RoutingStrategy 列挙型

定義

ルーティング イベントのルーティング方法を示します。Indicates the routing strategy of a routed event.

public enum class RoutingStrategy
public enum RoutingStrategy
type RoutingStrategy = 
Public Enum RoutingStrategy
継承
RoutingStrategy

フィールド

Bubble 1

ルーティング イベントは、イベント インスタンスをルートからソース要素へとツリーを介して下方にルーティングするトンネル方法を使用します。The routed event uses a bubbling strategy, where the event instance routes upwards through the tree, from event source to root.

Direct 2

ルーティング イベントは、要素ツリーを介してルーティングされません。ただし、クラス処理、EventTrigger、または EventSetter など、その他のルーティング イベント機能をサポートします。The routed event does not route through an element tree, but does support other routed event capabilities such as class handling, EventTrigger or EventSetter.

Tunnel 0

ルーティング イベントは、イベント インスタンスをルートからソース要素へとツリーを介して下方にルーティングするトンネル方法を使用します。The routed event uses a tunneling strategy, where the event instance routes downwards through the tree, from root to source element.

注釈

各ルーティングイベントのルーティング方法は、次のいずれかの値である必要があります。Routing strategy for each routed event must be only one of these values. ただし、多くの場合、入力イベントは基本クラスのペアに存在します。1つ目のイベントはバブルバージョンで、もう1つのイベントはトンネリングバージョンです。However, input events often exist in pairs on base classes, where one event is the bubbling version and one event is the tunneling version. 入力イベントが一意である場合、トンネルバージョンとバブルバージョンは共有引数を持ち、イベントを発生させる入力デバイス条件に応答して、連続して発生します。For input events uniquely, the tunneling and bubbling versions have shared arguments and are raised in succession in response to the input device condition that raises the events.

適用対象