System.Windows 名前空間

いくつかの重要な Windows Presentation Foundation (WPF) 基本要素クラス、WPF プロパティ システムおよびイベント ロジックをサポートする各種クラス、WPF のコアおよびフレームワークによって広範に使用されるその他の型を提供します。

クラス

Application

Windows Presentation Foundation アプリケーションをカプセル化します。

AttachedPropertyBrowsableAttribute

添付プロパティの使用範囲を報告する .NET 属性の基底クラスを提供します。

AttachedPropertyBrowsableForChildrenAttribute

添付プロパティが、論理ツリー内の子要素を拡張するブラウズ可能なスコープを持つことを指定します。

AttachedPropertyBrowsableForTypeAttribute

添付プロパティが、指定した型から派生した要素に対してのみ参照可能なことを指定します。

AttachedPropertyBrowsableWhenAttributePresentAttribute

そのクラス定義に適用される別の特定の .NET 属性も持つ要素上でのみ添付プロパティを参照できるように指定します。

AutoResizedEventArgs

AutoResized によって発生する HwndSource イベントにデータを提供します。

BaseCompatibilityPreferences

アプリケーションが、WindowsBase アセンブリにある WPF の新しい機能に対してどのように動作するかを指定するプロパティを格納します。

Clipboard

システムのクリップボードとの間でデータ転送を容易にする静的メソッドを提供します。

ColorConvertedBitmapExtension

ColorConvertedBitmap を作成できるようにするマークアップ拡張機能を実装します。 ColorConvertedBitmap には、埋め込まれたプロファイルはありません。その代わりに、変換元および変換先の値に基づくプロファイルが使用されます。

ComponentResourceKey

外部アセンブリ内のクラス名、および追加識別子に基づいてリソース キーを定義または参照します。

Condition

一連の条件に基づいてプロパティ値に変更を適用する、MultiTrigger および MultiDataTrigger の条件を表します。

ConditionCollection

Condition オブジェクトのコレクションを表します。

ContentElement

コンテンツ要素に WPF コアレベルの基底クラスを提供します。 コンテンツ要素は、直感的なマークアップ指向レイアウト モデルと、意図的に単純なオブジェクト モデルを使用し、フロー スタイル プレゼンテーション用に設計されています。

ContentOperations

要素ツリーで ContentElement の位置を取得または設定するための静的なユーティリティ メソッドを提供します。

CoreCompatibilityPreferences

PresentationCore アセンブリ内にある WPF 機能に関連して、アプリケーションの動作方法を指定するプロパティが含まれています。

CornerRadiusConverter

他の型のインスタンスと CornerRadius の間の変換を行います。

CultureInfoIetfLanguageTagConverter

CultureInfo のインスタンスと他のデータ型との相互変換を行います。

DataFormat

形式名と数値 ID を使用して、データ形式を表します。

DataFormats

クリップボードまたはドラッグ アンド ドロップ操作で使用可能なデータ形式を識別するために使用できる、定義済みのデータ形式名のセットを提供します。

DataObject

形式に依存しないデータ転送機構を定義する IDataObject インターフェイスの基本実装を提供します。

DataObjectCopyingEventArgs

DataObject.Copying の引数 event:

DataObjectEventArgs

DataObject クラスに関連付けられているイベントの抽象基本クラスを提供します。

DataObjectPastingEventArgs

DataObject.Pasting イベントの引数を格納 event:

DataObjectSettingDataEventArgs

DataObject.SettingData イベントの引数を格納 event:

DataTemplate

データ オブジェクトのビジュアル構造を記述します。

DataTemplateKey

DataTemplate クラスのリソース キーを表します。

DataTrigger

バインドされたデータが指定した条件を満たしたときに、プロパティ値を適用するかアクションを実行するトリガーを表します。

DeferrableContent

BAML 内にストリームとして保持される遅延可能なコンテンツを表します。

DeferrableContentConverter

ストリームを DeferrableContent インスタンスに変換します。

DependencyObject

依存関係プロパティ システムに参加しているオブジェクトを表します。

DependencyObjectType

すべての DependencyObject 派生型の基になる型のキャッシュを実装します。

DependencyProperty

スタイル設定、データ バインディング、アニメーション、および継承などの方法によって設定できるプロパティを表します。

DependencyPropertyHelper

依存関係プロパティの有効値のプロパティ システムのソースを報告する単一のヘルパー メソッド (GetValueSource(DependencyObject, DependencyProperty)) を提供します。

