AutomationPeer.GetHostRawElementProviderCore メソッド

定義

Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) 要素によってホストされている hwnd を配置する、UI オートメーションUI Automation ツリー内の場所を UI オートメーションUI Automation に指示します。Tells UI オートメーションUI Automation where in the UI オートメーションUI Automation tree to place the hwnd being hosted by a Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) element.

protected:
 virtual System::Windows::Automation::Peers::HostedWindowWrapper ^ GetHostRawElementProviderCore();
protected virtual System.Windows.Automation.Peers.HostedWindowWrapper GetHostRawElementProviderCore ();
[System.Security.SecurityCritical]
[System.Security.SecurityTreatAsSafe]
protected virtual System.Windows.Automation.Peers.HostedWindowWrapper GetHostRawElementProviderCore ();
abstract member GetHostRawElementProviderCore : unit -> System.Windows.Automation.Peers.HostedWindowWrapper
override this.GetHostRawElementProviderCore : unit -> System.Windows.Automation.Peers.HostedWindowWrapper
[<System.Security.SecurityCritical>]
[<System.Security.SecurityTreatAsSafe>]
abstract member GetHostRawElementProviderCore : unit -> System.Windows.Automation.Peers.HostedWindowWrapper
override this.GetHostRawElementProviderCore : unit -> System.Windows.Automation.Peers.HostedWindowWrapper
Protected Overridable Function GetHostRawElementProviderCore () As HostedWindowWrapper

戻り値

HostedWindowWrapper

このメソッドは、ホストされている hwnd を、hwnd オブジェクトをホストするコントロールの UI オートメーションUI Automation に返します。This method returns the hosted hwnd to UI オートメーションUI Automation for controls that host hwnd objects.

属性

注釈

このメソッドは、ホストされている hwnd を、hwnd オブジェクトをホストするコントロールの UI オートメーションUI Automation に返します。This method returns the hosted hwnd to UI オートメーションUI Automation for controls that host hwnd objects.

AutomationPeer 直ちにホストする要素に関連付けられているは、 hwnd このメソッドをオーバーライドする必要があります。The AutomationPeer that is associated with an element that immediately hosts an hwnd must override this method.

このメソッドがオーバーライドされない場合、 UI オートメーションUI Automation は、 hwnd アプリケーション全体をホストするの子要素としてを配置し HwndSource ます。If this method is not overridden, UI オートメーションUI Automation places the hwnd as a child element of the HwndSource that hosts the whole application. 通常は、この既定の動作をオーバーライドし、 UI オートメーションUI Automation ホストされている並列を論理ツリー内の場所に配置するように設定し hwnd Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) ます。Typically, you want to override this default behavior and set UI オートメーションUI Automation to position the hosted hwnd parallel to the place where it is located in the Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) logical tree.

ホスティングシナリオ以外では、型で AutomationPeer このメソッドをオーバーライドすることはできません。Except in hosting scenarios, do not allow AutomationPeer types to override this method.

このメソッドをオーバーライドするだけでなく、をホストする要素に関連付けられている型は、ホストされ AutomationPeer hwnd ている AutomationPeer に到着する WM_GETOBJECT に応答してにキャストされるを返す必要があり IRawElementProviderSimple hwnd ます。In addition to overriding this method, the AutomationPeer types that are associated with an element that immediately hosts an hwnd must return the AutomationPeer that is cast to IRawElementProviderSimple in response to WM_GETOBJECT coming to the hosted hwnd.

へのポインターを取得するには IRawElementProviderSimple 、を呼び出し HostProviderFromHandle ます。To get a pointer to IRawElementProviderSimple, call HostProviderFromHandle.

適用対象

こちらもご覧ください