DragDrop.DragLeave 添付イベント

定義

オブジェクトがドロップ ターゲットの役目を果たす要素の境界の外にドロップされずにドラッグされたときに発生します。

see AddDragLeaveHandler, and RemoveDragLeaveHandler
see AddDragLeaveHandler, and RemoveDragLeaveHandler
see AddDragLeaveHandler, and RemoveDragLeaveHandler

次の例は、Ellipse 要素の DragLeave イベント ハンドラーを示しています。 このコードは、保存された Brush を楕円に適用することで、DragEnter イベント ハンドラーで行ったプレビュー内容を元に戻します。

private void ellipse_DragLeave(object sender, DragEventArgs e)
{
    Ellipse ellipse = sender as Ellipse;
    if (ellipse != null)
    {
        ellipse.Fill = _previousFill;
    }
}
Private Sub Ellipse_DragLeave(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.Windows.DragEventArgs)
    Dim ellipse = TryCast(sender, Ellipse)
    If ellipse IsNot Nothing Then
        ellipse.Fill = _previousFill
    End If
End Sub

注釈

このイベントは、ドロップ先として機能する要素の境界の外にオブジェクトがドラッグされるたびに発生します。 要素のプロパティがの場合、このイベントは発生しません AllowDrop false

通常、イベントハンドラーで行った変更を元に戻すには、このイベントを処理し DragEnter ます。

ルーティングされたイベント情報

識別子フィールド DragLeaveEvent
ルーティング方法 バブリング
代理人 DragEventHandler

対応するトンネリングイベントは PreviewDragLeave です。

適用対象

こちらもご覧ください