DependencyPropertyKey

読み取り専用の依存関係プロパティへの制限された書き込みアクセスに必要な依存関係プロパティ識別子を提供します。

DialogResultConverter

DialogResult 型の Nullable<T> 値である Boolean プロパティと他の型の間の変換を行います。

DpiChangedEventArgs

このクラスは、必要な情報を DpiChangedEvent イベントのすべてのリスナーに渡します。ウィンドウが異なる DPI のモニターに移動したときや、現在のモニターの DPI が変更されたときなどです。

DragDrop

ドラッグ アンド ドロップ操作を開始するメソッドやドラッグ アンド ドロップ関連のイベント ハンドラーを追加および削除する機能など、ドラッグ アンド ドロップ操作を開始するためのヘルパー メソッドおよびフィールドを提供します。

DragEventArgs

すべてのドラッグ アンド ドロップ イベント (DragEnterDragLeaveDragOver、および Drop) に関連する引数を格納します。

DurationConverter

Duration のインスタンスと他の型表現との相互変換を行います。

DynamicResourceExtension

XAML から作成された動的リソース参照をサポートするマークアップ拡張機能を実装します。

DynamicResourceExtensionConverter

解析された XAML を DynamicResourceExtension に変換し、XAML から作成された動的リソース参照をサポートします。

EventManager

クラス所有者のルーティング イベントを登録し、クラス ハンドラーを追加する、イベント関連のユーティリティ メソッドを提供します。

EventPrivateKey

内部ハッシュ テーブルに格納されるハンドラーを持つイベントの一意の識別子を提供します。

EventRoute

ルーティング イベントが後に続くルートのコンテナーを表します。

EventSetter

スタイル内で、イベント セッターを表します。 イベント セッターは、イベントへの応答で指定されたイベント ハンドラーを呼び出します。

EventTrigger

イベントへの応答で一連のアクションを適用するトリガーを表します。

ExceptionRoutedEventArgs

失敗した Image イベントと MediaElement イベントにデータを提供します。

ExitEventArgs

Exit イベントのイベント引数。

Expression

この型は、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

ExpressionConverter

Expression のインスタンスと他の型との間の変換を行います。

FigureLengthConverter

他の型のインスタンスと FigureLength の間の変換を行います。

FontSizeConverter

フォント サイズ値と他の型表現との相互変換を行います。

FontStretchConverter

FontStretch のインスタンスと他の型表現との相互変換を行います。

FontStretches

一連の定義済みの静的な FontStretch 値を提供します。

FontStyleConverter

FontStyle のインスタンスと他のデータ型との相互変換を行います。

FontStyles

一連の定義済みの静的な FontStyle 値を提供します。

FontWeightConverter

FontWeight のインスタンスと他のデータ型との相互変換を行います。

FontWeights

一連の定義済みの静的な FontWeight 値を提供します。

FrameworkCompatibilityPreferences

PresentationFramework アセンブリ内にある WPF 機能に関連する、アプリケーションの動作方法を指定するプロパティが含まれています。

FrameworkContentElement

FrameworkContentElement は、ContentElement 基底クラスの WPF フレームワーク レベルの実装および拡張です。 FrameworkContentElement は、補足の入力 API (ツールヒントやコンテキスト メニューなど)、ストーリーボード、データ バインディング用のデータ コンテキスト、スタイルのサポート、および論理ツリーのヘルパー API に関するサポートを追加します。

FrameworkElement

WPF フレームワーク レベルのプロパティ、イベント、およびメソッドのセットを Windows Presentation Foundation (WPF) 要素で利用できます。 このクラスは WPF フレームワーク レベルの実装として用意されており、UIElement によって定義される WPF コア レベル API 上に構築されています。

FrameworkElementFactory

テンプレートの作成をサポートします。

FrameworkPropertyMetadata

依存関係プロパティのメタデータを報告または適用します。特に、フレームワークに固有のプロパティのシステム特性を追加します。

FrameworkTemplate

FrameworkElement オブジェクトと FrameworkContentElement オブジェクトの両方またはいずれかのツリーをインスタンス化できるようにします。

Freezable

変更可能な状態と読み取り専用 (固定) の状態を持つオブジェクトを定義します。 Freezable から派生するクラスは、詳細な変更通知を提供し、変更不可にすることが可能で、自身のクローンを作成できます。

