FrameworkElement.SizeChanged イベント

定義

この要素の ActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。

public:
 event System::Windows::SizeChangedEventHandler ^ SizeChanged;
public event System.Windows.SizeChangedEventHandler SizeChanged;
member this.SizeChanged : System.Windows.SizeChangedEventHandler 
Public Custom Event SizeChanged As SizeChangedEventHandler 

イベントの種類

SizeChangedEventHandler

注釈

ダイレクトルーティングイベントはルートに従わないので、これらのイベントは、発生したものと同じ要素内でのみ処理されます。 直接ルーティングイベントでは、他のルーティングイベントの動作がサポートされます。これらは、アクセス可能なハンドラーコレクションをサポートし、スタイルでとして使用できます。 EventTrigger

レイアウトシステムは、 SizeChangedEventArgs このイベントの argument クラス内のプロパティを読み取り、報告されたサイズ変更を有意と見なす必要があるかどうかを判断します。 これにより、レイアウトシステムまたはコントロール固有のレイアウト実装で、古い高さ値と新しい高さ値の間で視覚的になるべくの違いによってレイアウトの変更が強制されないようにすることができます。 なるべくの違いは、浮動小数点データ型の丸め処理または計算結果の計算が原因である可能性があります。

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールド SizeChangedEvent
ルーティング方法 直接
代理人 SizeChangedEventHandler

適用対象

こちらもご覧ください