RequestBringIntoViewEventHandler 代理人

定義

RequestBringIntoView ルーティング イベントを処理するメソッドを表します。Represents the method that will handle the RequestBringIntoView routed event.

public delegate void RequestBringIntoViewEventHandler(System::Object ^ sender, RequestBringIntoViewEventArgs ^ e);
public delegate void RequestBringIntoViewEventHandler(object sender, RequestBringIntoViewEventArgs e);
type RequestBringIntoViewEventHandler = delegate of obj * RequestBringIntoViewEventArgs -> unit
Public Delegate Sub RequestBringIntoViewEventHandler(sender As Object, e As RequestBringIntoViewEventArgs)

パラメーター

sender
Object

イベント ハンドラーがアタッチされているオブジェクト。The object where the event handler is attached.

e
RequestBringIntoViewEventArgs

イベントのデータ。The event data.

継承
RequestBringIntoViewEventHandler

注釈

このイベントの処理は、通常、スクロール可能な領域をサポートする要素内でのみ実行されます。それ以外の場合は、子要素のコンテンツの必要なサイズよりも小さいレンダリングサイズを意図的に設定することによってのみ実行されます。イベントは、要素ツリー内で上位にルーティングされ、スクロール領域のサポートを提供する最初の親に到達した後に発生します。Handling this event is typically only done within elements that support a scrollable region, or otherwise deliberately set their rendering size smaller than the combined desired size of their child element content, and is only done by deliberately handling the event once it has routed upwards in the element tree and has reached the first parent that offers scrolling region support. 通常はユーザーコントロールに適した方法でスクロール領域を処理する既存の実装はScrollViewer、です。An existing implementation that handles scrolling regions in a manner that is typically desirable for user controls is ScrollViewer. からScrollViewer派生する場合は、のFrameworkElement.RequestBringIntoViewクラスハンドラーを登録し、イベントの基底クラスの処理を補完することができます。If you derive from ScrollViewer, you can register a class handler for FrameworkElement.RequestBringIntoView and supplement the base class handling of the event. また、のScrollChanged FrameworkElement.RequestBringIntoView代わりにクラス定義イベントを使用するか、クラスで処理することも検討してください。You should also consider using or class-handling the class-defined ScrollChanged event instead of FrameworkElement.RequestBringIntoView. また、からScrollViewer派生しない完全なカスタムクラスを作成した場合でも、クラスのインスタンス化でEventManager.RegisterClassHandlerを呼び出すことによって、クラスの処理を追加できます。Alternatively, if you create an entirely custom class that does not derive from ScrollViewer, you can still add class handling by calling EventManager.RegisterClassHandler in your class instantiation. クラスの処理の詳細については、「ルーティングイベントを処理済みとしてマークする」および「クラス処理」を参照してください。For details on class handling, see Marking Routed Events as Handled, and Class Handling.

コンテンツ要素によって、コンテンツホストによってイベントが発生する可能性BringIntoViewがありFrameworkElement.RequestBringIntoViewます (コンテンツホストからの呼び出しと発生を通じて)。Content elements can cause the event to be raised by their content hosts (through calling BringIntoView and raising FrameworkElement.RequestBringIntoView from the content host). 同様に、ヘルパーメソッドLogicalTreeHelper.BringIntoViewを使用して論理ツリー要素を表示するように要求することもできます。Similarly, you can request logical tree elements to be brought into view with the helper method LogicalTreeHelper.BringIntoView.

ListBox 、関連するが異なるメソッドScrollIntoViewを実装しています。A ListBox implements a related but different method ScrollIntoView.

拡張メソッド

GetMethodInfo(Delegate)

指定したデリゲートによって表されるメソッドを表すオブジェクトを取得します。Gets an object that represents the method represented by the specified delegate.

適用対象

こちらもご覧ください