FreezableCollection<T>

DependencyObjectFreezable、または Animatable オブジェクトのコレクションを表します。 FreezableCollection<T> はそれ自体が Animatable 型です。

GiveFeedbackEventArgs

GiveFeedback イベントの引数を含みます。

GridLengthConverter

GridLength インスタンスとその他の型のインスタンスを変換します。

HierarchicalDataTemplate

TreeViewItemMenuItem などの HeaderedItemsControl をサポートする DataTemplate を表します。

HwndDpiChangedEventArgs

DpiChanged イベントに関連がある HandledEventArgs の型を表します。

Int32RectConverter

他の型のインスタンスと Int32Rect の間の変換を行います。

KeySplineConverter

他の型のインスタンスと KeySpline の間の変換を行います。

KeyTimeConverter

KeyTime のインスタンスと他の型との間の変換を行います。

LengthConverter

他の型のインスタンスと、オブジェクトの長さを表す Double のインスタンスの間の変換を行います。

LocalizabilityAttribute

binary XAML (BAML) クラスまたはクラス メンバーのローカリゼーション属性を指定します。

Localization

Localization クラスは、ローカリゼーション属性とコメントの添付プロパティを定義します。

LogicalTreeHelper

論理ツリー内のオブジェクトのクエリを実行するために静的ヘルパー メソッドを提供します。

LostFocusEventManager

WeakEventManager の実装を提供することにより、"弱いイベント リスナー パターン" を使用して LostFocus イベントまたは LostFocus イベントのリスナーを関連付けられるようにします。

MediaScriptCommandRoutedEventArgs

ScriptCommand イベントおよび ScriptCommand イベントのデータを提供します。

MessageBox

メッセージ ボックスを表示します。

MultiDataTrigger

バインドされたデータが一連の条件を満たしたときに、プロパティ値を適用するかアクションを実行するトリガーを表します。

MultiTrigger

一連の条件が満たされたときにプロパティ値を適用したりアクションを実行するトリガーを表します。

NameScope

名前とオブジェクトのマッピングを特定の XAML 名前スコープに格納するか、特定の XAML 名前スコープから取得する INameScope メソッドの基本 WPF サポートを実装します。 XAML 名前スコープの名前を要素レベルで動的に取得または設定しやすくするために、添付プロパティのサポートを追加します。

NullableBoolConverter

Nullable<T> 型との間で変換を行います (ジェネリックの Boolean 型の制約を使用)。

PointConverter

他の型のインスタンスと Point の間の変換を行います。

PresentationSource

別の技術からのコンテンツを相互運用シナリオの一部として表示するクラスの抽象基本クラスです。 また、このクラスはそれらのソースを操作するための静的メソッド、および基本的なビジュアル層のプレゼンテーション アーキテクチャも提供します。

PropertyMetadata

登録時の条件など、特定の種類に適用されるときの依存関係プロパティの動作を定義します。

PropertyPath

別のプロパティの下、または所有している型の下のパスとして、プロパティを記述するためのデータ構造を実装します。 プロパティ パスは、オブジェクトへのデータ バインディングと、アニメーション用のストーリーボードやタイムラインで使用されます。

PropertyPathConverter

PropertyPath オブジェクトの型コンバーターを提供します。

QueryContinueDragEventArgs

QueryContinueDrag イベントの引数を含みます。

RectConverter

Rect のインスタンスとその他の型の間で変換します。

RequestBringIntoViewEventArgs

RequestBringIntoView ルーティング イベントのデータを提供します。

ResourceDictionary

WPF アプリケーションのコンポーネントおよびその他の要素によって使用される WPF リソースを格納するハッシュ テーブルまたはディクショナリの実装を提供します。

ResourceKey

各種リソース キーの抽象基本クラスを提供します。

ResourceReferenceKeyNotFoundException

マークアップ拡張機能リソースの解析中またはシリアル化中に、リソース参照キーが見つからない場合にスローされる例外です。

RoutedEvent

ルーティング イベントを表して識別し、その特性を宣言します。

RoutedEventArgs

ルーティング イベントに関連付けられている状態情報とイベント データを格納します。

RoutedPropertyChangedEventArgs<T>

特定のルーティング イベントからの報告に従って、変更されたプロパティの前の値と現在の値を含む、値の変更に関するデータを依存関係プロパティに提供します。

SessionEndingCancelEventArgs

SessionEnding イベントのイベント引数を格納します。

Setter

プロパティ値を適用する setter を表します。

SetterBase

値 setter の基本クラスを表します。

SetterBaseCollection

SetterBase オブジェクトのコレクションを表します。

SizeChangedEventArgs

SizeChanged イベントに関連するデータを提供します。

SizeChangedInfo

Size に関連する値の変更の詳細を報告します。 これは、OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo) オーバーライドのパラメーターとして使用されます。

