DependencyObject.DependencyObjectType DependencyObject.DependencyObjectType DependencyObject.DependencyObjectType DependencyObject.DependencyObjectType Property

定義

このインスタンスの CLR 型をラップする DependencyObjectType を取得します。

public:
 property System::Windows::DependencyObjectType ^ DependencyObjectType { System::Windows::DependencyObjectType ^ get(); };
public System.Windows.DependencyObjectType DependencyObjectType { get; }
member this.DependencyObjectType : System.Windows.DependencyObjectType
Public ReadOnly Property DependencyObjectType As DependencyObjectType

プロパティ値

次の擬似コード例では、MySubClass予測する追加の派生クラスがの既定値を変更する可能性があります、MyCustom依存関係プロパティ。 実際の派生クラスを判断するポリモーフィズムの活用を既定のコンス トラクターを実装するクラス、DependencyObjectTypeコンス トラクターは派生クラスのインスタンスとして使用されるたびに値します。

public DOClass() : base()

{

__customPropertyCache = (CustomDP)

CustomDPProperty.GetMetadata(DependencyObjectType).DefaultValue;

}

注釈

このプロパティは、メソッドから返されるオブジェクトの戻り値の型がある場合に役立ちます。DependencyObjectプロパティ システムで特定の操作がその型に応じてを実行したいとします。 呼び出す方が効率的ですたとえばGetMetadata(DependencyObjectType)を使用して、DependencyObjectTypeなくCLR型。 DependencyObjectType 高速参照を容易になります。

適用対象

こちらもご覧ください