ContentPresenter.ChooseTemplate ContentPresenter.ChooseTemplate ContentPresenter.ChooseTemplate ContentPresenter.ChooseTemplate Method

定義

使用するテンプレートを返します。Returns the template to use. これは、コンテンツまたはその他のプロパティによって異なる場合があります。This may depend on the content or other properties.

protected:
 virtual System::Windows::DataTemplate ^ ChooseTemplate();
protected virtual System.Windows.DataTemplate ChooseTemplate ();
abstract member ChooseTemplate : unit -> System.Windows.DataTemplate
override this.ChooseTemplate : unit -> System.Windows.DataTemplate
Protected Overridable Function ChooseTemplate () As DataTemplate

戻り値

注釈

基本クラスは、次の規則を実装します。The base class implements the following rules:

  1. 場合ContentTemplateが設定されているそれを使用します。If ContentTemplate is set, use it.

  2. 場合ContentTemplateSelector設定すると、呼び出すそのSelectTemplateメソッド。If ContentTemplateSelector is set, call its SelectTemplate method. 結果がない場合null、それを使用します。If the result is not null, use it.

  3. 探して、DataTemplateDataTypeに既知のリソース間でコンテンツと一致する、 ContentPresenter (アプリケーション、テーマ、およびシステム リソースを含む)。Look for a DataTemplate whose DataType matches the content among the resources known to the ContentPresenter (including application, theme, and system resources). 見つかった場合は、それを使用します。If one is found, use it.

  4. 場合の種類Content"common"は標準のテンプレートを使用します。If the type of Content is "common", use a standard template. 一般的な種類はStringXmlNode、およびUIElementします。The common types are String, XmlNode, and UIElement.

  5. 基本的に変換する既定のテンプレートを使用して、それ以外の場合、Contentを文字列で表示、TextBlockします。Otherwise, use a default template that essentially converts Content to a string and displays it in a TextBlock.

派生クラスでは、これらの規則をオーバーライドでき、独自に実装することができます。Derived classes can override these rules and implement their own.

適用対象