AccessibleObject.IAccessible.accHitTest(Int32, Int32) メソッド

定義

指定した画面座標にある子オブジェクトを取得します。Gets the child object at the specified screen coordinates. このメンバーの説明については、accHitTest(Int32, Int32) のトピックを参照してください。For a description of this member, see accHitTest(Int32, Int32).

 virtual System::Object ^ Accessibility.IAccessible.accHitTest(int xLeft, int yTop) = Accessibility::IAccessible::accHitTest;
object IAccessible.accHitTest (int xLeft, int yTop);
Function accHitTest (xLeft As Integer, yTop As Integer) As Object Implements IAccessible.accHitTest

パラメーター

xLeft
Int32

水平方向の座標。The horizontal coordinate.

yTop
Int32

垂直方向の座標。The vertical coordinate.

戻り値

xLeft および yTop で指定された位置にあるユーザー補助オブジェクト。The accessible object at the point specified by xLeft and yTop.

実装

注釈

次の表は、@no__t 0 メソッドが返すことができるオブジェクトの種類を示しています。The following table describes the object types that the IAccessible.accHitTest method can return.

Type 説明Description
IAccessible 指定した方向のアクセス可能なオブジェクト。The accessible object at the specified direction.
整数integer 指定されたポイントが現在のオブジェクトまたはオブジェクトの境界の外側にある場合は0。それ以外の場合は、指定した方向にユーザー補助オブジェクトを識別する子 ID。0 if the point specified is either the current object or outside the object's boundaries; otherwise, the child ID that identifies the accessible object at the specified direction.

このメンバーは、明示的なインターフェイス メンバーの実装です。This member is an explicit interface member implementation. これは、AccessibleObject のインスタンスが IAccessible インターフェイスにキャストされる場合のみ、使用できます。It can be used only when the AccessibleObject instance is cast to an IAccessible interface.

適用対象