SizeConverter

他の型のインスタンスと Size クラスのインスタンスの間で変換を行います。

SourceChangedEventArgs

相互運用のために使用される、SourceChanged イベントのデータを提供します。 このクラスは継承できません。

SplashScreen

Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションの起動画面を設定します。

StartupEventArgs

Startup イベントの引数を含みます。

StaticResourceExtension

XAML から作成された静的 (XAML 読み込み時) リソース参照をサポートするマークアップ拡張機能を実装します。

StrokeCollectionConverter

StrokeCollection を文字列に変換します。

Style

型のインスタンスの間でプロパティ、リソース、およびイベント ハンドラーを共有できるようにします。

StyleTypedPropertyAttribute

クラス定義に適用される属性を表し、TargetType 型のプロパティの Style を決定します。

SystemColors

システムの表示要素に対応したシステム カラー、システム ブラシ、およびシステム リソース キーが含まれています。

SystemCommands

ウィンドウ管理に共通のルーティング コマンドを定義します。

SystemFonts

フォントに関連するシステム リソースを公開するプロパティが含まれます。

SystemParameters

システム設定を照会するために使用できるプロパティが含まれます。

TemplateBindingExpression

TemplateBindingExtension のランタイム インスタンスを記述します。

TemplateBindingExpressionConverter

シリアル化中に TemplateBindingExpression インスタンスからマークアップ拡張機能を構築するために使用される型コンバーター。

TemplateBindingExtension

テンプレート内のプロパティ値と、template 宣言されたコントロールで公開されているその他のプロパティ値の間におけるバインディングをサポートするマークアップ拡張機能を実装します。

TemplateBindingExtensionConverter

シリアル化中にインスタンスから TemplateBindingExtension を構築するために使用される型コンバーター。

TemplateContent

テンプレートで XAML リーダーおよび XAML ライターとやり取りするときにコンテンツの遅延に使用する、記録ロジックと再生ロジックを実装します。

TemplateContentLoader

WPF XAML のテンプレートに対して定義されている XAML コンテンツの読み込みを遅延させるために XamlDeferringLoader を実装します。

TemplateKey

データ テンプレートのリソース キーとして使用する場合に、データ テンプレートを検索プロセスに追加することを許可します。

TemplatePartAttribute

テンプレートに使用される名前付きパーツの型を識別するためにクラス定義に適用される属性を表します。

TemplateVisualStateAttribute

コントロールが取ることのできる状態と、そのコントロールの VisualStateControlTemplate を追加できることを指定します。

TextDecoration

文字装飾を表します。文字装飾とは、テキストに追加する下線などの装飾です。

TextDecorationCollection

TextDecoration インスタンスのコレクションを表します。

TextDecorationCollectionConverter

TextDecorationCollection のインスタンスを他のデータ型から変換します。

TextDecorations

一連の定義済みの静的な文字装飾を提供します。

ThemeDictionaryExtension

アプリケーション作成者が現在のシステム テーマに基づいてコントロールのスタイルをカスタマイズできるようにする、マークアップ拡張機能を実装します。

ThemeInfoAttribute

アセンブリ用のテーマ ディクショナリが格納される場所を指定します。

ThicknessConverter

Thickness のインスタンスとその他の型の間で変換します。

Trigger

プロパティ値を適用するか、または条件付きでアクションを実行するトリガーを表します。

TriggerAction

トリガーに対して実行するアクションを表します。

TriggerActionCollection

TriggerAction オブジェクトのコレクションを表します。

TriggerBase

Style オブジェクト内の条件値を指定するための基本クラスを表します。

TriggerCollection

TriggerBase オブジェクトのコレクションを表します。

UIElement

UIElement は、Windows Presentation Foundation (WPF) の要素および基本表示特性における WPF コア レベル実装構築の基底クラスです。

