AutomationPeer.InvalidatePeer メソッド

定義

AutomationPeer のメイン プロパティの再計算をトリガーし、プロパティが変更された場合はオートメーション クライアントへの PropertyChanged 通知を発生させます。Triggers recalculation of the main properties of the AutomationPeer and raises the PropertyChanged notification to the Automation Client if the properties changed.

public:
 void InvalidatePeer();
public void InvalidatePeer ();
member this.InvalidatePeer : unit -> unit
Public Sub InvalidatePeer ()

注釈

メインプロパティの例として、やに限定されないものがあり LogicalChildren BoundingRectangle ます。Examples of main properties include, but are not limited to, LogicalChildren and BoundingRectangle.

通常、更新プログラムおよび通知は、のレイアウトの更新後に自動的に行わ Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF) れます。Typically, updates and notifications happen automatically after the update of the layout in Windows Presentation Foundation (WPF)Windows Presentation Foundation (WPF). (更新は、イベントへの応答として行われ LayoutUpdated ます)。ただし、イベントを発生させずにプロパティが変更されることがあり LayoutUpdated ます。(The update occurs in response to the LayoutUpdated event.) Sometimes, however, properties change without raising the LayoutUpdated event. たとえば、全体を移動すると、 Window LayoutUpdated イベントは発生しません。For example, when the whole Window moves, the LayoutUpdated event is not raised. この例では、オブジェクトは BoundingRectangle 画面座標で表されるため、一連のオブジェクトが変更されます。In this example, the set of BoundingRectangle objects change because the objects are expressed in screen coordinates. したがって、は、の Window ピアでを呼び出す必要があり InvalidatePeer WindowAutomationPeer ます。Therefore, the Window must call InvalidatePeer on its peer on WindowAutomationPeer.

適用対象

こちらもご覧ください