UIElement.ClipToBounds UIElement.ClipToBounds UIElement.ClipToBounds UIElement.ClipToBounds Property

定義

親要素のサイズに合わせるために、この要素の内容 (またはこの要素の子要素の内容) を切り取るかどうかを示す値を取得または設定します。Gets or sets a value indicating whether to clip the content of this element (or content coming from the child elements of this element) to fit into the size of the containing element. これは依存関係プロパティです。This is a dependency property.

public:
 property bool ClipToBounds { bool get(); void set(bool value); };
public bool ClipToBounds { get; set; }
member this.ClipToBounds : bool with get, set
Public Property ClipToBounds As Boolean

プロパティ値

コンテンツをクリップする必要がある場合は、true。それ以外の場合は、falsetrue if the content should be clipped; otherwise, false. 既定値は false です。The default value is false.

注釈

子要素、ClipToBoundsレイアウトの動作に親要素の幅と高さをによってかどうか決定が中にさまざまな効果を持つHeight / WidthまたはMaxHeight / MaxWidth.For child elements, ClipToBounds has different effects on layout behaviors depending on whether the height and width of the parent element are being determined by Height / Width or MaxHeight / MaxWidth. MaxHeight / MaxWidth 親要素が常に守られての値に関係なくClipToBounds効果的なクリッピングはこれらの最大値に基づいて、コンテンツをクリップは常にします。MaxHeight / MaxWidth of the parent element are always respected regardless of the value of ClipToBounds and the effective clipping will always clip the content based on these maximums. 親のHeight / Width設定は、コンテンツをクリップされずClipToBoundsfalse、コンテンツの場合にクリップされますが、ClipToBoundstrueします。The parent's Height / Width settings will not clip the content when ClipToBounds is false, but will clip the content if ClipToBounds is true.

その既定値に注意してください。falseに実装されている一般的な動作は、、UIElementクラス。Note that defaulting to false is the general behavior as implemented in the UIElement class. 任意の要素から派生した可能性がありますUIElementこのプロパティの既定値がそのインスタンス内の依存関係プロパティ メタデータをオーバーライドするtrue代わりにします。It is possible for any given element that derives from UIElement to override the dependency property metadata for this property in that instance to default to true instead. いくつかの既存の派生クラスでは、このメタデータをオーバーライドまたは依存関係プロパティの既定値を調整します。Several existing derived classes override this metadata and/or adjust the dependency property default value.

InkCanvasInkPresenter、およびPopupを既定値を上書き各trueします。InkCanvas, InkPresenter, and Popup each override the default value to be true.

FrameworkElement この依存関係プロパティのメタデータをオーバーライドします。FrameworkElement overrides the metadata for this dependency property. 具体的には、FrameworkElementプロパティ値の継承を有効にするには、このプロパティの指定 (Inheritstrueメタデータ内)。Specifically, FrameworkElement designates this property to allow property value inheritance (Inherits is true in metadata). その他の値のない子要素がある場合にプロパティ値の継承をこのコンテキストで意味ClipToBoundsローカル値または最も近い親要素の値が割り当てられます (ここでも、いずれかの既定のスタイルでこの値、スタイルを使用して割り当てる値、またはローカル値)、プロパティ システムによってすべての未使用の子要素に対する親要素から値が割り当てられます。Property value inheritance in this context means that if there are child elements with no other value for ClipToBounds assigned through local values or styles, the value of the nearest parent element with this value assigned (again, either in styles, by default values, or a locally value), then the value from the parent element will be assigned to all unassigned child elements by the property system. 実際にはつまり、ルート要素での境界にクリップを許可するかどうかを指定することができます、として割り当てられている値は、特にされているすべての子要素に反映されますfalseします。In practice this means that you can specify whether to allow clip to bounds at the root element, and that value will propagate to all child elements that have not specifically assigned it as false.

依存プロパティ情報Dependency Property Information

識別子フィールドです。Identifier field ClipToBoundsProperty
メタデータのプロパティを設定するには trueMetadata properties set to true NoneNone

適用対象

こちらもご覧ください