UIElement3D

UIElement3D は、Windows Presentation Foundation (WPF) の要素および基本表示特性における WPF コア レベル実装構築の基底クラスです。

UIPropertyMetadata

コア レベルでレンダリングまたはユーザー インターフェイスの影響を受ける非フレームワーク プロパティのプロパティ メタデータを提供します。

VectorConverter

他の型のインスタンスと Vector の間の変換を行います。

VisualState

コントロールが特定の状態のときの外観を表します。

VisualStateChangedEventArgs

CurrentStateChanging イベントおよび CurrentStateChanged イベントのデータを提供します。

VisualStateGroup

一度に 1 つしか選択できない VisualState オブジェクトと、ある状態から別の状態に遷移するために使用する VisualTransition オブジェクトを格納します。

VisualStateManager

コントロールの状態を遷移するための状態とロジックを管理します。

VisualTransition

コントロールの状態が遷移するときに発生する視覚的な動作を表します。

WeakEventManager

弱いイベント パターン で使用されるイベント マネージャーの基本クラスです。 このマネージャーは、WeakEvent パターンを使用するイベント (またはコールバック) 用のリスナーを追加または削除します。

WeakEventManager.ListenerList

WeakEventManager のリスナーを格納するための組み込みのコレクション リストを提供します。

WeakEventManager<TEventSource,TEventArgs>

"弱いイベント リスナー" パターンに使用するイベント ハンドラーを指定できるようにするタイプ セーフの WeakEventManager を提供します。 このクラスは、イベントのソースの型パラメーターと、使用されるイベント データの型パラメーターを定義します。

WeakEventManager.ListenerList<TEventArgs>

WeakEventManager のリスナーを格納するためのタイプ セーフなコレクション リストを提供します。 このクラスは、使用されているイベント データの型パラメーターを定義します。

Window

ウィンドウおよびダイアログ ボックスの作成、構成、表示、および有効期間の管理を可能にします。

WindowCollection

Window オブジェクトのコレクションを表します。 このクラスは継承できません。

構造体

CornerRadius

四角形の角の半径を表します。

DependencyPropertyChangedEventArgs

さまざまなプロパティ変更イベントにデータを提供します。 通常、これらのイベントは、読み取り専用の依存関係プロパティの有効値の変更を報告します。 もう 1 つの用途は、PropertyChangedCallback 実装の一部として使用することです。

DpiScale

Visual または UIElement の表示元の DPI 情報を格納します。

Duration

Timeline がアクティブになっている期間を表します。

FigureLength

Figure の高さまたは幅を表します。

FontStretch

フォントの標準の縦横比に対して、フォントがどのくらい伸縮されているかを表します。

FontStyle

標準、斜体、または斜投影としてフォント フェイスのスタイルを表す構造体を定義します。

FontWeight

ストロークの細さまたは太さでタイプフェイスの濃さを示します。

FreezableCollection<T>.Enumerator

FreezableCollection<T> のメンバーを列挙します。

GridLength

Star 単位型を明示的にサポートする要素の長さを表します。

Int32Rect

整数四角形の幅、高さ、場所を記述します。

LocalValueEntry

ローカルで設定された依存関係プロパティのプロパティ識別子とプロパティ値を表します。

LocalValueEnumerator

DependencyObject に存在するすべての依存関係プロパティのローカル値に対して列挙処理のサポートを提供します。

Point

2 次元空間における、x 座標と y 座標の組を表します。

Rect

四角形の幅、高さ、場所を記述します。

RoutedEventHandlerInfo

固有のハンドラーを呼び出す必要があるかどうかをイベント リスナーに通知する特別な処理情報を提供します。

Size

Size オブジェクトの記述に使用される構造体を実装します。

TextDecorationCollection.Enumerator

TextDecorationTextDecoration 項目を列挙します。

Thickness

四角形の枠の太さについて記述します。 4 つの Double 値は、それぞれ四角形の 4 つの辺 LeftTopRight、および Bottom を示します。

ValueSource

GetValueSource(DependencyObject, DependencyProperty) から返される情報を報告します。

Vector

2-D 空間における変位を表します。

インターフェイス

IContentHost

このインターフェイスは、ContentElement をホストするレイアウトによって実装されます。

IDataObject

形式に依存しないデータ転送機構を提供します。

IFrameworkInputElement

フレームワーク要素の名前スコープ コントラクトを宣言します。

IInputElement

共通のイベントと、Windows Presentation Foundation (WPF) 要素による基本的な入力処理のためのイベント関連のプロパティおよびメソッドを設定します。

