ValidationRule クラス

定義

ユーザー入力の有効性を検査するためのカスタム ルールを作成する方法を提供します。

public ref class ValidationRule abstract
public abstract class ValidationRule
type ValidationRule = class
Public MustInherit Class ValidationRule
継承
ValidationRule
派生

次の例は、検証規則を実装する方法を示しています。 数値以外の文字が含まれている場合、または下限と上限の外側にある場合、入力値は無効です。 返された ValidationResult 値が無効な場合、 ErrorContent プロパティは適切なエラー メッセージに設定され、 IsValid プロパティは false.

完全な例については、「 方法: バインド検証を実装する」を参照してください。

public class AgeRangeRule : ValidationRule
{
    public int Min { get; set; }
    public int Max { get; set; }
    
    public AgeRangeRule()
    {
    }

    public override ValidationResult Validate(object value, CultureInfo cultureInfo)
    {
        int age = 0;

        try
        {
            if (((string)value).Length > 0)
                age = Int32.Parse((String)value);
        }
        catch (Exception e)
        {
            return new ValidationResult(false, $"Illegal characters or {e.Message}");
        }

        if ((age < Min) || (age > Max))
        {
            return new ValidationResult(false,
              $"Please enter an age in the range: {Min}-{Max}.");
        }
        return ValidationResult.ValidResult;
    }
}

注釈

WPF データ バインディング モデルを使用する場合は、バインド オブジェクトに関連付 ValidationRules けることができます。 カスタム ルールを作成するには、このクラスのサブクラスを作成し、メソッドを実装します Validate 。 必要に応じて、ソースの更新時に ExceptionValidationRuleスローされる例外をキャッチする組み込み関数を使用するか DataErrorValidationRule、ソース オブジェクトの実装によって IDataErrorInfo 発生したエラーをチェックする組み込み関数を使用します。

バインディング エンジンは、バインディング ターゲット プロパティ値である入力値をバインディング ソース プロパティに転送するたびに、バインドに関連付けられている各 ValidationRule 値をチェックします。

データ検証の詳細については、「 データ バインディングの概要」を参照してください。

ダイアログ ボックスでユーザー指定のデータを検証する方法については、「 ダイアログ ボックスの概要」を参照してください。

コンストラクター

ValidationRule()

ValidationRule クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ValidationRule(ValidationStep, Boolean)

指定した検証手順と、ターゲットの更新時に検証規則を実行するかどうかを示す値を使用して、ValidationRule クラスの新規インスタンスを初期化します。

プロパティ

ValidatesOnTargetUpdated

Binding のターゲットが更新されたときに検証規則を実行するかどうかを示す値を取得または設定します。

ValidationStep

検証規則を実行するタイミングを取得または設定します。

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
Validate(Object, CultureInfo)

派生クラスによってオーバーライドされた場合、値に対して検証チェックを実行します。

Validate(Object, CultureInfo, BindingExpressionBase)

値の検証チェックを実行します。

Validate(Object, CultureInfo, BindingGroup)

値の検証チェックを実行します。

適用対象

こちらもご覧ください