AccessibleObject.IAccessible.accSelect(Int32, Object) AccessibleObject.IAccessible.accSelect(Int32, Object) AccessibleObject.IAccessible.accSelect(Int32, Object) Method

定義

ユーザー補助オブジェクトの選択項目の修正またはキーボード フォーカスの移動を行います。Modifies the selection or moves the keyboard focus of the accessible object. このメンバーの詳細については、「accSelect(Int32, Object)」をご覧ください。For a description of this member, see accSelect(Int32, Object).

 virtual void Accessibility.IAccessible.accSelect(int flagsSelect, System::Object ^ childID) = Accessibility::IAccessible::accSelect;
void IAccessible.accSelect (int flagsSelect, object childID);
Sub accSelect (flagsSelect As Integer, childID As Object) Implements IAccessible.accSelect

パラメーター

flagsSelect
Int32 Int32 Int32

AccessibleSelection 値のビットごとの組み合わせ。A bitwise combination of the AccessibleSelection values.

childID
Object Object Object

選択内容を変更するアクセス可能なオブジェクトの ID 番号。The ID number of the accessible object on which to change the selection. このパラメーターは、オブジェクトを選択する場合は 0、オブジェクトの子オブジェクトのうち 1 つを選択する場合は子 ID に設定します。This parameter is 0 to select the object, or a child ID to select one of the object's child objects.

実装

注釈

次に、Select を呼び出して複雑な選択操作を実行するときに指定する @no__t 0 の値について説明します。The following describes which AccessibleSelection values to specify when calling Select to perform complex selection operations.

操作Operation フラグの組み合わせFlag Combination
クリックをシミュレートするにはTo simulate a click TakeFocus または TakeSelectionTakeFocus OR TakeSelection
CTRL キーを押しながらクリックしてターゲット項目を選択するにはTo select a target item by simulating CTRL+click TakeFocus または AddSelectionTakeFocus OR AddSelection
CTRL キーを押しながらクリックしてターゲット項目の選択を解除するにはTo cancel selection of a target item by simulating CTRL+click TakeFocus または RemoveSelectionTakeFocus OR RemoveSelection
SHIFT + click をシミュレートするにはTo simulate SHIFT+click TakeFocus または ExtendSelectionTakeFocus OR ExtendSelection
オブジェクトの範囲を選択し、最後のオブジェクトにフォーカスを設定するにはTo select a range of objects and put focus on the last object 選択アンカーを設定するには、開始オブジェクトに TakeFocus を指定します。Specify TakeFocus on the starting object to set the selection anchor. 次に、Select をもう一度呼び出し、最後のオブジェクトに TakeFocus または ExtendSelection を指定します。Then call Select again and specify TakeFocus OR ExtendSelection on the last object.
すべてのオブジェクトの選択を解除するにはTo deselect all objects 任意のオブジェクトに TakeSelection を指定します。Specify TakeSelection on any object. このフラグは、選択したオブジェクトを除く、選択したすべてのオブジェクトの選択を解除します。This flag deselects all selected objects except the one just selected. 次に、Select を再び呼び出し、同じオブジェクトに RemoveSelection を指定します。Then call Select again and specify RemoveSelection on the same object.

このメンバーは、明示的なインターフェイス メンバーの実装です。This member is an explicit interface member implementation. これは、AccessibleObject のインスタンスが IAccessible インターフェイスにキャストされる場合のみ、使用できます。It can be used only when the AccessibleObject instance is cast to an IAccessible interface.

適用対象