AutomationEvent クラス

定義

UI オートメーション イベントを識別します。

public ref class AutomationEvent : System::Windows::Automation::AutomationIdentifier
public class AutomationEvent : System.Windows.Automation.AutomationIdentifier
type AutomationEvent = class
    inherit AutomationIdentifier
Public Class AutomationEvent
Inherits AutomationIdentifier
継承
AutomationEvent

次のイベント ハンドラーの例では、 AutomationEvent イベント引数の値を、呼び出されたイベントを識別するイベントと AutomationEvent 比較しています。

/// <summary>
/// AutomationEventHandler delegate.
/// </summary>
/// <param name="src">Object that raised the event.</param>
/// <param name="e">Event arguments.</param>
private void OnUIAutomationEvent(object src, AutomationEventArgs e)
{
    // Make sure the element still exists. Elements such as tooltips
    // can disappear before the event is processed.
    AutomationElement sourceElement;
    try
    {
        sourceElement = src as AutomationElement;
    }
    catch (ElementNotAvailableException)
    {
        return;
    }
    if (e.EventId == InvokePattern.InvokedEvent)
    {
        // TODO Add handling code.
    }
    else
    {
        // TODO Handle any other events that have been subscribed to.
    }
}
''' <summary>
''' AutomationEventHandler delegate.
''' </summary>
''' <param name="src">Object that raised the event.</param>
''' <param name="e">Event arguments.</param>
Private Sub OnUIAutomationEvent(ByVal src As Object, ByVal e As AutomationEventArgs)
    ' Make sure the element still exists. Elements such as tooltips can disappear
    ' before the event is processed.
    Dim sourceElement As AutomationElement
    Try
        sourceElement = DirectCast(src, AutomationElement)
    Catch ex As ElementNotAvailableException
        Exit Sub
    End Try
    If e.EventId Is InvokePattern.InvokedEvent Then
        ' TODO Add handling code.
    Else
    End If
    ' TODO Handle any other events that have been subscribed to.
    Console.WriteLine("Event: " & e.EventId.ProgrammaticName)
End Sub

注釈

これらの型の識別子は、イベントを識別するためにさまざまなクラスのフィールドとして見つかります。たとえば、 InvokedEvent. また、UI オートメーション クライアントに渡されるイベント引数にも見つかります。

カスタム イベントを作成することはできません。

プロパティ

Id

基になる数値識別子を取得します。

(継承元 AutomationIdentifier)
ProgrammaticName

登録されたプログラム名を取得します。

(継承元 AutomationIdentifier)

メソッド

CompareTo(Object)

この AutomationIdentifier と別の AutomationIdentifier を比較します。

(継承元 AutomationIdentifier)
Equals(Object)

指定した AutomationIdentifier が、この AutomationIdentifier と等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 AutomationIdentifier)
GetHashCode()

このUI オートメーション識別子のハッシュ コードを返します。

(継承元 AutomationIdentifier)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
LookupById(Int32)

指定した数値識別子をカプセル化する AutomationEvent を取得します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください