HeaderedItemsControl.HeaderTemplateSelector HeaderedItemsControl.HeaderTemplateSelector HeaderedItemsControl.HeaderTemplateSelector HeaderedItemsControl.HeaderTemplateSelector Property

定義

各項目のヘッダーの表示に使用するテンプレートを選択するためのカスタム ロジックを提供するオブジェクトを取得または設定します。Gets or sets the object that provides custom selection logic for a template used to display the header of each item.

public:
 property System::Windows::Controls::DataTemplateSelector ^ HeaderTemplateSelector { System::Windows::Controls::DataTemplateSelector ^ get(); void set(System::Windows::Controls::DataTemplateSelector ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
public System.Windows.Controls.DataTemplateSelector HeaderTemplateSelector { get; set; }
member this.HeaderTemplateSelector : System.Windows.Controls.DataTemplateSelector with get, set
Public Property HeaderTemplateSelector As DataTemplateSelector

プロパティ値

データ テンプレート セレクター。A data template selector. 既定値は、null です。The default is null.

注釈

通常は、作成、DataTemplateSelectorがある場合は、複数DataTemplateオブジェクトの同じ型を選択する、独自のロジックを指定する、DataTemplate各データ オブジェクトのプロパティに基づいて適用されます。Typically, you create a DataTemplateSelector when you have more than one DataTemplate for the same type of objects and you want to supply your own logic to choose a DataTemplate to apply based on the properties of each data object. 設定できる別のオブジェクトがある場合の種類に注意してください、DataTypeプロパティをDataTemplateします。Note that if you have objects of different types you can set the DataType property on the DataTemplate. それを行うかどうかは、作成する必要はありません、DataTemplateSelectorします。If you do that, then there is no need to create a DataTemplateSelector. さらに、オブジェクトのさまざまなプロパティを持つが、同じ型の場合は、検討することもを使用して、DataTriggerまたはデータ コンバーター。Furthermore, if you have objects of the same type but with different properties, you can also consider using a DataTrigger or a data converter. 詳しくは「 データ テンプレートの概要」をご覧ください。For more information, see Data Templating Overview.

テンプレート セレクターを作成するには、継承するクラスを作成DataTemplateSelectorをオーバーライドし、SelectTemplateメソッド。To create a template selector, create a class that inherits from DataTemplateSelector and override the SelectTemplate method. クラスを定義した後、要素のテンプレート セレクター プロパティに、クラスのインスタンスを割り当てることができます。After your class is defined, you can assign an instance of the class to the template selector property of your element.

どちらの場合、HeaderTemplateSelectorHeaderTemplateプロパティの設定は、テンプレート セレクター プロパティは無視されます。If both the HeaderTemplateSelector and the HeaderTemplate properties are set, the template selector property is ignored.

XAML 属性の使用方法XAML Attribute Usage

<object HeaderTemplateSelector="{ResourceExtension DataTemplateSelectorClassKey}"/>  

XAML プロパティ要素の使用XAML Property Element Usage

<object>  
  <object.HeaderTemplateSelector>  
    <MyDataTemplateSelectorImplementation .../>  
  </object.HeaderTemplateSelector>  
</object>  

XAML 値XAML Values

MyDataTemplateSelectorImplementationMyDataTemplateSelectorImplementation
派生したクラスDataTemplateSelector実用的に実装するSelectTemplateをオーバーライドします。A class derived from DataTemplateSelector that implements a practical SelectTemplate override. カスタム クラスをマップする方法については、次を参照してください。 XAML 名前空間および WPF XAML のマッピングの Namespaceします。For information about how to map your custom class, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML.

ResourceExtensionResourceExtension
次のいずれか: StaticResource、またはDynamicResourceします。One of the following: StaticResource, or DynamicResource. 参照してくださいXAML リソースします。See XAML Resources.

DataTemplateSelectorClassKeyDataTemplateSelectorClassKey
要求されているセレクターの実装を識別するキー。The key that identifies the selector implementation being requested. このキーは、実際に実装する派生クラスSelectTemplateをオーバーライドします。The key refers to a derived class that implements a practical SelectTemplate override. カスタム クラスをマップする方法については、次を参照してください。 XAML 名前空間および WPF XAML のマッピングの Namespaceします。For information about how to map your custom class, see XAML Namespaces and Namespace Mapping for WPF XAML. プログラムでのインスタンスを追加することができます、DataTemplateSelectorリソース ディクショナリへのリソースとしてのクラス。You can also programmatically add an instance of your DataTemplateSelector class as a resource to a resource dictionary.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field HeaderTemplateSelectorProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true なしNone

適用対象