XmlDataProvider.Document プロパティ

定義

バインディング ソースとして使用される XmlDocument を取得または設定します。Gets or sets the XmlDocument to use as the binding source.

public:
 property System::Xml::XmlDocument ^ Document { System::Xml::XmlDocument ^ get(); void set(System::Xml::XmlDocument ^ value); };
public System.Xml.XmlDocument Document { get; set; }
member this.Document : System.Xml.XmlDocument with get, set
Public Property Document As XmlDocument

プロパティ値

XmlDocument

バインディング ソースとして使用される XmlDocumentThe XmlDocument to use as the binding source. 既定値は null です。The default value is null.

注釈

XmlDataProvider では、データにアクセスするために次の方法が公開さ XMLXML れています。XmlDataProvider exposes the following ways to access XMLXML data.

  • クラスを使用してインラインデータを埋め込むことができ XMLXML XmlDataProvider ます。You can embed inline XMLXML data using the XmlDataProvider class.

  • Sourceプロパティは、 Uri データファイルのに設定でき XMLXML ます。You can set the Source property to the Uri of an XMLXML data file.

  • このプロパティは、に設定でき XmlDocument ます。You can set this property to an XmlDocument.

XmlDataProvider イベントが発生したときに、すべてのバインドの完全更新を実行 XmlDocument.NodeChanged します。XmlDataProvider performs a full refresh of all bindings on when a XmlDocument.NodeChanged event occurs. 特定のノードには最適化がありません。There are no optimizations for specific nodes.

Sourceプロパティが設定されている場合、インライン XMLXML データはすべて破棄されます。If the Source property is set, then any inline XMLXML data is discarded. プロパティが設定されている場合、 Document Source プロパティはクリアされ、インライン XMLXML データはすべて破棄されます。If the Document property is set, then the Source property is cleared and any inline XMLXML data is discarded.

次のプロパティを設定 XmlDataProvider すると Source 、、、 Document XmlNamespaceManager 、および XPath の各オブジェクトが暗黙的に更新されます。Setting the following properties will implicitly cause this XmlDataProvider object to refresh: Source, Document, XmlNamespaceManager, and XPath. 複数の更新が発生するプロパティを変更する場合は、を使用する DeferRefresh ことをお勧めします。When changing multiple refresh-causing properties, the use of DeferRefresh is recommended.

適用対象