FrameworkElement.Width FrameworkElement.Width FrameworkElement.Width FrameworkElement.Width Property

定義

要素の幅を取得または設定します。

public:
 property double Width { double get(); void set(double value); };
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.Windows.LengthConverter))]
[System.Windows.Localizability(System.Windows.LocalizationCategory.None, Readability=System.Windows.Readability.Unreadable)]
public double Width { get; set; }
member this.Width : double with get, set
Public Property Width As Double

プロパティ値

要素の幅 (デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ) 単位)。 既定値は NaN です。 この値は 0.0 以上にする必要があります。 上限については、「解説」を参照してください。

注釈

これで 3 つのプロパティの 1 つはFrameworkElement幅情報を指定します。 その他の 2 つはMinWidthMaxWidthします。 これらの値の間に競合がある場合は、実際の幅を決定するためのアプリケーションの順序は最初MinWidthし、適用する必要がありますMaxWidth、最後に、境界内にある場合これらの各Widthします。

このプロパティの戻り値は、任意の値に設定されたのと同じでは常にします。 これに対しての値、ActualWidth異なる場合があります。 レイアウトには、何らかの理由により推奨されるサイズが拒否が可能性があります。 また、レイアウト システム自体が、プロパティ システムのWidthが処理されていない特定のプロパティの変更をまだサイズ変更とします。

さらに許容されるDouble値、このプロパティにすることができますもDouble.NaNします。 これは、自動サイズ変更動作を指定する方法です。 XAML "Auto"(大文字と小文字は区別されません)、自動サイズ変更動作を有効にする、文字列に値を設定します。 自動サイズ変更動作は、要素の高さは、幅を使用することを意味します。 ただし特定のコントロールがサイズ変更動作は具体的には、再度有効にしない限り、自動を無効にするには既定のスタイルの既定値を頻繁に提供することに注意してください。

非決定的の上限値のバインドがあるだけでなく、検証チェックWidthレイアウト システムによって強制適用されるは (これは非常に大きい番号より大きいSingle.MaxValueよりも小さいDouble.MaxValue)。 この上限値を超過した場合、要素は表示されませんし、例外はスローされません。 設定しないWidthの表示可能な最大サイズは、非決定的であるこの上限を超える可能性がありますよりも大幅に大きい値にします。

XAML 属性の使用方法

<object Width="double"/>  
- or -  
<object Width ="qualifiedDouble"/>  
- or -  
<object Width ="Auto"/>  

XAML 値

double
Double

文字列表現をDouble0.0 以上の値。 上限については、「解説」を参照してください。 この値として解釈されます、デバイスに依存しない単位 (1/96 インチ)測定します。 文字列が必要な 10 進数のポイントを明示的に含まれません。 値のインスタンス1は許容されます。

qualifiedDouble
A二重値、上記と続く単位の次の宣言文字列のいずれか: pxincmptします。

px (既定値) デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)

in インチです。1 in 96px = =

cm センチメートル; は、します。1cm==(96/2.54) px

pt ポイントです。1pt==(96/72) px

Auto
自動サイズ調整の動作を有効にします。 「解説」を参照してください。

依存プロパティ情報

識別子フィールドです。 WidthProperty
メタデータのプロパティを設定するには true AffectsMeasure

適用対象