ToolTipService.SetToolTip(DependencyObject, Object) メソッド

定義

オブジェクトに対する ToolTip 添付プロパティの値を設定します。

public:
 static void SetToolTip(System::Windows::DependencyObject ^ element, System::Object ^ value);
public static void SetToolTip (System.Windows.DependencyObject element, object value);
static member SetToolTip : System.Windows.DependencyObject * obj -> unit
Public Shared Sub SetToolTip (element As DependencyObject, value As Object)

パラメーター

element
DependencyObject

添付プロパティの書き込み対象のオブジェクト。

value
Object

設定する値。

次の例は、添付プロパティの値を設定する方法を ToolTipService.ToolTip 示しています。

ToolTipService.SetToolTip(ellipse2, bdec2);
ToolTipService.SetToolTip(ellipse2, bdec2)

注釈

値がオブジェクトの ToolTip 場合は、 ToolTip 変更なしで使用されます。 値が他の型の場合は、その値は、によって提供 ToolTipServiceされるツールヒントのコンテンツとして使用されます。

適用対象

こちらもご覧ください