェクトの app.xaml ファイルまたは Visual Basic wpf プロジェクトの app.xaml ファイル)。The following example shows how to set an application resource in code and XAML (in the App.xaml file in a C# WPF project or the Application.xaml file in a Visual Basic WPF project).

// Set an application-scope resource
Application.Current.Resources["ApplicationScopeResource"] = Brushes.White;
' Set an application-scope resource
Application.Current.Resources("ApplicationScopeResource") = Brushes.White
<Application
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    x:Class="SDKSample.App"
    StartupUri="MainWindow.xaml" 
    Startup="App_Startup" 
    Exit="App_Exit">
    <Application.Resources>
        <SolidColorBrush x:Key="ApplicationScopeResource" Color="White"></SolidColorBrush>
    </Application.Resources>
</Application>

次の例は、コードでアプリケーションリソースを取得する方法を示しています。The following example shows how to get an application resource in code.

// Get an application-scope resource
Brush whiteBrush = (Brush)Application.Current.Resources["ApplicationScopeResource"];
' Get an application-scope resource
Dim whiteBrush As Brush = CType(Application.Current.Resources("ApplicationScopeResource"), Brush)

注釈

Resources プロパティを使用して、アプリケーションのウィンドウと要素間でリソースを共有できます。The Resources property can be used to share resources across the windows and elements of an application. また、Resources プロパティは、次の順序で走査されるリソース参照パスに含まれています。Additionally, the Resources property is included in the resource lookup path, which is traversed in the following order:

  1. 要素Elements

  2. WindowsWindows

  3. Application.Resources

  4. システムSystem

その結果、ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) 要素はアプリケーションスコープのリソースにバインドできます。Consequently, ユーザー インターフェイス (UI)user interface (UI) elements can bind to application-scope resources. また、リソースが変更された場合、リソースシステムによって、リソースにバインドされている要素のプロパティが自動的に更新され、変更が反映されます。Additionally, if resources change, the resource system ensures that element properties which are bound to those resources are automatically updated to reflect the change.

アプリケーションスコープリソースは、アプリケーション全体で一貫したテーマをサポートするための簡単な方法を提供します。Application-scope resources provide a simple way to support a consistent theme across your application. Application.Resources タグを使用すると、XAMLXAML でテーマを簡単に作成できます。You can easily create a theme in XAMLXAML by using the Application.Resources tag. ただし、多数のテーマ要素を含む複数のテーマがアプリケーションでサポートされている場合は、テーマごとに1つの ResourceDictionary インスタンスを使用してそれらを管理する方が簡単な場合があります。However, if your application supports multiple themes, which may contain a large number of theme elements, it might be easier to manage them using one ResourceDictionary instance for each theme. この方法では、Resources プロパティを適切な ResourceDictionaryに設定することによって、新しいテーマを適用できます。In this way, a new theme can be applied by setting the Resources property to the appropriate ResourceDictionary.

Resourcesを使用する場合は、2つの点を考慮する必要があります。There are two considerations to make when using Resources. まず、ディクショナリキーはオブジェクトであるため、プロパティ値の設定と取得の両方で同じオブジェクトインスタンスを使用する必要があります (文字列を使用する場合は、キーの大文字と小文字が区別されることに注意してください)。First, the dictionary key is an object, so you need to use exactly the same object instance when both setting and getting a property value (note that the key is case-sensitive when using a string). 2つ目は、ディクショナリがオブジェクトであるため、プロパティ値を取得するときに、値を目的の型に変換する必要があります。Second, the dictionary value is an object, so you will need to convert the value to the desired type when getting a property value.

Resources はスレッドセーフであり、任意のスレッドから使用できます。Resources is thread safe and is available from any thread.

適用対象