BindingBase.TargetNullValue プロパティ

定義

ソースの値が null のときにターゲットで使用される値を取得または設定します。Gets or sets the value that is used in the target when the value of the source is null.

public:
 property System::Object ^ TargetNullValue { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
public object TargetNullValue { get; set; }
member this.TargetNullValue : obj with get, set
Public Property TargetNullValue As Object

プロパティ値

ソースの値が null のときにターゲットで使用される値。The value that is used in the target when the value of the source is null.

次の例ではTextBox 、をオブジェクトのプロパティにバインドしています。The following example binds a TextBox to a property of an object. プロパティがnull TextBoxの場合は、"文字列を入力してください。" と表示されます。If the property is null, the TextBox displays "please enter a string."

<TextBox Width="150"
         Text="{Binding Source={StaticResource object2}, 
  Path=PropertyB, BindingGroupName=bindingGroup, 
  TargetNullValue=please enter a string}" />

注釈

XAML テキストの使用XAML Text Usage

<object TargetNullValue="nullValue" />  

もしくは- or -

<object>  
  <object.TargetNullValue>  
    nullValue  
    </object.TargetNullValue>  
</object>  

XAML 値XAML Values

nullValuenullValue
ターゲットプロパティと同じ型の属性またはオブジェクト要素の値。An attribute or object element value of the same type as the target property. XAML の使用情報については、その型のドキュメントを参照してください。See that type's documentation for XAML usage information. その型は、その値の属性構文をサポートしているか、またはサポートしていないか、またはオブジェクト要素構文 (その型のパラメーターなしのコンストラクターを必要とする) をサポートしていない可能性があります。That type may or may not support attribute syntax for its values, or may or may not support object element syntax (which requires a parameterless constructor on that type).

適用対象