IWeakEventListener

WeakEvent パターンと WeakEventManager を通じてイベントを受信するクラスにイベント リスニング サポートを提供します。

列挙型

BaseCompatibilityPreferences.HandleDispatcherRequestProcessingFailureOptions

要求の処理中に発生したエラーにディスパッチャーがどのように応答するかを説明する、一連の値を提供します。

BaselineAlignment

テキストの確立されたベースラインを基準として、テキストベースの要素のベースラインを垂直軸上に配置する方法を記述します。

BaseValueSource

特定の依存関係プロパティの値のプロパティのシステムのソースを識別します。

ColumnSpaceDistribution

列を持ったフロー コンテンツにスペースを分配する方法について説明します。

DragAction

ドラッグ アンド ドロップ操作を継続するかどうか、および継続する場合はどのように継続するかを指定します。

DragDropEffects

ドラッグ アンド ドロップ操作の効果を指定します。

DragDropKeyStates

マウス ボタンの状態と同様に、変換キー (Shift キー、Ctrl キー、および Alt キー) の現在の状態を指定します。

FigureHorizontalAnchor

図形の水平方向の位置の基準を示します。

FigureUnitType

FigureLength の幅または高さに関連付けられる単位型を記述します。

FigureVerticalAnchor

図形の垂直方向の位置の基準点を示します。

FlowDirection

テキストおよびユーザー インターフェイス (UI) 要素のコンテンツのフロー方向を指定する定数を定義します。

FontCapitals

Typography オブジェクトの大文字スタイルを記述します。

FontEastAsianLanguage

指定した東アジアの書記体系または言語に使用されるグリフのフォント固有のバージョンをユーザーが選択するための機構を提供します。

FontEastAsianWidths

さまざまな幅のスタイルのグリフをユーザーが選択するための機構を提供します。

FontFraction

Typography オブジェクトの分数のスタイルを記述します。

FontNumeralAlignment

Typography オブジェクトの数字の配置を示します。

FontNumeralStyle

Typography オブジェクトの数字のスタイルを示します。

FontVariants

グリフ フォームの文字体裁のバリエーションを描画します。

FrameworkPropertyMetadataOptions

Windows Presentation Foundation (WPF) プロパティ システムの特定の依存関係プロパティに関する、フレームワーク レベルのプロパティの動作の種類を指定します。

GridUnitType

GridLength オブジェクトが保持している値の種類を記述します。

HorizontalAlignment

親要素の割り当てられているレイアウト スロットに対する水平軸上で、要素が表示される位置を示します。

InheritanceBehavior

プロパティ値の継承のルックアップ、リソースのルックアップ、RelativeSource FindAncestor ルックアップの現在のモードを示します。 RelativeSource FindAncestor ルックアップは、バインディングで FindAncestor 値に設定された Mode プロパティを含む RelativeSource を使用する場合に発生します。

LineBreakCondition

インライン オブジェクトの改行条件を記述します。

LineStackingStrategy

各行の行ボックスを決定する際に使用する機構を表します。

LocalizationCategory

バイナリ XAML (BAML) クラスまたはクラス メンバーの LocalizabilityAttribute のカテゴリ値を指定します。

MessageBoxButton

メッセージ ボックスに表示されるボタンを指定します。 Show メソッドの引数として使用されます。

MessageBoxImage

メッセージ ボックスで表示されるアイコンを指定します。

MessageBoxOptions

メッセージ ボックスの特別な表示オプションを指定します。

MessageBoxResult

ユーザーがクリックしたメッセージ ボックス ボタンを指定します。 MessageBoxResult は、Show メソッドによって返されます。

Modifiability

バイナリ XAML (BAML) クラスまたはクラス メンバーの LocalizabilityAttribute の変更できる値を指定します。

PowerLineStatus

システム電源が接続されているかどうか、またはシステム電源のステータスが不明であるかどうかを示します。

Readability

バイナリ XAML (BAML) クラスまたはクラス メンバーの LocalizabilityAttribute の読みやすさの値を指定します。

ReasonSessionEnding

ユーザーのセッションが終了する理由を指定します。 ReasonSessionEnding プロパティで使用します。

ResizeMode

ウィンドウのサイズが変更可能かどうか、および変更可能な場合はその方法を指定します。 ResizeMode プロパティで使用します。

ResourceDictionaryLocation

テーマ リソース ディクショナリの配置場所を指定します。

RoutingStrategy

ルーティング イベントのルーティング方法を示します。

ShutdownMode

アプリケーションのシャットダウン方法を指定します。 ShutdownMode プロパティで使用します。

SizeToContent

ウィンドウのサイズをコンテンツのサイズに合わせて自動的に調整する方法を指定します。 SizeToContent プロパティで使用します。

TemplateKey.TemplateType

TemplateKey を使用するテンプレートのさまざまな型について説明します。

TextAlignment

オブジェクト内のテキストが左揃え、右揃え、中央揃え、または両端揃えのいずれであるかを指定します。

TextDataFormat

テキスト データのデータ形式を指定します。

TextDecorationLocation

TextDecoration オブジェクトの垂直位置を指定します。

TextDecorationUnit

TextDecorationPenOffset または Pen の太さの値の単位型を指定します。

TextMarkerStyle

リスト項目の行頭文字スタイルの外観を示します。

TextTrimming

テキストを格納しているボックスの幅にテキストが収まりきらない場合に、テキストを切り取る方法を示します。

TextWrapping

格納ボックスの端に達したときにテキストを折り返すかどうかを指定します。

VerticalAlignment

親のレイアウト スロット内での子要素の縦方向の配置方法または拡大方法を表します。

Visibility

要素の表示状態を指定します。

WindowStartupLocation

Window を最初に開いたときに表示される位置を指定します。 WindowStartupLocation プロパティで使用します。

WindowState

ウィンドウを最小化するか、最大化するか、元のサイズに戻すかを指定します。 WindowState プロパティで使用します。

WindowStyle

Window の境界線の種類を指定します。 WindowStyle プロパティで使用します。

WrapDirection

オブジェクトの周りでコンテンツをラップする際に使用できる方向を指定します。

代理人

AutoResizedEventHandler

HwndSource により発生する AutoResized イベントを処理するメソッドを表します。

CoerceValueCallback

依存関係プロパティの値が再評価されたり強制が明示的に要求されたりした場合に必ず呼び出されるメソッドのテンプレートを提供します。

DataObjectCopyingEventHandler

Copying 添付イベントを処理するメソッドを表します。

DataObjectPastingEventHandler

Pasting 添付イベントを処理するメソッドを表します。

DataObjectSettingDataEventHandler

SettingData 添付イベントを処理するメソッドを表します。

DependencyPropertyChangedEventHandler

DependencyProperty が特定の DependencyObject 実装で変更された場合に発生するイベントを処理するメソッドを表します。

DpiChangedEventHandler

DpiChangedEventArgs を処理するメソッドを表します。

DragEventHandler

DragEnter などのドラッグ アンド ドロップのルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

ExitEventHandler

Exit イベントを処理するメソッドを表します。

GiveFeedbackEventHandler

インプロセスのドラッグ アンド ドロップ操作からのフィードバック ルーティング イベントを処理するメソッドを表します (GiveFeedback など)。

HwndDpiChangedEventHandler

DPI 変更通知を受信するハンドラーを使用するデリゲート。

PropertyChangedCallback

依存関係プロパティの有効なプロパティ値が変更されたときに呼び出されるコールバックを表します。

QueryContinueDragEventHandler

たとえば QueryContinueDrag のように、ドラッグ アンド ドロップ操作をドラッグ元でキャセルできるようにするルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

RequestBringIntoViewEventHandler

RequestBringIntoView ルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

RoutedEventHandler

すべてのルーティング イベントに共通なデータ以外の特定のイベント データを持たない、さまざまなルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

RoutedPropertyChangedEventHandler<T>

プロパティ値の変更を追跡するさまざまなルーティングされたイベントを処理するメソッドを表します。

SessionEndingCancelEventHandler

SessionEnding イベントを処理するメソッドを表します。

SizeChangedEventHandler

SizeChanged ルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

SourceChangedEventHandler

特定のリスナー要素の "SourceChanged" イベントを処理するメソッドを表します。

StartupEventHandler

Startup イベントを処理するメソッドを表します。

ValidateValueCallback

依存関係プロパティの有効な値を検証するコールバックとして使用されるメソッドを表します。